志願書を書く,その前に
高橋 優(基礎教育センター)
http://www.sit.ac.jp/user/masaru/
第1回教採対策講座資
料(高橋)
1
2007/10/6
志願書はあなどれない
• 性格・熱意・知識… いろいろわかる
やる気があ
る
業界研究
やってる
統率力あり
勉強してない
粗忽者
人の話を
きかぬ
第1回教採対策講座資料(高橋)
2
2007/10/6
今日の内容
• クラブ活動・動機の欄をどう書くか
– どんな志願書が門前払いとなるか
– 何を書くかを判断するためのヒント
第1回教採対策講座資料(高橋)
3
2007/10/6
鉄則0:採用担当者を想像せよ
• 採用担当者は何を求めているか?
– 十分な知識・処理能力があるか
– 教員にふさわしい人格・教養を備えているか
– 自分の仲間にできる人物か
• 採用担当者はどんな状況にあるか?
– 掃いて捨てるほどの応募者(高校は)
– 採用の責任(不適格教員を採りたくない)
第1回教採対策講座資料(高橋)
4
2007/10/6
鉄則その1:要項を読む
• 一語一語じっくり読む
• 記入方法などをよく確認する
• 要求を満たすことができるか
• 相手の意図を汲むことができるか
• 採用担当者の意図を読み取れるか?
第1回教採対策講座資料(高橋)
5
2007/10/6
要項からの逸脱
• 筆記用具
– 鉛筆は論外,水性ペンも不可
– 今回の願書では「手書き」指定→ワープロ不可
• 未記入の欄はないか
– ○印の記入忘れはないか(選考区分など)
• 受験「教科」に加え,「科目」も書いているか
第1回教採対策講座資料(高橋)
6
2007/10/6
要求を満たしていない:不適切な書式
•
•
•
•
クラブ活動:「部」などの表記区分
活動状況等
記入事項なし →「なし」と書く
暗黙の要求
– 設定された枠の9割以上を埋める
– 和暦・西暦の使い分け
注意力不足,常識不足,分析能力の欠如,対
人能力欠如,反抗的姿勢⇒門前払い
第1回教採対策講座資料(高橋)
7
2007/10/6
不適切な書式(1):例を挙げて
• これでは門前払い
縦に区切って記入
活動期間は
3年間?
1年間?
学校公認?
第1回教採対策講座資料(高橋)
8
2007/10/6
不適切な書式(2)
部は?
学校公認?
必要事項がない
成果あいまい
第1回教採対策講座資料(高橋)
9
2007/10/6
不適切な書式(3)
表記バラバラ
(「3」と「三」)
第1回教採対策講座資料(高橋)
10
2007/10/6
暗黙の要求:説明の分量
• 枠の大きさ:採用担当者が求める説明の分量
• 空欄:論外
第1回教採対策講座資料(高橋)
11
2007/10/6
鉄則2:注意深く書く
•
•
•
•
文は人をあらわす
パーソナリティ
作業能力
知識・常識
• 手書きの文字はなおさら
⇒そもそも文字を書くのは仕事に必要なスキル
第1回教採対策講座資料(高橋)
12
2007/10/6
文字:一種の作業検査
• 適切な大きさで,大きさに変化がない
– 周辺への配慮,気分のむらが小さい,安定感
• 丁寧に書いているか(上手・下手ではなく)
– 丁寧さ,粘り強さ
• 行は波打っていないか
• 行間隔は一定か
第1回教採対策講座資料(高橋)
13
2007/10/6
適切な文字の大きさ・行間隔で書く
• 自ずから,適切なサイズ・間隔がある
これは大きすぎ
第1回教採対策講座資料(高橋)
14
2007/10/6
まっすぐ書こう
• これじゃ美瑛の畑です
第1回教採対策講座資料(高橋)
15
2007/10/6
きれいな字を書くために
•
•
•
•
•
心をこめて書く (こめなくてもよいから丁寧に)
コピーを使って下書きする
あらかじめ鉛筆で罫線を引いておく
線の傾きを変えない
線の間の間隔を均等にする
第1回教採対策講座資料(高橋)
16
2007/10/6
漢字
• 誤字・脱字
– 送り仮名の間違いも
• 難「か」しい話「し」に耳を傾「む」ける
• 漢字にするか,仮名にするか
• 接続詞などはかなで書くことが多い
第1回教採対策講座資料(高橋)
17
2007/10/6
抜き打ち漢字テスト
•
•
•
•
•
•
•
せいせき
せいと
こうぎ
ほしゅう
せいちょうかてい
さくねんど
(おしまい)
第1回教採対策講座資料(高橋)
18
2007/10/6
抜き打ち漢字テスト:正解
•
•
•
•
•
•
せいせき → 成績(×「禾」,○「糸」)
せいと → 生徒(×「従」)
こうぎ →講義(×「議」)
ほしゅう→ 補習(「ネ・示」ではなく「衣」)
せいちょうかてい → 成長過程(×「課程」)
さくねんど→「昨」年度
• 教育関係の言葉は間違わぬように!
