市営住宅における自治会活動等に関する調査結果について
Ⅰ 調査の概要
1.調査の目的
京都市では,大切なご近所の「つながり」をはじめ,人と人とのつながりを強め,地域
コミュニティを活性化させていくため,
「京都市地域コミュニティ活性化推進条例」に基づ
き,平成24年5月に「京都市地域コミュ二ティ活性化推進計画」を策定しました。
これを機に,本調査では,住民組織である自治会の活動及び運営の現状と課題,今後の
活動についてどのように考えておられるのかを伺い,今後の自治会を中心とした地域のま
ちづくり活動が一層活発になるため,また,どのような取り組みを進めるべきかを検討す
るにあたり,自治会の活動の現状と課題,今後の活動などについて自治会の協力を得てア
ンケート調査を行ったものである。
2.調査の内容
(1)調査時期
平成24年8月14日~31日
(2)調査対象
京都市市営住宅(公営住宅)内の自治会(代表者)
(3)調査方法
郵送による調査票の配布および回収
(4)調査項目
問1 自治会の活動内容
回答A (現在の活動内容)
回答B (今後,充実させようと思う活動内容)
問2 自治会活動で,現在,困っておられること
問3 自治会活動を支えるための要望
問4 周辺地域との連携(周辺地域の方と一緒に集会所を利用しているか)
問5 空き家住戸及び集会所の活用
問6 自治会費に関する支援
問7 自治会組織について
問8 自慢の活動や恒例行事の紹介
3.回収結果
発送件数
76件
回収数
50件
回収率
66%
回答あり
66%
回答なし
34%
回答あり
回答なし
[結果考察]
○市営住宅(公営)で確認されている自治会が76件あり,当該の自治会長全員に今回の
アンケートを実施した結果,50件の回答があり回収率が66%で,回答が得られなかっ
たのが26件34%という結果となった。
Ⅱ 自治会の回答概要
本調査における自治会の活動の基本的な事項は、次のとおりとなっている。
問1 自治会の活動内容
(1)回答A(現在の活動内容)
①地域の清掃等の環境美化活動
②不正駐車対策等の交通安全推進活動
③子どもの見守り・子育て・教育・学習
④高齢者・障害者への支援等の福祉活動
⑤夜回りや災害の予防等の防犯・防災活動
⑥夏祭りや地蔵盆等の伝統芸能の維持・保存
⑦文化芸術・スポーツ振興
⑧他団体交流
⑨その他(
)
50
40
30
20
回答A
10
0
回答A
①
44
②
25
③
17
④
23
⑤
30
⑥
35
⑦
11
⑧
16
⑨
21
[結果考察]
○自治会における現在の活動内容として,最も多かったのが「①地域の清掃等の環境美化
活動」44件で,「⑥夏祭りや地蔵盆等の伝統芸能の維持・保存」35件,「⑤夜回りや
災害の予防等の防犯・防災活動」30件の順に取り組まれている状況が伺え,高齢化が進
むなか「⑦文化芸術・スポーツ振興」11件の取り組みが最下位と低くなっている。
(2)回答B(今後,充実させようと思う活動内容)
①地域の清掃等の環境美化活動
②不正駐車対策等の交通安全推進活動
③子どもの見守り・子育て・教育・学習
④高齢者・障害者への支援等の福祉活動
⑤夜回りや災害の予防等の防犯・防災活動
⑥夏祭りや地蔵盆等の伝統芸能の維持・保存
⑦文化芸術・スポーツ振興
⑧他団体交流
⑨その他(
)
25
20
15
10
回答B
5
0
回答B
①
6
②
6
③
14
④
24
⑤
8
⑥
4
⑦
10
⑧
4
⑨
4
[結果考察]
○自治会における今後新しく取り組みをしたい活動内容として,最も多かったのが「④
高齢者・障害者への支援等の福祉活動」24件で,高齢化が進むなかで関心が高くなっ
ているのが伺える。続いて「③子どもの見守り・子育て・教育・学習」14件,「⑦文
化芸術・スポーツ振興」10件の順で,現在,回答Aで一番取り組めていない「⑦文化
芸術・スポーツ振興」を反映している状況が伺える。
問2 自治会活動で,現在,困っておられること
①
自治会に加入しない人がいる。
②
自治会役員の担い手が見つからない。
③
自治会費の滞納者がいる。
④
総会,会計管理など自治会運営の方法に悩んでいる。
⑤
新旧住民の交流が難しい
⑥
自治会活動やイベントに人が集まらない。
⑦
活動の参加者が少ない
⑧
活動内容がマンネリ化している
⑨
活動の指導者がいない
⑩
活動経験が不足している
⑪
活動のための情報が不足している
⑫
予算が不足している
⑬
他の地域との連携が弱い
⑭
その他(
)
(回答順位1)
25
20
15
10
回答件数
5
0
回答件数
①
6
②
21
③
6
④
1
⑥
1
⑦
7
⑨
2
⑪
1
⑬
1
*順位1位を選択した番号の件数(番号が無いのは,回答0です。)
[結果考察]
○自治会活動で,現在,困っている状況として,最も多かったのが「②自治会役員の担
