小
倉
百
人
一
首
持
統
天
皇
春
過
ぎ
て
夏
来
に
衣け
ほら
すし
て白
ふ妙
天の
の
香
具
山
天
智
天
皇
秋
の
田
の
か
り
わほ
がの
衣庵
手の
は
苫
露を
にあ
ぬら
れみ
つ
つ
田
子
の
浦
に
富
士う
のち
高出
嶺で
にて
見
雪れ
はば
降
山
白
り
部
妙
赤つ
人つ の
奥
山
に
猿
丸
太
夫
紅
葉
声ふ
きみ
くわ
時け
ぞ
鳴
秋く
は鹿
かの
な
し
き
難
波
潟
伊
勢
逢み
はじ
でか
こき
の蘆
世の
を
ふ
過し
ぐの
し間
ても
よ
と
や
み
ち
の
く
の
に乱
し
れの
そぶ
めも
にぢ
しず
り
わ
れ誰
なゆ
らえ
源 なに
融く
山
川
に
こ
れ
や
こ
の
蝉
丸
行
知く
るも
も帰
知る
らも
ぬ
も別
れ
逢て
坂は
の
関
春
道
列
樹
風
流の
れか
もけ
あた
へる
ぬし
が
紅ら
葉み
なは
り
け
り
小
倉
山
藤
原
忠
平
峰
今の
ひも
とみ
たぢ
び葉
の
心
みあ
ゆら
きば
待
た
な
む
花
の
色
は
小
野
小
町
わ
がう
身つ
世り
にに
ふけ
るり
な
な
がい
めた
せづ
しら
まに
に
こ
の
た
び
は
菅
原
道
真
幣
も
紅と
葉り
のあ
錦へ
ず
神
の手
ま向
に山
ま
に
わ
び
ぬ
れ
みば
を
つ今
くは
した
て同
もじ
元
良
親
王
逢難
は波
むな
とる
ぞ
思
ふ
久
方
の
紀
友
則
光
の
しど
づけ
心き
な
く春
の
花日
のに
散
る
ら
む
人
は
い
さ
紀
貫
之
心
も
花知
ぞら
昔ず
の
ふ
香る
にさ
匂と
ひは
け
る
夜
を
こ
め
て
世鳥
にの
逢空
坂音
のは
清
少
納
言
関は
はか
ゆる
ると
さも
じ
し
の
ぶ
れ
ど
平
兼
盛
も色
のに
や出
思で
ふに
とけ
り
人
のわ
問が
ふ恋
まは
で
白
露
に
誰
を
か
も
藤
原
興
風
知
る
人
松に
もせ
昔む
の
高
友砂
なの
ら
な
く
に
文
屋
朝
康
風
つの
ら吹
ぬき
きし
とく
め
ぬ秋
の
玉野
ぞは
散
り
け
る
な
げ
き
と
て
西
行
法
師
月
や
は
かも
この
ちを
顔
な思
るは
す
わる
が
涙
か
な
恨
み
わ
び
相
模
ほ
さ
恋ぬ
に袖
朽だ
ちに
な
むあ
る
名も
この
そを
惜
し
け
れ
め
ぐ
り
あ
ひ
て
契
り
お
き
し
見
雲し
がや
くそ
れれ
にと
しも
紫
式
部
夜わ
半か
のぬ
月間
かに
な
藤
原
基
俊
さ
せ
あも
はが
れ露
今を
年
の命
に
秋て
も
い
ぬ
め
り
心
に
も
三
条
院
あ
ら
恋で
しう
かき
る世
べに
き
な
夜が
半ら
のへ
月ば
か
な
藤
原
雅
経
み
吉
野
の
風
を
い
た
み
恋
す
て
ふ
山
の
ふ秋
る風
さ
と小
寒夜
く更
け
衣て
う
つ
な
り
く
だ岩
けう
てつ
も波
のの
を
お
思の
ふれ
この
ろみ
か
な
わ
人が
知名
れは
ずま
こだ
そき
源
重
之
壬
生
忠
見
思立
ひち
そに
めけ
しり
か
淡
路
島
源
兼
昌
か
よ
ふ
幾千
夜鳥
寝の
ざ
め鳴
ぬく
声
須に
磨
の
関
守
も
も
し
き
や
八
重
む
ぐ
ら
人し
こげ
それ
見る
え宿
ねの
恵
慶
法
師
秋さ
はび
来し
にき
けに
り
順
徳
院
な古
ほき
あ軒
ま場
りの
あ
るし
の
昔ぶ
なに
りも
け
り
玉
の
緒
よ
絶
忍え
ぶな
るば
こ絶
とえ
のね
式
子
内
親
王
弱な
りが
もら
ぞへ
すば
る
今
あひ
ふと
こた
とび
もの
が
な
和
泉
式
部
あ
こら
のざ
思世ら
ひのむ
出ほ
にか
の
大
江
山
ま
だ
ふ
み
も
み
ず
天
の
橋
立
い
く
野
の
道
の
と
ほ
け
れ
ば
よなとし歌たみ頃和
めどなてはにに 泉
る くけい詣と都式
たおんかでらに部
はぼやが来れ歌
ぶす せてて合保
れら使さ 侍侍昌
てんませ りりに
立 う給 けけ具
ち でふ るるし
をにて
け 来
丹
る ず丹
を や後 定小後
へ 頼式国
引 い人 卿部に
き かは
内侍
留 につ 局侍り
め 心か の歌け
て もは かよる
あ
ら
瀬は
々れ
のわ
網た
代る
木
藤
原
定
頼
朝
ぼ
宇ら
た治け
の
え
だ川
え霧
に
完
ダウンロード

スライドショーはこちら(かなり重いです)