資料0
平成20年度 第1回 JEPP-HARIMAU運営委員会
1.今年度計画
 概要 (山中)
 Manado WPR設置直前報告 (橋口)
2.各観測点現状、データ解析現状
 XDR/CDR現状 (森・櫻井)
 EAR/WPRs (橋口・柴垣・山本)
 BMG-CDR網7地点状況 (伍・森・濱田)
 BPPT Neonet状況 (森)
3.来年度(最終年度)予算見通し (山中)
 第2回連絡会・運営委(12月?)、合同成果発表会(3月下旬)
 次段階の展望(JICA連携見通し、ポストJEPP見通し)
4.総合討論
*18:00~ 懇親会
〔
(CPEA)
FORSGC
EAR
IORGC
JEPP-HARIMAU
XDR 製作
FY2005
2006
CPEA
ASEAN
諸国
〕
当初計画作成: 2005年8月
予算削減に伴う修正: 2007年3月
XDR 設置
WPR 開発・製作
IOMICS
トライトンブイ
MISMO
WPR-Pontianak
WPR-Biak
2007
CDR-Serpong
2008
2009
WPR-Manado
MAHASRI集中観測 (AMY=アジアモンスーン観測年)
海大陸センター?
Japan EOS Promotion Program (JEPP)
+ Indonesian Research/Technology Grant
Hydrometeorological Array for ISV-Monsoon Automonitoring
(HARIMAU)
Kototabang EAR,BLR,XDR
KU + LAPAN
Pontianak WPR
2008
MIA XDR
Manado WPR
Serpong CDR
Biak WPR
Mirai CDR
JAMSTEC
Aceh
Padang
Lampung
Pontianak
BMG CDRs
Surabaya
Manado
Biak
Palau XDR+WPR
JAMSTEC
衛星観測 (TRMM)
モデル計算 (MM5)
午前
「打ち水効果」による
対流雲の日変化
(Wu, Yamanaka and Matsumoto, 2008: JMSJ, in press)
午後
午後
日射加熱による陸上雲へ吹込む海風循環
深夜
夜間
降雨による冷却(「打ち水」効果)
早朝
早朝
海上雲へ吹込む陸風循環
(mm/年)
Precipitation (mm/year)
(m m /year)
3000
3,000
Canadian Arctic
Alaskan Arctic
Northwest Canada
Alaska
Central Canada
Northern Europe
Eastern Canada
Western U.S.
Central U.S.
Eastern U.S.
計算値:アンサンブル平均
Russian Arctic
Greenland
Europe
Western Siberia
2500
Eastern Siberia
Central Russia
East Asia
Mongolia
Central Asia
Tibetan Plateau
Northern China
Middle East
Northern Africa
Southern China
Sahara Desert
Arabian Peninsula
India
Indochina
Sahel
yrs 1990-1999
Mediterranean
Central America
インドネシア
観測値
2,500
全平均
2000
OBS
2,000
東アジア
1500
南極
1,500
Amazonia
Brazil
Argentine
Central Africa
Southern Africa
South Africa
Indonesia
極域カナダ
Northern Australia
Central Australia
1000
1,000
Eastern Australia
Southern Australia
500
500
雨量の海岸線長さ依存性 ⇒
領域雨量(mm/年)
=2000(mm/年*百km)
×[海岸線(百km)/陸面積(万平方km)
↓
陸面積(万平方km)×領域雨量(mm/年)
=2000(mm/年*百km)×海岸線(百km)
(2000 mm/年≒5.5 mm/日)
赤道インド洋~太平洋の雨は
日変化の雲の海岸線積分で決まる
( ∬陸域の雨 = ∫海岸での水蒸気収束 )
2500
2000
1500
中米
アマゾン
中央アフリカ
インドシナ
ブラジル
インド
サヘル
1000
南アフリカ
北豪
500
0
0.000
0.500
1.000
海岸線/陸面積 (/100 km)
1.500
Antarctica
Argentine
South Africa
海大陸
Southern Australia
Eastern Australia
Brazil
Central Australia
Amazonia
Southern Africa
Northern Australia
Indonesia
Central Africa
Central America
India
Sahel
Indochina
Sahara Desert
Arabian Peninsula
Middle East
Southern China
Northern China
Northern Africa
East Asia
Tibetan Plateau
Central U.S.
Eastern U.S.
Mediterranean
Central Asia
Western U.S.
