「伊勢と日本スタディープログラム」にで学んだ神道学と国際交流
エイヴリ・モロー (Avery Morrow)
米国
I think it is important to understand the uniqueness of what foreign students learn on the Ise and
Japan Study Program. In particular, I would like to say a word about the lectures and tours offered to us
by Shintogaku professors. Shintogaku is an approach to thinking about spiritual culture that exists only
in Japan. The primary purpose of Shintogaku is to train students to become shrine priests. But
Shintogaku professors, through writing books about shrines and educating the general public, also
create a common standard for practices at shrines across the country. When Japanese people go to
shrines, they know what to expect. In this way, even as shrines are non-sectarian and welcome freedom
of belief, they can continue to maintain their traditions for future generations.
When foreigners want to read about Shinto, it is very rare for them to run into Shintogaku. It is
far more common to encounter the personal opinions of priests, new religious leaders, or foreigners
who have been to Japan. Even the authors of textbooks about world religions can be led astray by these
opinions. Japanese people may be surprised by what foreigners read about Shinto in English. My
experience on this program, and during my other trips to Japan, has shown that true quality in talking
about Shinto is best obtained by reading, talking, and thinking about why shrines exist in the way that
they do.
From the Kogakkan professors who participated on this study program, I learned that Shinto has
a very deep and complex history. Shinto has a unique perspective on how to preserve traditions and
spiritual culture. Religious studies and theology are ill equipped to confront the types of discussion that
take place within Jinja Honcho. In the 21st century, culture clashes, based on misunderstanding of the
culture of other countries, are resurfacing and are already the cause of serious international conflicts.
This is an important time for foreigners interested in Japan to collaborate with Japanese Shintogaku
professors in order for the world to gain a new and enlightening perspective on human diversity.
私たちは「伊勢と日本スタディプログラム」で参加したことがどれだけ貴重な体験であっ
たのか、それぞれ自覚しています。
特に神道学の先生方が教授してくれた内容について、私は再び振り返ってきたいと思いま
す。神道学とは、日本にしか存在しない稀有な精神文化の一つです。神道学は神主や宮司に
よって、その教えが継承されます。また、神道学の研究家や教授は、著作や学校での一般教
育を通じ、全国の神社の共通理念や統一基準をを実証します。
日本人が神社を参拝する姿から、その統一基準をうかがい知ることができます。その時代
の統一基準からは、当時の文化や歴史を導き出すことができます。このように、神社は無宗
派かつ信仰の自由を尊重しながら、自分たちの伝統を次世代に継承してきました。
外国人は神道について学ぼうとすると、外国語で書かれたまともな神道学者の著作に出会
うことがまずありません。神道から派生した新宗教の教組、日本を旅行した外国人が捉えた
神道に対する考えに影響され、宗教の研究者は神道を誤解し、迷宮の中に連れてこられます。
今回のプログラムを通じ、最も上質な神道の学習は、実際に日本において、神道の専門家か
ら講義を受けたり、意見交換したり、彼らの著作を読んだり、それが最も真理に近いという
ことを学びました。
皇学館大学の教授からは、神道には深くて複雑な歴史があると教わりました。神道の継承
は、日本の伝統と精神文化を守ることでもあります。21世紀になり、グローバル化が活性
化し、その反面、他国や他民族との文化の掛け違え、つまりカルチャーショックがあまりに
顕著になりすぎ、深刻な国際問題が続出しています。日本について学びたい、また日本に興
味がある外国人は、神道文化の多様性、それらが啓発してきた考え方を学ぶ場合、日本の神
道研究者とコンタクトを取ることがもっとも有効な方法です。
ダウンロード

エイヴリ モロー pdf 208KB