リサイクル
容器包装リサイクル法の諸問題
国際連合大学
安井 至
United Nations University
http://www.yasuienv.net/
1
国連大学の紹介








国連機関で、アジアに唯一本部を持つ。
1975年に設立。
学生、教授は居ない。
世界に研究・研修センター/プログラムを16ヶ所
途上国を対象に、最適な能力開発プログラムを実施
国連機関内でのシンクタンク機能
国連機関で、唯一、大学院教育も取り扱う
国連活動のための新しいアイディア


真に重要な問題の発掘、対処法など
個人的責任は、「環境と持続可能な開発プログラム」
のマネジメント
2
日本の物質の流れ









入力総量
うち輸入
製品総量
輸出
食糧消費
エネルギー消費
リサイクル
埋立量
20.3億トン
7.9億トン
12.0億トン
1.3億トン
1.3億トン
4.2億トン
2.2億トン
0.6億トン
1人あたり1年間に17トンの資源
10トンの製品
3
家庭のゴミ 容積比 2003年

容器包装





紙
プラスチック
ガラス
金属
61.3%
23.3%
17.5%
40.9%
0.66%
2.17%
7.2%
10.2%
4.1%
1.8%
容器包装以外 36.88% 76.7%
重量比 赤
4
容器包装リサイクル法 歴史





1995年6月 成立・公布 12月第1段階施行(基本方
針、再商品化計画、指定法人関係)
1996年6月第2段階施行(分別収集計画関係)
1997年4月本格施行(再商品化事業開始)
対象品目:ガラスびん(無色、茶色、その他色)
ペットボトル リサイクル義務を負う企業:大企業
2000年4月完全施行
対象品目:上記に加え紙製容器包装及びプラス
チック製容器包装
リサイクル義務を負う企業:上記に加え中小企業
2005年12月施行後10年経過後の評価検討(予定)
5
容器包装リサイクル法の仕組み





市民:分別して排出
自治体:収集して貯蔵し、引渡し
事業者:再商品化
ただし、指定法人=リサイクル協会に再商
品化を委託をすることが可能
指定法人は、リサイクル業者から入札を受
け付けて、再商品化を実行する。
6
廃棄物処理に付随する問題
7
ごみをめぐる情勢







最終処分地の不足
焼却によるダイオキシン
処理困難物の増加
プラスチック系のごみの問題
容器包装リサイクル法の影響
その他のリサイクル法の影響
ごみ分別の限界
8
ごみ焼却とダイオキシン

ダイオキシン特別措置法によって、平成14
年12月から

排気ガス




新設焼却炉は 0.1ng/立米
既設焼却炉は
1ng/立米
焼却灰・バイジンは 3ng/g
もともと余り大きくなかったリスクが、ほぼゼ
ロになったと見なして良い。
9
母乳中のダイオキシンの濃度
10
益
永
先
生
の
研
究
三井化学が大反発、しかし部分的に認めた
11
単位:日
12
国内の枠組み
13
循環型社会形成促進基本法




平成12年6月2日(金)施行
(1) 喫緊の課題である廃棄物・リサイクル対策
の重要性にかんがみ、環境庁として今後の対策
のあり方について検討を進めてきた。
(2) 平成11年10月4日の与党政策合意におい
て、「平成12年度を「循環型社会元年」と位置づ
け、基本的枠組みとしての法制定を図る」こととさ
れた。
(3) 政府、与党一体となって検討作業が進めら
れた結果、「循環型社会形成推進基本法案」が
取りまとまり、平成12年4月14日の臨時閣議で
決定された。
14
「1Rから3Rへ」

Recycleだけの社会から、
Reduce>Reuse>Recycle社会へ。
廃棄物の?