Europe
Mongolia
Central Russia
Central Canada
Eastern Canada
Eastern Siberia
Alaska
Western Siberia
Northern Europe
Northwest Canada
Greenland
Alaskan Arctic
Global
Russian Arctic
3000
観測・計算領域平均雨量 (mm)
電中研グループによる地球シミュレータ上の
NCAR-CCSM3の600年(1870~2450)ランで
計算結果と観測結果の比較を行った43地域
(丸山他, 2000; Yoshida et al., 2005)
0
Canadian Arctic
0
Antarctica
ODA連携による科学的・社会的両面での地球規模課題(GEOSS)推進 <不採択>
地球観測システム構築推進プラン (JEPP=Japan EOS Promotion Program)
海大陸レーダーネットワーク構築(HARIMAU)
Hydrometeorological ARray for Isv-Monsoon AUtomonitoring
基本観測設備の構築
<科学技術振興>
「大気・海洋・地球システム
科学」の確立
●巨大雲集団による季節内
変動(ISV)の解明
●熱帯起源の気候変動(エ
ルニーニョなど)や、台風
発生・成長機構の解明
気象ドップラーレーダー
ウインドプロファイラー
(降雨と風の水平分布を連続測定)
(風の鉛直プロファイルを連続測定)
パダン観測所 ジャカルタ観測所 ポンティアナ観測所 マナド観測所
(19年度~)
(18年度~)
(20年度予定)
(18年度~)
●東西5千kmの観測空白
域補完による全球気候予
測の高精度化
ビアク観測所
(18年度~)
<社会的貢献>
「人類・地球共生」の
方法論の確立
●観測機器運用、情報伝
送・処理、防災・環境等の
キャパシティビルディング
●毎年百万人が被災する
洪水・旱魃・煙害など気候
災害の予測・対策立案
●常時数万人の在留邦人
の安全保護、活動促進
ジャカルタ(本部)
インドネシア「海大陸」
日本科学技術による地球規模課題解決
地球規模気候変動の心臓部
現地政府: 拠点敷地提供、元日本留学生多数
大臣より感謝状、科学・社会両面で強い要請
新規JICAマッチングファンド (科学技術による国際貢献の推進)
新規JST競争的資金 (日本発の先端的科学技術の推進)
海大陸若手研究者協働による地球規模気候変動予測
海大陸巨大雲集団による地球環境コントロール機構
●海大陸多点観測用の次世代型大気レーダーシステムの開発
●海大陸巨大雲集団の変質・再組織化メカニズムの解明
●海大陸の存在による大気・水・海洋大循環と地球環境力学
ODAならではの技術移転・現地貢献
日本研究者による
先端的研究指導
●海大陸版「理科年表」による、全地球観測における空白の補完
相乗効果
●海大陸版「領域モデル」による、水・汚染物質の地球拡散推定
●海大陸版「レーダーアメダス」による、現地住民・在留邦人防災
現地育成研究者
による研究成果
巨大雲集団による地球規模気候変動に関する現地機関共同研究
インドネシア版「レーダーアメダス」(現地若手研究者に運用させる)
資料8
今後の計画、予算見通しについて





19年度分 額の確定検査: 9/11金
予算削減で1年遅れたが、Manado WPRで観測網完成
インドネシア側計画、データ統合(DIAS)利用も進行中
AMY特別観測: レーダー・プロファイラ連続観測で
成果: GEO会議紹介、受賞(橋口副代表)、打ち水効果(伍ら)
 21年度(最終年度) 耐え難いが削減覚悟
 21年度JAMSTECの改組、22年度防災科研統合
 21年度JICA連携(本年10月〆): 水野課題(IOMICS)共同申請
 洞爺湖サミットで確認のGEOSS 10年計画の後半: ポストJEPP?
21年度予算要求
 設備備品費(今年度-2262万円)
- Manado WPR解析装置
- Biak,Pontianak,Manado WPR保守
 試作品費(京大・北大)(今年度-189万)
 人件費(研究者2名、京大・北大)(今年度並)
 消耗品費(今年度+1911万)
- MIA XDR玉 - Jakarta CDR玉 - 5点同時観測 - EAR(京大)
 旅費(5点同時観測、運営委・合同成果報告会)(今年度+72万)
 会議費・謝金(外部運営委員4名) (今年度並)
 通信運搬費 (今年度-344万円)
- XDR・CDR保守品 - 5点データ衛星回線使用料
 印刷出版費(成果報告書、論文等) (今年度+157万円)
 借損料 (5点同時観測借上車両) (今年度並)
 雑役務費 (今年度+66万円)
- 5観測点保守、観測補助、データ解析補助(京大・北大)
 消費税相当額(今年度並として概算)
 間接経費(以上計×0.3)(含人件費) (今年度-177万円)
合計
(今年度-766万円)
2000万円
0万円
1620万円
3937万円
1050万円
61万円
993万円
250万円
50万円
1458万円
211万円
3489万円
15119万円
ダウンロード

海大陸 - jamstec