平成20年度 第2回 JEPP-HARIMAU研究連絡会議
1.運営委員会報告事項概要
 今年度概要・現地本部・キャパビル・来年度以降(山中)
 XDR/CDR現状(森・櫻井)
 EAR/WPRs現状(橋口)
 AMY集中観測・データベース計画(伍・濱田)
2.来年度およびそれ以降(全員討論)
 JEPP最終年度の統括として何をやるか
 JEPP終了後の観測点維持や観測研究発展をどう考えるか
3.その他
平成20年度 第2回 JEPP-HARIMAU研究連絡会議
(議事メモ)
1.運営委員会報告事項概要
 今年度概要・現地本部・キャパビル・来年度以降(山中)
 XDR/CDR現状(森・櫻井)
- CDR電源・信号処理系改修了、シャドー問題
- XDR異常停止回復(10月、大雨?)、マグネトロン交換(12月)
 EAR/WPRs現状(橋口)
- EAR改修予定(1~3月)
- Pontianak連続観測 (ケーブル問題)
- Biak停止(雨漏り、9,月 11月~)
- Manado開始(停止復旧)
 AMY集中観測・データベース計画(伍・濱田)
- ゾンデ強化観測1/14~27
- 開所式? (1/29)
- AWS データ(CEOP標準点、BPPT分担)
- BMG Pontianak レーダー?
- BMG定常観測データ(70年代補完、公開規定)
2.来年度およびそれ以降(全員討論)
 JEPP最終年度の統括として何をやるか
- 海大陸雨季・北半球冬季モンスーン・季節内変動強化観測
 JEPP終了後の観測点維持や観測研究発展をどう考えるか
- 4月頃に改組や全ての予算の付き具合も見て再検討
資料3
平成20年度 第2回 JEPP-HARIMAU運営委員会
1.今年度計画
 概要 (山中)
 XDR/CDR現状(森・櫻井)
 EAR/WPRs現状(橋口)
 AMY集中観測・データベース計画(伍・濱田)
 観測本部・キャパビル計画,AP-GEOSS(山中)
2.来年度(最終年度)計画(山中)
(JEPP予算、JICA連携見直し、JAMSTEC改組見通し、
研究連絡会議からの最終年度実施計画提案)
3.総合討論(外部委員、川辺PD、文科省、他出席者)
*18:00~ 懇親会
〔
(CPEA)
FORSGC
EAR
IORGC
XDR 製作
2006
CPEA
XDR 設置
WPR 開発・製作
IOMICS
トライトンブイ
MISMO
WPR-Pontianak
WPR-Biak
2007
CDR-Serpong
2008
WPR-Manado
一斉集中観測 (MAHASRI/AMY=アジアモンスーン観測年)
2009
〕
JEPP-HARIMAU
FY2005
ASEAN
諸国
当初計画作成: 2005年8月
予算削減に伴う修正: 2007年3月, 08年1月
海大陸COE/JST-JICA?
Japan EOS Promotion Program (JEPP)
+ Indonesian Research/Technology Grant
Hydrometeorological Array for ISV-Monsoon Automonitoring
(HARIMAU)
Kototabang EAR,BLR,XDR
KU + LAPAN
Pontianak WPR
MIA XDR
Manado WPR
Serpong CDR
Biak WPR
Mirai CDR
JAMSTEC
Aceh
Padang
Lampung
Pontianak
BMG CDRs
Surabaya
Manado
Biak
Palau XDR+WPR
JAMSTEC
観測本部、キャパビル、GEOSS対応の現状と展望
20年度までの状況
 18年度: 観測本部予定地確保
HARIMAU Workshop
 19年度: ジャカルタ連絡室確保
Cape Town GEOS出展
 20年度: IOMICS-WS参加
若手2名招聘(間接経費)
21年度計画、JEPP終了後
 一斉観測データ統合
 GEOSS-APジャカルタ誘致
 HARIMAU Symposium
 JST-JICA「海大陸COE」
 JAMSTEC改組・GEOSS-LP
 NIED連携・統合
資料7
最終年度の計画にあたって
資料8
【全体計画】 エルニーニョやダイポールモードなど大気海洋相互作用による全球的気候変
動の励起源とされながら観測的空白であったインドネシア「海大陸」領域において,レー
ダー・プロファイラ観測網を展開し自動データ送信させ,気候変動の引きがねとなる「季
節内変動」の発生・伝播・変質のメカニズムを解明し,気候予測精度向上に貢献する.