Reduce:省資源、長寿命化、リペア
Reuse:製品リユース、部品リユース
Recycle:マテリアルリサイクル、サーマル
リサイクル(=高度エネルギー回収)
15
目標
16
目標
17
目標
18
容器包装リサイクル法 改正へ
19
容リ法の処理単価
20
容器包装リサイクル法の改正必要性

その他プラの回収




集めたプラでリサイクル用以外も最終的にはなんらかの
形で熱になっている
ペットボトルが中国の資源ブラックホール化で輸出
しかし、根本的に妙な点が多い。






例:クリーニング屋のポリ袋は? =No
例:レジ袋は? =Yes
例:ダイレクトメールのポリ袋? =No
例:CDのケースは? =No
例:宅急便の袋? =No
発生抑制にあまり効かない


マテリアル優先思想のために処理費が高い
リターナブル化などのインセンティブが無い
自治体がリサイクル貧乏に
21
プラスチックの再商品化

プラスチック原料になる:マテリアル
高炉還元剤
コークス炉の原料
油化
ガス化

焼却は、いくら発電効率が高くてもダメだった




22
容器包装リサイクル法最終案
2006年2月

発生抑制を使用量の報告によって推進






事業者に報告義務
レジ袋対策。
プラスチックの燃料化を認める
汚れの激しいプラは燃焼へ
廃ペットの輸出対策は明瞭には見えない
余剰金が発生すれば、自治体と折半
23
次の改正を睨んで、残る問題点
使用段階での費用負担を決める方
法では限界

把握率を100%にする
自治体の負担である回収費用も分担

製造段階での素材別評価にする

24
LCA的視点
25
地球インパクト評価
LCAの定義
ある製品やサービスの地球インパクト、
すなわち、環境への負荷、資源・エネル
ギーの消費量などによる総合的評価

26
LCAの歴史
27
製品のライフサイクル
28
500mlの飲料容器



ライフサイクルアセスメントによる比較
容器のライフサイクル全体に渡る負荷
環境負荷項目



二酸化炭素、エネルギー消費
SOx、NOx、BOD、COD、水
固形廃棄物
29
二酸化炭素排出量(kg)
0 .0
ペッ トホ ゙ トル
ワンウェイびん
0 .1
0 .2
0 .3
C O 2 (kg)
ワンウェイ未来
リターナブ ル 5
リターナブ ル 5 未来
リターナブ ル 2 0
リターナブ ル 2 0 未来
アル ミ 缶
アル ミ 缶未来
ス チール 缶3 P
ス チール 缶2 P
紙容器
紙容器ハ ゙ イオ
30
SOx、NOx排出量(g)
0.0
0.1
0.2
0.3
0.4
ペットボトル
ワンウェイびん
ワンウェイ未来
リターナブル5
リターナブル5未来
SOx(g)
リターナブル20
NOx(g)
リターナブル20未来
アルミ缶
アルミ缶未来
スチール缶3P
スチール缶2P
紙容器
紙容器バイオ
31
水使用量(kg)
0
2
4
6
8
10
12
ペットボトル
ワンウェイびん
ワンウェイ未来
リターナブル5
リターナブル5未来
水(kg)
リターナブル20
リターナブル20未来
アルミ缶
アルミ缶未来
スチール缶3P
スチール缶2P
紙容器
紙容器バイオ
32
エネルギー消費量 kcal
0
200
400
600
800
1000
ペットボトル
ワンウェイびん
ワンウェイ未来
リターナブル5
リターナブル5未来
エネルギー消費量 kcal
リターナブル20
リターナブル20未来
アルミ缶
アルミ缶未来
スチール缶3P
スチール缶2P
紙容器
紙容器バイオ
33
固形廃棄物量 kg
0.00
0.02
0.04
0.06
0.08
0.10
0.12
ペットボトル
ワンウェイびん
ワンウェイ未来
リターナブル5
固形廃棄物量 kg
リターナブル5未来
リターナブル20
リターナブル20未来
アルミ缶
アルミ缶未来
スチール缶3P
スチール缶2P
紙容器
紙容器バイオ
34
CO2排出量 ステージ別
0
0.05
0.1
0.15
0.2
0.25
0.3
0.35
CO2排出量(kg)
ペットボトル
ワンウェイびん
リターナブル2.5
リターナブル5
リターナブル20
製造
製造輸送
廃棄
廃棄輸送
アルミ缶
スチール缶3P
スチール缶2P
紙容器
紙容器バイオ
35
物質フロー解析
36
ミツカンのワンウェイ化

