軟弱な地盤では、地盤が徐々に沈下し、その上の建物が地盤に追
随して傾き外壁にヒビや亀裂が生じたり、ドアの開閉がスムーズでな
くなったり、雨漏りが発生したりなど、いろいろな障害が現れます。この
様な現象を不同沈下といいます。
実際、住宅に関するトラブルの7割近くが地盤に関係していると言
われ、不同沈下が原因と見られる深刻な被害報告は跡を絶ちません。
※不同沈下とは建物が不揃いに沈下を起こすことを言います。
家全体が均等に沈下するのではなく、一方向に斜めに傾くような状
態のことです。
●基礎のコンクリートやモルタルに亀裂がはいる。
● 境界のブロック塀や擁壁(ようへき)に亀裂がはいる。
● 外壁や内壁に亀裂がはいる。
● 建物周辺の土間コンクリートに亀裂が生じる。
● 室内のクロスに裂け目やよじれが生じる。
● 歩くと床鳴りがしたり、夜中に建物のきしむ音がする。
● 建具やサッシの開閉がスムーズにできない。
● 窓のカギがかからない
● 床が一方向に傾斜して、ゴルフボールが転がる。
● 排水が流れず汚水があふれる。
● 雨漏りがする。
● 小さな地震でも大きく揺れる。
造成地の多くは盛り土をしています。自重で締め固まった
状態になるには数年掛かります。また、盛り土は転圧と
いって人為的に締め固めをしますが、それが不充分な場
合、建物が不同沈下して傾いてしまいます。
ひな段造成などで切り土と盛り土が混在しているような場
所や、昔水路などがあった場所などは盛り土が不均等に沈
下しやすくなります。さらに転圧不足の場合は、不同沈下
の危険率が大きくなります。
コンクリートの擁壁は、工事の時点で内部を掘り後で埋め
戻されています。その為、図のように地盤に固い場所と柔
らかい場所があり、両方にまたがって家を建てると不同沈
下が発生しやすくなります。
コンクリートの擁壁の下部分が軟弱地盤だと、擁壁そ
のものが重さを支えられず、傾いたり沈んだりして不同
沈下が発生しやすくなります。
軟弱な地盤上に自重の不均等な建物(部分2階建てな
ど)を建てると自重の大きい側の沈下量が大きくなるた
め、不同沈下が発生しやすくなります。
・地盤調査
・地盤補強工事
・調査フロー
・工事フロー
御施主様
御施主様
地盤調査依頼を保険法人取次店
へ申し込みます。
工務店様
保険法人取次店
➠
(保険法人へ地盤調査を申込み)
(地盤調査ご発注)
地盤調査実施
調査報告書作成
・結果考察
・地盤解析
・地盤補強提案
工務店様
保険法人取次店
工務店様へ
地盤調査報告書提出
・ 地盤調査は、原則としてJISに定めるスウェーデン式サウン
ディング試験とする。
・ この試験により有効な調査・判断ができない場合は、
発注者様と協議の上標準貫入試験を実施し、地盤状
況を把握する。
➠
(保険法人の地盤保証を申込み)
(地盤補強工事ご発注)
地盤補強工事
実施
住宅相談センターグ
ループが住宅関連
サービスのお手伝いを
致します!
地盤補強工事の依頼を保険法人取次店
へ申し込みます。
工事報告書作成
・写真管理
・品質管理
住宅相談センターグルー
プの地盤会社は、住宅地
盤品質協会の会員であり、
地盤品質確保のために
日々研鑽を重ね、地盤事
故の根絶を目指していま
す
工務店様へ
補強工事報告書提出
・地盤調査の考察、解析に基づき地盤補強工事を実施。
・主に地盤補強工法は以下の3種類。
①表層改良工
②湿式柱状改良工
③鋼管杭工
の3種類。
ダウンロード

地盤調査および地盤補強工事