がん患者を家族に持つ子ども達のケア
聖隷三方原病院 ホスピス科
天野功二
「がんの社会学」に関する合同研究班(班長:山口建)
がんと向き合った7885人の声
■ 子どもに対する気がかり(51件)
■ 子ども達がかわいそうと思いながら
不安で子ども達に八つ当たりした。
■ 子どもへの告知(16件)
■ 子どもに不安を与えないように病気について説明する
こと。
■ 娘と父親にがんであることを気づかせないようにする
ことが一番だった。
がんターミナル期の親を看取る
思春期の子どものニーズ
対象:死別時の年令 11〜19才 男子3名、女子9名
■
親を苦しませないでほしい。
■
親の状況の本当のことが知りたい。
■
不安な自分をわかってほしい。置き去りにしないで。
■
親の病気のことにはふれられたくない。
■
普通になんでもなく過ごしたい。
■
親の役に立ちたい。頼りにされたい。
■
ごめんねと謝りたい。(大人に)甘えたい。
■
家族が一つになりたい。
(新潟青陵大学
柳原清子)
家族と話さなくなった中学生の女児
■
兄(肝細胞がん)が終末期のため、自宅で訪問看護を受け
ながら最後の時を過ごした
■
母親は兄の介護に専念(夜も兄にずっと付き添っていた)
■もともととても仲の良い兄弟
■兄の病気が「がん」であることだけ伝えられていた
■
家に帰ってきても、自分の部屋に閉じこもり家族とは話さ
なくなった。食事も全くとらなくなった
子どもを対象としたグリーフ・ケア
の現状
欧
家庭
米
日
本
子どもに「死」を伝えるこ 子どもに「死」を伝えること
と、グリーフ・ケアに積極 に消極的
的
Dougy Center(北米)
地域
Dougy Centerに相当する施設
の絶対的な不足
周囲の認知不足
病院
病院毎のプログラム
極めて限られた施設における
充実したサポートスタッフ 試み
ダギーセンター
(The Dougy Center for Grieving Children & Families)
■
家族または友だちを病気、事故、自殺、殺人等で亡くした子ど
も達のpeerサポートグループを支える非営利団体
■
各地にセンターがあり、死別を経験した子どもとその家族には
すぐに情報提供される
■
サポートスタッフ:教員、看護師、カウンセラー、各種セラピ
スト、チャイルド・ライフ・スペシャリスト
お伝えしたいこと

子ども達は決して親の付属物ではなく、独立した心を持った
一人の人です。大人が悲しむように、子ども達も同じ悲しみ
を感じています。

子ども達は大人が考えているよりも多くを察していて、自分
なりの判断をしています。時には大人の想像もつかないこと
を考えていることすらあります。

子ども達は大人の助けを必要としています。信頼できる大人
との対話こそが子ども達を救うのであって、沈黙は決して子
ども達を守ることにはなりません。
チャイルド・ライフ・スペシャリスト
とは?

国際資格(アメリカ・カナダ・香港・・・)

アメリカでは、小児科における遊びのプログラム
(チャイルド・ライフ・プログラム)として1950年代
から発展

現在北米においては小児専門病院・総合病院小児科・
ホスピスなど400の病院で活動をしている

日本の現状

1997年に日本で最初のCLSが活動を開始

2008年9月時点で日本では21人のCLSが活動している
ダウンロード

がん患者を家族に持つ子ども達のケア