500ml、900mlのミツカン酢の瓶は
リターナブルだった!
しかし、1.1回しか回っていない
リターナブル瓶は20%以上重い
となると、ゴミも増えている
最低でも3回は回らないと
回収、洗浄の負荷が増える

結局、無色瓶のワンウェイに





37
食酢瓶のLCA
CO2,廃ガラス
38
リターナブル容器の成立条件

複数本の容器が消費サイトに存在する







お酢の場合には、家庭内には1本
業務用は全く異なった容器
可能と思われるもの
歴史的には、ビール、牛乳
あとは、ミネラルウォータぐらいか
ミネラルウォータならPETリターナブル
なによりも、流通業界がイニシャティブを
39
40
二酸化炭素放出量と再生パルプ含有量
CO2 bound and CO2 emission (kg)
4000
バイオマス起源
3000
CO2 from
biomas
2000
化石燃料起源
CO2 from fossil
1000
fuels
0
CO2 bound
固定された二酸
化炭素
-1000
-2000
-3000
0
0
25
25
50
50
DIP content (%)
75
75
100
100%
再生パルプ含有量
Fig.3.13 Relationship between DIP content and CO2 bound・CO2 emission
for a life cycle of woodfree paper (woodfree paper:1,000kg).
41
パルプ質と二酸化炭素放出量比較
バイオマス起源
CO2 bound and CO2 emission (kg)
5000
4000
CO2 from
biomas
3000
化石燃料起源
CO2 from
2000
fossil fuels
1000
0
CO2 bound
固定された二酸
化炭素
-1000
-2000
-3000
-4000
Wood pulp
100%パルプ
(100%)
Bagasse pulp
Kenaf pulp
DIP (25%)
バガス入り
ケナフ入り
再生入り25%
(25%)
(25%)
Fig.3.2 CO2 bound・CO2 emission from biomas and fossil fuels for a life
cycle of woodfree paper containing bagasse pulp, kenaf pulp and DIP of
25%, and hardwood pulp only (woodfree paper:1,000kg).
42
リサイクルのレベル
経済性

1.経済活動として成り立つ


2.単一的な資源・環境負荷の低減






銅、アルミ、貴金属など
環境負荷
低減
紙・ペット、ゼロエミッション
3.総合的な資源・エネルギー消費削減 LCA
4.総合的な環境負荷(廃棄物)の低減 LCA
5.持続性社会実現を指向
6.社会的責任としての循環
EPR
7.国内雇用の創出のための循環
43
廃棄物側の最終形
44
理想的容器包装ゴミ処理システム





兎に角、「出さない」
再利用が良い。
どうしても出すなら、素材は紙を基本に
最終システム
=リターナブルガラス容器+紙包装
長期保存のためのプラスチック、アルミと
紙との複合化は容認する
45
長期保存用の包装の条件

気密性



水の損失がまず問題
酸素の進入が主として問題
ガスバリア性

炭酸飲料の場合には、二酸化炭素の抜け
46
プラスチック、アルミを許容する?

