世界に通用する移民国家の理念
坂中英徳
移民先進国の轍は踏まない
移民先進国の外国人処遇の歴史を概観すると、決して道理にかなったものばかりだった
というわけではない。移民後発国の日本は移民先進国の轍を踏んではならないと考える。
米国は建国当初、大量のアフリカ人を奴隷として英国商人から買った国である。今は、
1000万人を超える不法入国者が過酷な労働条件のもとで農業労働者として働いている。
ヨーロッパ諸国においては、根深い人種偏見と宗教問題があって、国民と移民との社会
統合があまり進んでいないようだ。
ドイツは数百万人のトルコ人を外国人労働者で受け入れたが、ドイツ人とトルコ人の結
婚の比率は1%以下と異常に低い。多数派のドイツ人が小数派のトルコ人を襲撃する事件
が頻発している。
フランス人とアフリカ人の婚姻率は20%を超えると聞いている。フランス人の民族差
別はそれほどひどくないから、フランスは多民族共生社会への希望が持てる国だと思う。
しかし、キリスト教とイスラム教の宗教対立の克服という難問が残っている。
近世から20世紀半ばに至るまで、ヨーロッパ人が宗教、人種、風俗の異なる民族を人
間以下のものとして、少なくとも自分たちよりも劣等の民族として扱ったことは、世界人
権史の汚点として刻まれている。
いっぽう、日本では神道、仏教、キリスト教など多様な宗教が仲良く共存している。加
えて、日本人は文明化した現代世界では極めてユニークな宗教心、すなわち地球上に存在
するあらゆる物と心を通わせる万物平等思想(アニミズムの世界)をいだいている。多神教
で心が広い日本人は、世界のどの民族も成し得なかった「人類共同体社会」を創る可能性
のある民族ではないか。
私が提唱する移民1千万人計画は、50年の時間をかけて、現在のイギリス、フランス、
ドイツ並みの「10人に1人が移民」の国へ移行するものだ。日本文明の底力と日本社会
の成熟度の高さからすれば、それは達成可能な目標である。いや、すべての人種・民族を
対等の人間として迎える日本人は、欧米諸国の上をゆく移民国家を築けるであろうと考え
ている。
ウォール・ストリート・ジャーナルが坂中英徳の日本革命を支持した
2011年6月15日、ウォール・ストリート・ジャーナル(アジア版)のオピニオン欄
に「移民政策が日本を元気にする」(An Immigration Stimulus for Japan)という表題の小
論を発表した。そこで人口と移民と経済の関係について、次のように述べた。
〈日本政府が人口崩壊をとめる根本的な対策を講じなければ、生産、消費、税収、財政、
年金、社会保障、そして国民生活が、高齢化する日本人口と激減する若年人口という二つ
の抗しがたい圧力につぶされてしまい、日本は全面崩壊の危機に瀕する。
〉
〈日本が崩壊をのがれる唯一の対応策は、国民が「移民」を歓迎することである。私は、
人口崩壊の悪影響を最小限におさえるため、日本は50年間で1000万人の移民を受け
入れる必要があると主張している。
〉
〈これだけの規模の移民を入れると、衣食住、教育、雇用、金融、観光、情報などの分野
で新たな市場と需要が創出され、少なくとも移民人口分の経済成長が見込まれる。確固た
る方針に基づき移民政策を推進すれば、海外の投資家の日本経済についての長期見通しも
立つだろう。
〉
すると、翌週の6月22日、ウォール・ストリート・ジャーナル(アジア版)の社説に、
「日本再興の新政策」(A New Plan for Japan)というタイトルの論説が載った。
〈まさに今、誰かが日本革命の道を示し、それを断行しなければ、日本全体が悲劇に見舞
われる。日本人口の高齢化に伴い、日本政府の経費を支える国家財政が破綻する――過去
に貯蓄に励んだ国民は国債の購入をやめ、代わりに年金生活のため貯蓄を取り崩す。
〉
〈先週の本欄で坂中英徳が指摘したように、生産年齢人口の減少が革命的な移民政策を迫
る新たな圧力になるだろう。外国人政策の改革も必要である。特に、出稼ぎ労働者ではな
く、永住外国人を迎える移民政策への転換が不可欠だ。
〉
〈政府が改革を先送りすればするほど、
厳しい選択肢を避けることはいよいよ困難になる。
日本は過去において明治維新であれ第二次世界大戦後の復興であれ、痛みを伴う変化を乗
り越えて発展してきた。正しい見識を持つリーダーが現れ、正しい改革を行えば、日本は
かつての栄光を取り戻すだろう。
〉
以上のとおり、東日本大震災が起きた直後の2011年6月、私の論文とウォ―ル・ス
トリ―ト・ジャ―ナルの社説は、人口崩壊を契機に経済と財政の瓦解が始まる日本を救う
ために「移民革命」を断行する必要があるという認識で一致した。
世界のジャ―ナリストが移民政策の先駆者と認めた
私が立てた移民国家構想を真っ先に支持し、世界に向けて発信したのは、慧眼な外国人