い手が見つからない。」21件となっている。続いて「⑦活動の参加者が少ない」7件、
「①自治会に加入しない人がいる」6件となり,全体的に住民自治への関心が薄れてい
ることが伺える。
(合計点数)
140
130
120
110
100
90
80
70
60
50
40
30
20
10
0
合計点数
① ② ③ ④ ⑤ ⑥ ⑦ ⑧ ⑨ ⑩ ⑪ ⑫ ⑬ ⑭
合計点数 47 134 57 9 54 62 98 43 33 21 18 4 11 12
*順位1位を5点,順位2位を4点…順位5位を1点として合計点数を計算
[結果考察]
○回答順位別にポイント制で全体を評価しても,順位第1と同様に「②自治会役員の担い
手が見つからない。」
,
「⑦活動の参加者が少ない」,「①自治会に加入しない人がいる」な
どの順位結果となり,全体的に住民自治への関心が薄れていることが伺える。
問3 自治会活動を支えるための要望
① コミュニティ活性化に関する専門家やアドバイザーの派遣
② 子育て世代の入居促進
③ 自治会運営に関する他の団地での取組事例の紹介
④
空き住戸などを活用し,コミュニティの支援や活性化につなげること
⑤
その他(
)
(1位回答)
20
15
10
1位
5
0
1位
①
7
②
17
③
4
④
2
⑤
3
[結果考察]
○自治会活動を支えるための第1位の要望として,「②子育て世代の入居促進」17
件が挙げられているが,市営住宅入居者の高齢化が進んでいる状況に対する要望であ
ると考えられる。続いて,「①コミュニティ活性化に関する専門家やアドバイザーの
派遣」7件は,本市が掲げる「地域コミュニティ活性化プラン」への関心が高いのが
伺える。
(2位回答)
20
15
10
2位
5
0
2位
①
1
②
4
③
8
④
8
⑤
1
[結果考察]
○自治会活動を支えるための第2位の要望として,「③自治会運営に関する他の団地
での取組事例の紹介」8件,「④空き住戸などを活用し,コミュニティの支援や活性
化につなげること」8件が同順位で最も多く挙げられ,これは,地域コミュニティの
活性化により自治会活動の再生を望んでいることが伺える。
問4 周辺地域との連携(周辺地域の方と一緒に集会所を利用しているか)
① 利用している。
② 利用していない。
利用実態, ①利用
している
自治会回答数
①利用している
②利用していない
利用実態, ②利用
していない
① 利用している
② 利用していない
26
24
[結果考察]
○周辺地域にお住まいの方と一緒に,集会所を利用しているのが26件で52%,利用し
ていないのが24件で48%となった。若干ではあるが,市営住宅の集会所を周辺地域の
住民と一緒にコミュニティ活動としての利用が上回っていることが伺える。
問5 空き家住戸及び集会所の活用
① 子育て相談,子育て支援サークル等での活用
② 高齢者・障害者等への見守り支援等の活動
③ 入居者の寄り合い,交流スペース
④ 地域活動を支援するNPO等の事務所(オフィス)
⑤ その他(
)
20
15
10
1位
5
0
1位
①
5
②
19
③
12
④
⑤
2
[結果考察]
○空き家住戸及び集会所の活用としての第1希望は,「②高齢者・障害者等への見守り支
援等の活動」19件,「③入居者の寄り合い,交流スペース」12件と多く,高齢化が進
む中での希望が伺える。
20
15
10
2位
5
0
2位
①
1
②
10
③
13
④
4
⑤
1
[結果考察]
○空き家住戸及び集会所の活用としての第2希望は,「③入居者の寄り合い,交流スペー
ス」13件,「②高齢者・障害者等への見守り支援等の活動」10件で,第1希望よりは
若干分散したものの,内容的には第1希望と同様に高齢化が進む中での希望が伺える。
問6 自治会費に関する支援
①
自治会費等を削減するための対策等のアドバイス。
②
自治会費等の徴収方法や管理方法についてのアドバイス。
③ 自治会費等滞納者に対する法的措置についてのアドバイス,専門家の紹介,滞納者への
督促費用の援助。
④ 空き家がある場合は,一住戸あたりの高熱水費の負担が大きくなるので,その分の援助。
⑤
その他(
)
15
10
1位
5
0
①
5
1位
②
3
③
12
④
11
⑤
3
[結果考察]
○自治会費に関する支援としての第1位の要望は,「③自治会費等滞納者に対する法的措
置についてのアドバイス,専門家の紹介,滞納者への督促費用の援助」12件,「④空き
家がある場合は,一住戸あたりの高熱水費の負担が大きくなるので,その分の援助」11
件が最も多く,自治会費,共益費の徴収トラブルや,空き家にともなう共益費の負担割合
増についての負担が大きな問題となっていることが伺える。
12
7
2位
2
-3
2位
①
0
②
5
③
5
④
6
⑤
0
[結果考察]
○自治会費に関する支援としての第2位の要望は,「④空き家がある場合は,一住戸あた
