キーワードから考える
ことばの学習(1)
~ことばの初期学習を中心に~
葛西ことばのテーブル
三好純太
今回のキーワード
共感
パターン
二律背反
能動性
母語
スタイル
洞察
コントラスト
ネットワーク
関係性
エピソード記憶と意味記憶
今日のお話の概要
はじめに
記憶 言語 学習構造 療育
エピソー
ド記憶と
意味記
憶
ネット
ワーク
母語
二律背反
パターン
能動性
コントラスト
共感
コミュニ
ケーション
関係性
共感
コント
ラスト
エピ
ソード
記憶
パター
ン
母語
ネット
ワーク
関係
性
能動
性
二律
背反
はじめに
キーワード
key word
キーワード
特別な意味を持つ重要語
*漢語・外来語・英語が中心
文化 自由
スタッフ
法律 経済
ダウンロード
意識 時間
明治時代に人工的
に作られた漢語
リフレッシュ
日本語化している
外来語
キーワードの例
化石化
fossilization
化石化
●ことばの運用や発音における誤りが固定化し、改善しに
くくなること
↓
*主に、外国語習得での問題として使用される
言語発達上の問題にも適応可能
★「化石化」という用語を使うことで頭がスッキリする。
↓
漢語の力 長い状況説明を集約化(凝集性)
「誤りが固定化している、間違った癖
がついてしまっている」
キーワードの効用
●命名の意義
複雑なもの・曖昧なもの・抽象的なもの
→名前を与えて、姿を浮かびあがらせる
*記憶を呼び起こしやすい *知識の整理
●内容の濃密化・複雑化
※その言葉を会話や文の中で、名詞1語として埋めこ
める
→ 次の「考え」のための道具
キーワードの留意点
★更新の必要
知識は日々、変化するもの
→ 「仮称」という気持ちが必要
★拡大解釈・固定観念への留意
×「便利な収納袋」や「分類による終息感」
我田引水・牽強付会にならないように
記憶
エピソード記憶 と 意味記憶
episodic memory
semantic memory
エピソード記憶
個人的体験や出来事についての記憶
「きのうは、12時まで起きていた」
意味記憶
ことばの意味やさまざまな知識
*赤くて丸いくだものは、「りんご」。
*日本で一番高い山は、富士山
*自分の苦手な食べ物は魚介類だ。
「朝ごはん、なにを、食べた?」
●「なっとう」:正答
●「ピザ」:誤答 ①願望 ②連想 ③記憶錯誤)
●「食べた」: ①オウム返し ②理解不完全
●「わすれちゃった」:忘却
●「わかんない」: ①忘却 ②理解不完全
③言語表現が不能
●「いいたくない」: ①拒否 ②解答困難
解答できない理由 (何が未熟か?)
◆エピソードの記憶力
◆質問文の理解
*時制表現の理解/時制の認識 〔おひる〕
*疑問詞の理解 〔なにを〕
*問いかけ文の理解 〔?〕
◆事物の呼称能力/表現レベルの判断力
◆注意・傾聴能力
◆思い出そうとする意欲(根気)
エピソード想起の誘導方法①
●まず、お盆の絵を描き、「何があった?」と聞く
●「何があったかな」と聞きながら、指を折る
→枠組み(フォルダー)の利用
●昼食時に撮った写真・昼食時に書いたメニュー
の紙を裏返して「何だった?」と聞く
→枠組みの利用/リハーサルの利用
●献立表丸暗記 →他のルートからの暗記
エピソード想起の誘導方法②
●食べたもののひとつを挙げ、「あとは?」と聞く
●食べた場所や時間などを示す
●「となりには誰がいた?」「何使った?」など手
がかりとなるものの想起を促す
→連想・状況的手がかりからの探索
●料理の絵カードを示して、この中にあるか聞く
●料理名を挙げて、yes-noで答えてもらう
→再認を用いた想起
誘導の例:食事の枠
で、何が
あった?
しかし・・・
うまく行かないことも多い
↓
記憶に関する、基本的な能力の未熟さ
昨日の昼ごはんの想起
手がかりを探す
*昨日は何曜日だっけ?