ジャ―ナリストたちだった。国内で暗闇状況が続く中、一筋の光を投げかけてくれた。
外国人ジャ―ナリストや外国メディアの評価がどれほど私の心の支えになったことか。
世界から「日本の移民政策の先駆者」と認められて前途を楽観的に見るようになった。同
時に、日本の未来に対する重い責任から逃れられない運命を悟った。
たとえば、2006年3月21日のジャパンタイムズに「The doomsday doctor」(救世
主)という表題の評論が掲載された。
「救世主」という恐れ多い名で呼ばれてびっくり仰天
した。投稿したのは英国の『ザ・インディペンデント』東京特派員のディビット・マック
ニ―ル氏。
長文の評論の冒頭で、
「坂中英徳は日本の人口危機を治癒しようとしているが、誰も注意
を払おうとしない」と指摘のうえ、次のように述べた。
〈坂中は最近、少子高齢化による地域社会の崩壊の危機と、牢固とした低い出生率(2
004年の出生率は1・28に低下)に警鐘を鳴らし、官僚の殻を破って「50年間で2
000万人の移民受け入れ」を示唆した。〉
〈坂中は『入管戦記』という著書で、慎重に言葉を選び、ユ―トピア物語と断っている
が、
「日本は多民族社会となり、アジア全域から移民をひきつける国にならなければならな
い」と初めて提案した人だ。
〉
そして2014年5月16日。私は日本外国特派員協会に招かれ、世界各国のジャーナ
リストを相手に、
「日本の移民国家ビジョン――人類共同体の創成に挑む」の表題で講演し
た。同協会の幹部は「坂中英徳は日本の“ミスターイミグレーション”として知られてい
る」と紹介した。
ミスターイミグレーションの立てた日本の移民国家ビジョンが世界のジャーナリストに
評価され、それが世界各国の人びとに知れ渡るという身に余る光栄に浴した。
世界の評価が先行する日本の移民政策
世界の評価と日本の評価の落差が大きい。日本の移民政策のことである。私が提唱する
移民国家ビジョンを世界が評価している。しかし日本ではさっぱりである。そもそも日本
の知的世界には型破りの発想を評価する土壌が欠けているのではないか。私の移民建国論
が俎上に載らない状況が続いている。
しかし、それは近いうちに解消されるだろう。世界の評価に日本のそれが追随する形で
決着するだろう。日本の現代史においてよく見られるパタ―ンである。
2013年9月、南カリフォルニア大学日本宗教・文化研究センタ―のダンカン・ウィ
リアムズ所長から、2014年4月25日、
「ハイブリッド・ジャパン 」講演シリーズの
一環として、
「日本の未来と日本の移民政策」
のテーマで基調講演をするよう依頼があった。
併せて、世界の移民政策の研究者が集まる「日本の移民政策と社会統合に関するシンポジ
ウム」への参加要請があった。
新進気鋭の南カリフォルニア大学准教授は、2013年末講演の打ち合わせで来日され
た折、移民国家日本の未来像を描いた私の著作を「真の国家ビジョンを提示したもの」
「日
本の伝統的精神風土から生まれたもの」と評価した。
昨年6月、AP通信社のマルコム・フォスター東京支局長から、
「坂中さんは日本を元気
な国にしたいのですね。応援します」との温かい言葉をもらった。
2014年3月、海外の投資家の対日投資行動に影響力がある米国最大手の投資顧問会
社の幹部と会い、移民50年間1千万人構想について説明した。別れ際に彼らは、
「坂中さ
んの移民国家構想の早期実現を期待します」と述べた。
そして前述の日本外国特派員協会における講演。約30人の外国特派員が私の話を聴い
ておられた。人類の世界共同体の創成を究極の目的に掲げる日本の移民国家ビジョンは好
評であった。講演終了後、多くの質問が寄せられた。確かな手応えを感じた。改めて、世
界の人びとが日本の移民開国を待ち望んでいること、海外メディアが日本の移民政策の動
向に高い関心を持っていることを知った。
私が会った世界の知識人や外国特派員たちは、日本が直面する人口問題の重大性とその
根本的解決策を理解し、私の立てた移民国家の理念に対する共感を語った。
もし日本の危機の本質を見抜く外国人との出会いがなかったならば、日本型移民国家構
想は挫折していたかもしれない。孤立無援で闘う気力を失い、移民革命の先導役を勤める
こともなかったかもしれない。
彼らは日本の再生を心から願っている。一期一会の思い出がつまった海外の友人の顔が
目に浮かぶ。彼らから受けた芳情は決して忘れない。
日本の精神風土から生まれた地球共同体思想
たとえば日本型移民国家構想のように日本で誕生した国家ビジョンが世界の注目を浴び
るのは非常に珍しいことではないか。
近年、海外の日本学の専門家やジャーナリストの間で、世界の先頭を切って人口崩壊の