【平成17~20年度の計画と主要実績】
・インドネシア海大陸5大島嶼に観測点構築(予算削減で1年延び20年度完成),観測本部
開設(設備まだ)
・リアルタイムデータ公開の実現とジャカルタ豪雨原因解明等の現地社会貢献により,
GEOSS初期成果に選定
・巨大日変化の発見とその「季節内変動」との相互作用の確認,海大陸が地球上で最多雨
となる理由の解明
【平成21年度の計画】
・「季節内変動」の「伝播・変質」解明のための一斉集中観測(予算削減・観測網完成で延期
していたもの)
・国際共同(AMY/MAHASRI)・現地官署連携観測とデータベース化,現地観測本部確立
・技術移転
・本研究全体の総括,構築した観測網の今後の維持および研究利用・社会貢献に関する方
策立案
Kototabang EAR,BLR,XDR
KU + LAPAN
Pontianak WPR
MIA XDR
Manado WPR
Serpong CDR
Biak WPR
?
20年10月
観測開始
日
付
↓
各地点の西風速
日中印協力AMY観測による観測空白補完
海大陸の西部・東部での風の収束を解析
→ 「季節内変動」の「変質」を解明
WES
A
EES
A
Biak WPR
Mirai CDR
JAMSTEC
Aceh
Padang
Lampung
Pontianak
Surabaya
Manado
Biak
BMG CDRs
現地官署観測網等との「データ統合」
→ 「海大陸」気候変動監視・予測精度向上
Palau XDR+WPR
JAMSTEC
21年度予算案
要求項目
人件費
観測点維持
一斉観測I
データベース構
築
(20年度の89.8%=採択時計画書記載額の50.9%)
予算額
(千円)
主要内訳
技術研究主任1名,同副主任1名,
23,520
ポスドク研究員2名 (内京大再委託1名)
XDR (マグネトロン他,12,800),CDR (クライ
ストロン他,22,400),WPR (3×@3,630~
1,627)
49,427 4,530), EAR (京大再委託,
の運用,通信,雑役務,消耗品等
(18~20年度の実績に基く)
XDR・CDR・3×WPR (@3,000 ~5,800),
EAR (京大再委託,6,230)の各観測点にお
24,030 いて地上・高層気象1ケ月集中観測を実施す
るための消耗品,雑役務,通信等
(18~20年度各1点での実施実績に基く)
研究運営委員会,研究連絡会議
600 合同成果報告会
印刷費
400 研究成果報告書,合同成果報告会冊子
間接経費
計
レーダー・プロファイラ・地
上気象測器の保守・点検,
データ管理
レーダー・プロファイラ連
続運用および観測データ
取得
観測網検証および季節内
変動「伝播」に関する強化
観測
XDR (内北大再委託2,125)・CDR・WPR・
研究組織内での相互デー
9,485 EAR (京大再委託,160)のデータ処理・初 タ利用
期解析 (18~20年度の実績に基く)
国内会議
消費税相当額
必要理由(達成可能事項)
2,236 (JAMSTEC 1,768, 京大401, 北大67)
32,909 (JAMSTEC28,229, 京大3,880, 北大800)
142,607
平成20年度 第2回 JEPP-HARIMAU運営委員会: 3. 総合討論
 (山中)外部有識者委員全員御欠席となったので、早急に議事録・資料をウェ
ブにUPして見て頂き、意見や質問を募ることとしたい。
 (川辺JEPP-PD) CSTP・財務からは競争的資金として(観測網構築だけでな
く)研究成果を求められているので、最終年度は十分な成果を挙げてほしい。
→ (山中) 了解した。今回は明示しなかったが論文も多数出ている。
 (文科省和田補佐、西山補佐、佐藤専門職) 最終年度は(一斉集中観測実施
もだが)年度内に成果とりまとめが可能となるよう全力を挙げてほしい。今年度
WPR雨漏り停止については、額の確定検査時に十分留意して説明を行うこと。
→ (山中) 了解した。一斉集中観測が来年度後も、とりまとめには絶対支
障がないようにする。WPR停止は業者負担分以外を、適切に処理している。
 (水野JEPP-IOMICS研究代表者): 観測データのより広範な利用のためGTS
配信してはどうか。
→ (山中)重要な御指摘である。ゾンデデータは既にGTS配信している。レー
ダーデータは多量で各国ともしていないのでGTS配信せず、ウェブ公開とする。
プロファイラデータはBMGの協力が得られれば今後GTS配信を検討したい。
ダウンロード

平成20年度 第2回 JEPP-HARIMAU研究連絡会議