●名 称/国 縫 漁 港
●所在地/長 万 部 町
●発注者/函館土木現業所
●建設年/1984年~1994年
土木遺産の概要
噴火湾は我が国でも有数の漁場であり、奥西部の水産業の
振興を図るため、新しい漁業基地となる漁港の整備が必要
とされていた。国縫漁港の整備にあたり、この地域が砂浜
海岸であり、漂砂や海浜の変形に充分配慮することと、生
態系を守ることが求められていた。こうした課題を克服す
るため、我が国で最初の島式漁港が計画された。国縫漁港
は昭和57年10月、第一種漁港として新規指定され、昭和59
年度に着工、平成6年3月に完成した。この島式漁港は、我
が国の水産業が抱える課題である沿岸漁業の振興と海岸保
全による環境保護の両立を図る新しい方式として全国の注
目を集めている。また、漁港の漂砂対策の有効な解決策と
して、多くのデータを提供し続けるものとなっている。
ダウンロード

国縫漁港