時代に入った日本の移民政策への関心が高まっている。私のところを訪れる世界の知識人
は、人口崩壊が目前に迫っているのに移民鎖国のイデオロギーをかたくなに守っている日
本を世界七不思議の一つだという。そして、日本の移民開国を待望する世界の世論を背景
に、私の立てた移民国家ビジョンに注目する。
世界の知識人は私の移民政策理論のどの部分に最も関心があるのだろうか。
外国の知識人と討論した感想を述べると、日本民族をはじめ世界の諸民族がうちとけて一
つになる「民族の融和」を主張している箇所ではないかと推察する。
世界の移民政策の専門家は、
人類の多様性を強調し、
「多文化共生」を目標に掲げている。
私が唱える移民国家構想は、人類の同一性を強調し、人類が一つになる「地球共同体」
の理念を謳っている。世界の手本となる移民国家の創建と地球的規模での人類共同体社会
の創成をめざすものだ。世界の諸民族の融和ひいては戦争のない世界を視野に入れた平和
哲学でもある。このアイディアは世界の識者に衝撃を与えたようだ。
2010年12月、移民政策研究の世界的権威から「あなたの論文は私が今まで読んだ
移民政策分野のどの論文よりも新鮮で創造力の豊かなものです。なぜなら、移民の受け入
れと社会統合という両立しがたい難問を解決しようとしているからです。提案の『言語教
育、職業訓練、文化教育を行って移民を日本へ迎え入れる』という戦略は、人口統計学的
なメリットとともに、若い移民に焦点を当てている点がすばらしい」(デメトリー・G・パ
パデメテリウ米国移民政策研究所長)と評価された。
2014年4月、南カリフォルニア大学日本宗教・文化研究センター主催の「日本の移
民政策に関するシンポジュウム」において披露した「地球共同体論」は世界の移民政策の
専門家の好評を得た。その基調講演において日本人の夢と抱負を語った。
〈日本の移民政策は、人口危機に瀕した日本を再生させる国家政策にとどまらない。地球
上の諸民族が和の心で平和共存する世界を希求する世界政策でもある。日本の移民革命思
想は、日本のみならず世界各国に根本的変革を迫り、すべての民族の共存共栄と世界平和
に貢献し、国境を越えて人類の一体化が進むグローバル時代に生きる地球人への最高の贈
物になるだろう。
〉
それはまだ夢のまた夢の段階にある。だが、日本の伝統的精神風土から生まれた世界平
和思想を発表したことの持つ意味は大きいと思う。
日本人は古来、人間はもとより動物、植物、鉱物など自然界に存在するあらゆる物と心
を通わせ、自然に親しみ、そこに神が宿ると信じている。自然と自己を同一視する万物平
等思想(アニミズムの自然観)を抱いている。それは人類を含む万物の共生につながる自然
哲学である。万物の霊長の思い上がりを戒める日本人の叡智である。
八百万の神々を受け入れ、
地球上に存在する人種・民族に甲乙はないと考える日本人は、
努力すれば、世界の先頭を切って人類共同体社会を実現できるだろうと考えている。
坂中英徳が理想の移民政策を立案できた理由
私は在日朝鮮人政策を筆頭に移民政策に集中的に取り組んできた。40年間、移民政策
一本槍の人生を歩んできた。誰もが恐れをなして触ろうとしない移民政策の立案に捨て身
の覚悟で臨んだ。
1975年に『今後の出入国管理行政のあり方について』という典型的な政策論文を書
いたことで私の進む道は決まった。それをきっかけに移民政策にテーマを絞って研究と実
践を積み重ねてきた。そして、法務省を退職した2005年に外国人政策研究所(現在の一
般社団法人移民政策研究所)を設立した。以後、移民政策の理論的研究に専念する日々を送
っている。
移民政策関係の著書は20冊余を数える。切れ目なく移民政策論文を書き続けた。幾つ
かの論文は社会に衝撃を与えた。移民政策研究の白眉といえるのが最新刊の『新版 日本
型移民国家への道』(東信堂)である。
振り返ると、移民政策の立案者は私以外に現れなかった。百年の計の国家政策を立てる
のは年季の入る仕事なのだろう。長年、移民政策の理論的研究と実践の分野で私の独壇場
の時代が続いている。移民国家の議論が本格化し、新しい国づくりに多数の専門家の協力
を必要とする我が国にとって、このような状況は決して好ましいことではない。
どうしてこういうことになったのか。最近まで、政治家・行政官・研究者は移民問題を
タブー視してきた。当然ながら、危険を冒して移民政策の立案と取り組む官僚や学者など
は出てこない。その結果、移民政策の専門家が不在の今日の事態を招いたのだと考えてい
る。
付言すると、永田町、霞ヶ関から坂中構想に対する批判はなかった。日本政府は異端者
の移民革命思想に寛大であった。おかげで純粋度の高い理想の移民政策を構築できた。
ダウンロード

世界に通用する移民国家の理念 坂中英徳 移民先進国の轍は踏まない