• 辞書を横に置いて書類を書く(PC不可)
第1回教採対策講座資料(高橋)
19
2007/10/6
間違いが多いと…
• そそっかしい/下調べをしない/仕事が雑/
誠意・熱意がない
第1回教採対策講座資料(高橋)
20
2007/10/6
文
• 文法的におかしい
– 主部と述部が対応しない
– 不自然な表現(e.g. 対応していない対句表現)
•
•
•
•
•
体言止めは不可(文として完成させる)
句読点をきちんと打つ
常体(である調)と敬体(ですます調)の混在
不適切な接続詞の使用(いきなり「なので」「かつ」)
くだけた表現
• 長い文章はたいてい文法が破綻している
第1回教採対策講座資料(高橋)
21
2007/10/6
主部と述部の対応
• 修飾部を削除すると,対応していないのが分
かる
第1回教採対策講座資料(高橋)
22
2007/10/6
適切な文体を用いる
• くだけた表現:TPOをわきまえない
「すごく?」
「正直?」
第1回教採対策講座資料(高橋)
23
2007/10/6
段落
• 段落の冒頭は字下げする
• 1つの段落には1つの主張(トピック・センテン
ス; TS)
– 段落は1つの TS と複数のサポーティング・センテ
ンス(説明,例示,言い換え)より構成される
– ゆえに,1文1段落/全体で1段落は例外的表現
第1回教採対策講座資料(高橋)
24
2007/10/6
次回に向けて
• 部活動…… 何を書くべきか?
• 志望動機
• 採用担当者の気持ちになって考えてみよう
第1回教採対策講座資料(高橋)
25
2007/10/6
部活動
• 活動期間:何を,どう書くべきか?
• 活動状況:書くことは本当にないか?
• 指導できる部:なぜ聞いているのか?
そこが聞きたいのか?
第1回教採対策講座資料(高橋)
26
2007/10/6
「本県」教員志願の理由:例を挙げて
• なぜわざわざ「本県」と書いているのか
• 地縁:採用担当者にとって重要なことか
• 「公立」学校教員,「この1年間」の取り組みも
同様
第1回教採対策講座資料(高橋)
27
2007/10/6
「本県」教員志願の理由:例を挙げて
• これらはどこの県の願書?
– 「できれば自分の生まれ育った県で教えていきた
い」
– 「ボランティア活動として本件で活動した…現在の
貴県で自分もお手伝いさせていただきたいと思い
…」
第1回教採対策講座資料(高橋)
28
2007/10/6
「公立」学校教員,取り組み
• 採用者はどんな情報を欲しているのか?
「公立」志望に対応していない
• 公立学校教員を目指しこの1年間,教員採用
試験問題を解いてみたり,対策講座などにも
参加しました.また,母校の高校の先生方に
教員になるためのアドバイスを聞きに行った
りもしました.
それは
受験対策.
教員の資質向上
とは違う.
Good
第1回教採対策講座資料(高橋)
29
2007/10/6
まとめ
• 採用担当者をイメージする.どんな人物を選
びたいと考えているかを想像する.
• 要項を熟読し,何を問われているのかを考え
る.
• 注意深く書く.辞書を片手に下書きしてから
丁寧に清書する.
第1回教採対策講座資料(高橋)
30
2007/10/6
ダウンロード

志願書をどう書くか