りの高熱水費の負担が大きくなるので,その分の援助」6件,「②自治会費等の徴収方法
や管理方法についてのアドバイス」5件,「③自治会費等滞納者に対する法的措置につい
てのアドバイス,専門家の紹介,滞納者への督促費用の援助」5件となっており,第1希
望と同様に,自治会費,共益費の徴収トラブルや,空き家にともなう共益費の負担割合増
についての負担が大きな問題となっていることが伺える。
問7 自治会組織について
① 自治会加入世帯数
② 平成23年度自治会総会開催回数
③ 平成23年度自治会役員会開催回数
④ 自治会費等の徴収について,どのようにされていますか。
□
各棟で徴収のうえ自治会に渡している。
□
自治会役員が徴収している。
□
その他(
)
⑤ 自治会費等を現在いくら徴収していますか。共益費と一緒に徴収している場合は,
その内訳を記入してください。
世帯当たりの自治会費等(月額)
(
円)
うち,共益費(月額)
(
円)
*エレベーターの有無等で,棟別に違いがある場合には,把握されている範囲で記入
をお願いします。
(
棟~
円,うち共益費
棟 自治会費等
円)
①自治会世帯数
200未満
11%
250未満
11%
300未満
5%
150未満
14%
100未満
16%
70未満
11% 50未満
11%
30未満
50未満
70未満
100未満
150未満
200未満
250未満
300未満
300以上
300以上
14%
30未満
7%
世帯数
30未満
50未満
70未満
100未満
150未満
200未満
250未満
300未満
300以上
件数
3
5
5
7
6
5
5
2
6
[結果考察]
○自治会加入世帯数については,30世帯未満3件から300世帯以上6件まで,それぞ
れ団地の規模の違いが伺える。
②平成23年度自治会総会開催回数
25
回答
件数
20
15
10
5
0
1回
22
回答件数
2回
5
3回
2
4回
2
5~9回
1
10回以上
5
[結果考察]
○平成23年度自治会総会開催回数については,一般的に決算報告による開催が多く見受け
られるが,10回以上の開催については,毎月開催し報告会や役員会も兼ねて実施している
場合が伺える。
③平成23年度自治会役員会開催回数
25
回答件数
20
15
10
5
0
回答件数
1~4回
10
5~9回
5
10~14回
16
15~19回
1
20回以上
4
[結果考察]
○平成23年度自治会役員会開催回数については,10回~14回が16件と一番多く,
月1回の開催が多いと考えられる。続いて,1回~4回の10件は,四半期に1回開催
している状況が伺える。
1~4回
5~9回
10~14回
15~19回
20回以上
10
5
16
1
4
回答件数
④自治会費等の徴収について,どのようにされていますか。
30
回答件数
25
20
15
10
5
0
回答件数
各棟で徴収
27
自治会役員が徴収
11
その他
6
[結果考察]
○自治会費等の徴収については,各棟別に徴収しているのが27件と多く,自治会費及び
共益費を棟別に徴収管理していることが伺える。また,各棟別に共益費等が異なることが
考えられるためと,大きな団地では組み別,棟別に組織分けをしていることが伺える。
⑤自治会費等を現在いくら徴収していますか。
(自治会費等共益費を含む)
20
回答件数
15
10
5
0
回答件数
1000円未満
6
1500円未満
17
2000円未満
9
2500円未満
7
3000円未満
2
3000円以上
5
[結果考察]
○自治会費等の徴収額については,1500円未満16件が最も多く,2000円未満9
件,2500円未満7件と続いている。ただし,1000未満6件は,共益費を含んでい
るため自治会費そのものも少額であるはあるが,共益費においてもエレベーターがない棟
により,共益費も低いと考えられる。
(共益費)
回答件数
16
14
12
10
8
6
4
2
0
500円未 1000円 1500円 2000円 2500円 2500円
満
未満
未満
未満
未満
以上
4
15
4
7
2
2
回答件数
[結果考察]
○共益費の徴収額については,1000円未満15件が最も多く,続いて2000円未満
7件となっている。なお,EV等の設置状況により,住棟によっては電気使用量が大きく
変化するので,団地毎には見比べることは難しい。
問8 お住まいの団地の自治会で自慢の活動や恒例行事等を御紹介ください。
[結果考察]
○複数の自治会において夏祭りや運動会,敬老会や清掃活動などの行事に積極的に取り組
んでいるとの回答があった。また,語学教室や高齢者のふれあいサロン,健康すこやか学
級の開催など特色のある取り組みを進めている自治会も見られた。
ダウンロード

市営住宅における自治会活動等に関する調査結果について