*だれと一緒に食べに行く日だったかな?
*近所には、どんなお店があったっけ?
*最近は、自分は、何が好きだったけ?
これらはすべて「意味記憶」
意味記憶を動員して、エピソードを探索している
エピソード記憶の再生のためには
豊かな意味記憶の存在が不可欠
個人的な過去の経験であっても、その想起のた
めには、意味記憶(知識)が必要
知識:①社会的知識:値段は700円~800円
②自己に関する知識:習慣・スケジュール
③連想:ランチ・・・ランチタイム・・・コーヒー
エピソードを語れるようになるためには
*自分や他者についての洞察を高める
*社会的知識を高める
*関心のある領域を広げる
エピソードの再生が上手な子がいる 要因は?
?疑問詞の理解が良い/疑問詞の存在を知っている
?他者の行動や行為(ex.食事)への関心が高い
?時間(もしくは時制表現)の認識が良い
しかし、何よりも重要なのは・・・
意味記憶の基礎=ことばの世界
ことばの習得
●ことばのネットワーク化
複雑に繋がった「ことば」の網を作る
言語
ネットワーク
network
(ことばの)ネットワーク
ことばと、ことばを結ぶ関係性
ことばの学習の目的
学習の中で練習した語彙や文を
覚えることが目的ではない
日常場面での自然習得を促すメカニズムを作る
名詞習得の場合
今井むつみ・針生悦子著
「レキシコンの構築」
レキシコン:心の中のことばの辞書
◆名詞の学習
マッピング
ことばと意味(事物・動き・性質・・)を対応づ
けること
事物名詞=即時マッピングされる
※たった1回の経験で名前を学習する
‖
!
ボール
動詞・形容詞
◆名詞の学習
子どもは、モノに対して与えられたことばを、
そのモノの基礎カテゴリーの概念を指すもの
として把握する 例: なら リンゴ
リンゴ
あか まるい へた
くだもの
このようなものを指して
いるとは思わない
名詞の習得:「イカ」の場合
<
タコ
「タコ」の属性①:「イカ」習得前の知識
形: 頭があって足がたくさん
様態:グニャグニャ
カテゴリー:海の生きもの
「イカ」の習得
<
タコ
イカ
<
これは、イカ
タコではない
タコの部分否定
タコとイカの属性の比較
形:頭が丸い
×
イカ
形:頭が三角
グニャグニャ
○
グニャグニャ
タコ
足が多い
足の数:8本
イカ
○~×
足が多い
足の数:10本
赤
×
白
海の生きもの
○
海の生きもの
タコの属性②:「イカ」習得後の変化
形(頭が○)
形:頭があって足がたくさん
様態:グニャグニャ
カテゴリー:海の生きもの
グニャグニャ
足の数:8本
色:赤
海の生きもの
イカを覚えることによって
タコの理解が精密化
「イカ」習得の意義
①既得の語彙の精密化
「イカ」を知る → 「タコ」の概念が変化(精密化)
→より正しい「タコ」に!
②概念形成能力の向上
足が多い生きものにもいろいろいるんだな!
