研修③支援の依頼を体験しよう!
「周りの人に協力を依頼してみよう!
(ロールプレイ)」
1
研修の流れ
①ロールプレイの場面について説明
②この場面でどうしたらいいか?グループで話
し合う。ロールプレイに出る人を決める(5分)
③ロールプレイをやってみる(各グループ5分)
④モデルの提示(5分)
⑤問題点・改善方法の検討(10分)
⑥まとめ
2
ロールプレイの場面
①山田さん(聴覚障害あり)は建築関係の
準大手企業札幌支店に就職。1ヶ月間の
新人研修を終えて、福利厚生(※)を担当す
る部門に配属された。
②今日は配属後初めての定例会議に参
加。定例会は毎回30分程度で行っている。
(※)福利厚生とは、従業員とその家族の幸福に寄与し、生活を充
実させるために設ける制度のこと。
3
ロールプレイの場面
③山田さんに聴覚障害があることは伝
わっており、この1週間の業務も筆談と口
話で対応している。
④山田さんは、係長に「会議の進め方に
ついて、皆さんにお願いしたいことがある」
と事前に伝えてあり、5分時間をもらってい
る。
⑤議題に関する資料は配布されていて、
山田さん以外はすでに席に着いている。
4
ロールプレイの場面
⑥会議に出席するメンバーは以下の通り。
•社員A 係長。今回の会議では1番偉い人。
•社員B 主任。入社8年目の中堅社員。今回の会議で1
番話をする人。まとめ役。
•社員C 入社5年目の先輩。入社した時から福利厚生を
担当しているベテラン。全盲。
•社員D 入社3年目。新人の教育担当をしている。
•社員E 入社2年目。今回は議事録作成を担当。
5
皆さんに伝えて欲しいこと
・会議でどのような配慮をして欲しいの
か?
・その配慮は具体的にどんなこと?
・自分が会議に参加するために一番良
い環境は?
6
作戦タイム!(5分間)
新人の山田さん役でロールプレイに
出る担当者も決めて下さい。
7
モデルを見てみましょう
・実際に企業で働いている方はどんな
対応をするのか、見てみましょう。
・自分たちが気付かなかった点、今後
に生かしたい点を見つけましょう。
8
ポイント
• あなたがどんな配慮を望んでいるのか、周り
の方に伝わったと思いますか?
• 依頼をされた人たちは、その依頼をどのよう
に受け止めたでしょう?
9
まとめ
• 会社の同僚は支援者ではありません。同じ仕
事をするために、自分に必要な情報は積極的
に取りに行くようにしましょう。
• 「配慮して欲しい」と言われても、具体的にどう
したらいいのかが分からないのです。
• 自分に必要なサポートを”具体的に”伝える練
習を、在学中に重ねてみて下さい。
10
• 本スライドは、以下の研修会のために講師が作成した教材を元
に、一部修正の上使用したものです。
• 本教材の著作権はPEPNet-Japanに帰属しています。
日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク(PEPNet-Japan)
「平成25年度 聴覚障害学生エンパワメント研修会」
研修③支援の依頼を体験しよう!
「周囲の人に協力を依頼してみよう!
(ロールプレイ)」
講師:磯田恭子(筑波技術大学)
協力:井上寿枝(札幌学院大学)、竹下欣吾(北海道大学)
11
山本恵理(株式会社アイワード[印刷会社])
ダウンロード

研修④就職に備える 「職場での困難(ロールプレイ)」