それっぽく萌えお絵かきする10の方法
わんくま同盟 名古屋勉強会 #07
自己紹介
• 名前 長月葵
• 年齢 アニメドラえもんよりは年下
• 希望
– 今回色塗りは扱わないので今後機会があればやりた
い
– そろそろ囲碁なLTかセッションをやりたいところ
• 予定
– 夏コミ (C76) にも言語娘本出します
– デザパタ娘なコピー本も出せたらいいな
わんくま同盟 名古屋勉強会 #07
1.顔のバランス (基本)
• 二分割
– 縦:鼻、口
– 横:目、耳
• 四分割
– 縦:瞳の中心
– 横:鼻の下
• 六分割
– 横:口、生え際
• 八分割
– 縦:目の幅
わんくま同盟 名古屋勉強会 #07
1.顔のバランス (基本)
• 二分割
– 縦:耳、顎関節
– 横:目、耳の上付け根
– 横:鼻の上付け根
• 四分割
– 横:耳の下付け根
– 横:鼻の下付け根
– 横:顎関節
• あとはセンス
– 好きな作家の絵を見
ながら描きましょう
わんくま同盟 名古屋勉強会 #07
2.顔のバランス (漫画的に)
• 正直ここ好みですが
一般論的に
– 萌え系的に見ると目
は耳と同じぐらいの縦
幅
– 横長になるバランスで
縦の長さが耳の縦幅
の半分から三分の一
にすると劇画寄り
わんくま同盟 名古屋勉強会 #07
2.顔のバランス (漫画的に)
– さらに一回り小さくして
書き込みを増やすと
劇画っぽく
• スーパーマンガデッ
サン辺りを読むと参
考になります
• 劇画かけねえよヽ(`Д´)ノ
わんくま同盟 名古屋勉強会 #07
3.体のバランス (基本)
• 二分割
– 脚の付け根
– 足長バランスにするな
ら丹田ぐらい
• 四分割
– 上:脇の付け根
– 下:膝下
わんくま同盟 名古屋勉強会 #07
3.体のバランス (基本)
• 1:1
–
–
–
–
–
–
手:顎から生え際
足:頭
頭:腰
手:胸の中心から脇
肩から指先:股下
手:手首から肘の内側
• 1:2
– 頭:肩から手首
• 1:3
– 手:鎖骨から股
わんくま同盟 名古屋勉強会 #07
4.体のバランス (頭身)
• 基本はやっぱり本物
の人間
• 肉付きとかよく見まし
ょう
• 単に頭だけでっかくな
らないように
• 参考にするバランス
– 乳児 (三頭身)
– 幼児 (四頭身)
– 小児 (五頭身)
わんくま同盟 名古屋勉強会 #07
4.体のバランス (頭身)
– 子供 (六頭身)
– 青年 (七頭身)
– モデル体型の人 (八
頭身)
• これもまたスーパー
マンガデッサン辺りを
読むと参考になりま
す
わんくま同盟 名古屋勉強会 #07
5.体のバランス (基本のバランスを外す)
• 普通のバランスより
手足が長い
– 細い印象
• 普通のバランスより
手足が短い
– ふとっちょの表現に向
く
わんくま同盟 名古屋勉強会 #07
5.体のバランス (基本のバランスを外す)
• 普通のバランスより
細い
– CLAMP辺りのおかげ
でよく見る
– 某ギアスとか
• 普通のバランスより
太い
– あんまり見ない
– 某潜脳調査室辺りは
太めバランスかも?
わんくま同盟 名古屋勉強会 #07
6.ポーズ (基本)
• 関節
– 関節の位置から描くと動
的なポーズも描きやすい
– マッチ棒 (ー○) を活用
• 前後関係 (隠れる所
隠れない所)
– 大抵体の一部でどこかが
隠れるので隠れて良いと
ころ悪いところに気をつけ
る
わんくま同盟 名古屋勉強会 #07
7.ポーズ (視点)
• 角度
– あおりや俯瞰はかっこ
よく見える
• パース
– 前述の前後関係に加
えて、前の物を大げさ
に大きく、後ろの物を
大げさに小さくすると
動きが出る
わんくま同盟 名古屋勉強会 #07
8.コスチューム
• よくある構造
わんくま同盟 名古屋勉強会 #07
8.コスチューム
• しわ
– 折り曲げ
– 堅さ
• 堅さによって線質や量
を変える
わんくま同盟 名古屋勉強会 #07
9.立体感
• しわとか物の重なりで表現
– こんなところでも遠近法が活きます
– 重なり遠近法は基本的な考え方なので要チェック
– しわでの立体感の表現は端的に言うとワイヤーフ
レームです
• 想像するのはとても大切
– でも実物か写真見てください
わんくま同盟 名古屋勉強会 #07
9.5.立体感 (余談:デッサン)
• 余談ですがデッサン大切です
• デッサンはバランスの意味で使う事も多いですが立体感を含
めて物の形をとらえる練習です
• しわは立体に布を重ねることで出来ているので、立体の形と布
の沿い方をよく考えましょう
– すると変なしわを描く確率は減ります
• 服などで複雑になりがちですが、まず体の形がありきです
– 服に気を取られて暗いはずの所が暗くないなどありがちです
– まず体に落ちる影を捉えましょう
• 体も複雑ですが部分で見れば簡単なオブジェクトです
– プログラムでもそうですよね?
わんくま同盟 名古屋勉強会 #07
10.気持ち
•
•
•
•
•
萌えの心は大切
自分の描く物を好きになりましょう
自分の描く物に興味を持ちましょう
何が良くて何がダメなのかを突き詰めましょう
でも気負わず気楽にね
わんくま同盟 名古屋勉強会 #07
まとめ
• 今回の理屈は想像で描くときだけの方法では
ないです
– 確実なのは見て描くこと
– デッサン人形や写真を見ましょう
– 見るときに理屈で分析しましょう
– 具体的な指針が有れば見た物を紙に投影する事
もすこし楽になるはずです
• 後は手数
– たくさん描いて線を引くことに馴れましょう
わんくま同盟 名古屋勉強会 #07
ダウンロード

ppt