第6章
損益計算書
ケース/ユニ・チャーム
阪急電鉄
この章のポイント:
①P/Lは利益発生原因を示す。
②取引事実の発生時点で計上。
③売上は戦略を示す。
1
1.なぜ損益計算書か(p。90~)
・B/Sだけでは、資本の増減要因がわからない。
・P/Lは、資本の増減要因(収益・費用)を示す。
B/S
資産=負債+資本+利益
資産=負債+資本+収益-費用
交換取引(資本、負債、資本のみ変化)
損益取引(収益・費用の増減
を伴う)
試算表等式:資産+費用=負債+資本+収益
2
2.収益・費用をいつ計上するか(p.92)
収益・費用のタイミング≠現金収支
1)例:消耗品
購入時は資産、使った分は費用(消耗品費)
2)なぜ、発生主義・実現主義なのか
① 信用取引の増大 売上=売掛金→現金収入
② 固定資産の増大 現金支出=機械→減価償却費
③ 適正な期間損益計算の要請
費用・収益は取引事実の発生時に
計上すべし、とルール変更
3
3.分類・表示の方法
対応(Matching)の4パターン:
1)実質対応:営業収益vs.営業費用
2)個別対応:売上vs.売上原価
3)期間対応:売上vs.販売管理費
4)形式対応:営業外収益vs.営業外費用
4
4.売上=成長戦略
売上が伸びるロジック(=勝利の方程式)、
それが大事!
既存市場
既
存
製
品
新
製
品
新規市場
ユニ・
チャーム
阪急電鉄
5
研究:売上総利益は?
B君:5000-6000=▲1000
C子:▲1000+500=▲500
D君:5000-3000+500=2500
E子:2000+1000=3000
F君:5000-3000=2000
正しいの
はどれ?
6
ダウンロード

3.イノベーションの機会