③上位概念の形成
「イカ」「タコ」「アジ」「ヒラメ」→【魚】 【海の生物】
④連想の拡大
寿司の「イカ」・・・「スイカ」「カイとイカ」・・・「海と川」
「イカ」とことば全体の関係①
概念形成の能力向上
(おなじような形でも、いろんなものがいるんだなあ)
「ちゃわん」と「おさら」のちがいに注目
平べったいのが「おさら」で、少し深いのが「ちゃわん」
ほかのことば(概念)の精密化への応用
「イカ」とことば全体の関係②
上位概念の形成促進
「イカ」「タコ」・・・「フグ」「マンボウ」=要素増大
→ 共通性への注目
どれも海(水中)の生きもの
「魚」「海の生物」・・・という上位概念の形成を促進
カテゴリー概念の形成①
どうぶつ
ネコ
ブタ
形の類似性
イヌ
カバ
サ
ル
*形状バイアス
こどもは、まず形で
仲間わけをする
カテゴリー概念の形成②
乗り物
形の類似性から
自動車
飛行機
船
電
車
意味の
共通性へ
自転車
楽器・色
国・楽しいこと
ひとつの言葉を得ることは、
それまで作り上げてきた自分の
言葉の世界全体を塗り変える
新しいことばの習得
頭の中のことばの地図
(レキシコン)
+1 ではなく、地図がまったく新しく上書きされる
「タコ」「イカ」関係
<
タコ
イカ
大切なのは、捕った
魚ではなく、網
関係性の獲得
ことばのネットワークを作る
ディズニー
ライオン
ダンボ
動物園
ぞう
動物
鼻
耳
アフリカ
大きい
くじら
りんご
ケニア
ことばのネットワークを作るには・・
◆日常生活の中で
*関連する事柄を話題化・言語化
*経験の蓄積
*架空世界に触れる(絵本・物語・・・)
◆ことばの学習として
*類推のトレーニング(共通点・相違点の抽出)
*カテゴリー分類・名称の学習
なかまわけ課題
ことばの学習の目的
学習の中で練習した語彙や文を
覚えることが目的ではない
日常場面での自然習得を促すメカニズムを作る
ことばや知識を増やす法則(メタ知識)を
獲得させる
※1を聞いて10を知る
学習構造
母語
mother tongue
母語とは
子どもが最初に習得する言語
人間は、だれでも、ことばを、ひとつだけ
マスターする能力を持っている。
*生後8か月で、母語以外の言語音の聞き
分けができなくなる
母語は、学ぶものではない(自然習得)
⇔ 読み書きとの違い
人口的な学習で身につけることはできない
人間が言葉を覚えることは、奇跡のような作業
発達障害の子ども
↓
自然習得が困難(外国語習得との類似性)
母語の完全なマスターは難しくても、少しで
も、ことばの能力を高めていきたい
どのようなことばの学習が、良いのか?
望ましいと考えることばの学習
勉強(学習)という枠組みの中で
ことばの習得や育成を目的とした
課題や、やりとりを行う。
第2言語(外国語)習得の場合
意図的に学ばざるを得ない
→ 完全にマスターすることはできない
*外国語学習における二つの考え方
①明示的な学習は、日常化しない
(ノン・インターフェイス・ポジション)
②少しずつ日常化する
(インターフェイス・ポジション)
明示的知識と暗示的知識
明示的知識
明示的学習
ことばで説明できる、ことばのルール
ことばで説明
する、ことばの
学習
「何かをしている人や生き物には、『が』 がつくん
だ」
暗示的知識
暗示的学習
説明はできないが、感覚的にわかっている
生活の中で自
然に進む学習
こどもの日常会話
ことばの学習のタイプ
◆ことばで説明する、ことばの学習
例:何かをする人に「が」がつくんだよ
◆ことばの説明のない、ことばの学習
例:(絵をみせながら)
「お母さんが走る」と言わせる
*計画的言語学習/パターン学習
◆遊びやフリートークの中での習得
*日常生活の中での習得
*場面設定型学習 など
勉強の
意識あり
勉強の
意識なし
言語指導の二律背反
ことばの学習
人工的な学習
母語は習得できない
完全にマスターすること
はできない
しかし、こどもは、勉強をしている、という意識はあっても
ことばを学んでいる、という意識は、ないことが多い
暗示的学習
生活の中でのことばの
習得に近い状況
★言語に対する構え・不安
のなさが必要
おべん
きょう!
いま、
なにし
てる?
望ましいと考えることばの学習
計画した学習課題や、やりとりの中で、
日常生活以外の言語刺激に触れ、言語習得
を促す機会とする
*あくまで「学習」という枠組みを維持する。
*しかし、ことばについては心理的圧迫のない
状況があり、その状況の中に、言語学習のプ
ログラムが埋め込まれている。
先生
勉強している
学習者
学習概念の形成
課題態度の形成
学習耐性の向上
情意フィル
ターによる
能力の低下
ことばを覚えなきゃ・・・
=
ことばを間違わないよう
ことばによ
=る説明
*学習者の一定水準以上の能力から有効
ダウンロード

キーワードから考える ことばの学習