ナフサ用に使用されている石油
47
石油の85%以上は燃料



製造エネルギー分は無駄になるが、プラス
チックだって、燃やしてエネルギー回収を
すれば?
残念ながら、廃プラの燃焼による発電効率
は低い。~10%。
そこで、高炉還元剤としての正当性が主張
されている。
48
様々な廃棄物の分別法
49
ごみ六分別論の仕組み





基本思想:
化学・物理的に合理的な方法
過去の枠組みにとらわれない
できるだけ簡便であり理解しやすい
さらに、自治体の自主性・主体性が活かせ
る柔軟性
50
ご
み
六
分
別
論
51
持続型社会の必須事項
入力側制御、その最終形
52
日本の環境のトレンド
日本モデル
環
境
負
荷
現在
価値
エネルギー消費、 CO2 排出量
1970
価
値
軸
目標
1991
最終処分量
環境汚染, 一般的な負荷
GDPのような経済的な指標
53
各種のプレミアム

ブランドプレミアム


超小型プレミアム


寿命が長く、修理が利くために価値が高い
手作りプレミアム


使い心地に気を配って価値が高い
長寿命プレミアム


超小型にすることで価値が高い
使いここちプレミアム


同じような製品でもメーカーが違うため価値が高い
手作りのために価値が高い
エコプレミアム

製品の環境負荷が低いために価値が高い
54
エコプレミアム商品の条件

(1)価格が高いこと(購入時)

ライフサイクル全体で、価格的なメリットがある
ものも含む

(2)目立つこと、自慢しやすいこと
(3)愛用できること、愛着がわくこと
(4)環境性能が良いこと

ゴミにならないこと!!!


55
製品のエコプレミアム化











実績:個人的なエコプレミアム商品認定
No.000:太陽電池
No.001:エコキュート(ヒートポンプ型給湯器)
No.002:プリウス(ハイブリッド車)
No.003:リアプロジェクションテレビ
No.004:電球型蛍光灯
No.005:Ni-H型充電池
No.???:ガスエンジン型コジェネ
No.???:農業共生型ゴルフ場
No.???:電気自動車カーシェアリング
No.???:再生可能エネルギー型住宅
56
ニッケル水素電池


単三型電池使用のデジカメで10000枚の
写真を標準モードで撮影する
使用電池



(1)オキシライド乾電池 85円/本
(2)アルカリ乾電池
45円/本
(3)ニッケル水素充電池 495円/本
+充電器 2000円
57
2本の単三型電池で何枚撮れる

LUMIX DMC-LS1の場合




オキシライド電池 215枚/2本
アルカリ電池
140枚/2本
ニッケル水素
400枚/2本
コスト比較



オキシライド電池
アルカリ電池
ニッケル水素型充電池


4本買って、交互に充電
8750円
6400円
3980円 電気代60円
ニッケル水素(充電器含む)に10倍(125回使用)の
寿命があるとしたら 400円+60円(電気代)
58
二酸化炭素排出量



乾電池を作るために必要なライフサイクル
エネルギーは、乾電池中の電気エネル
ギーの最低でも100倍と仮定
二酸化炭素排出量の比較
10000枚撮影
○単三型電池を使用
5kg
◎ニッケル水素
1kg
59
固形廃棄物排出量


廃棄物量の比較
オキシライド電池
2.35kg
アルカリ電池
3.75kg
ニッケル水素
0.116kg
しかし、ニッケル水素電池はまだ使える
ニッケル水素
0.008kg程度
60
経済行為と右肩下がり(デカップリング)
幸福度
21世紀型
環境経営
量
的
因
子
利益
売り上げ
売り上げ
ライフサイクル資源・エネルギー
20世紀型
環境経営
投入資源・エネルギー
製品重量
環境排出・無駄な費用
発展段階
61
発展段階とデカップリング
幸福度
物質/エネルギー
4
問題領域
二酸化炭素排出
量
的
因
子
3
破壊的生態系
利用:その1
2
廃棄物や
破壊型生態系利用
その2
自然災害による被害
環境汚染による被害
1
発展段階
62
結論


廃棄物問題も、リサイクル問題も、結局の
ところは、地球の限界と人間活動のバラン
スをどこで取るか。
技術的な解決法は、最大1/2までの寄与
しかない。残りは、価値観でありライフスタ
イル。
63
ダウンロード

リサイクル-容リ法お茶大