情報処理 第13回の教材
プレゼンテーションソフト PowerPoint
高知大学 共通教育
理学部 対象
担当教員 : 塩田
1
PowerPoint とは
 プレゼンテーション・ソフト
パソコン画面 → プロジェクタへ
 様々なオブジェクトが組み込み可能:
画像、アニメーション、音声、
Excel シート etc.
2
画面の説明
 左下の小さなボタン:
• 標準表示
(編集作業用)
• スライド一覧表示 (編集作業用)
• スライドショー
(プレゼン本番用)
の切り替え
3
標準表示での作業
 スライドの選択:
左側のスライド・アウトライン、または
右側のスクロールバー
 通常の編集作業:大きなスライド画面で
 メモ・覚え書き: ノートへ
 デザインや背景などの設定変更:
スライドの上で右クリック → スライドメニュー
4
一覧表示での作業
 スライドの順番の入れ替え
 全体構成の把握
 一覧表示でスライドをダブルクリック
→ そのスライドを編集する標準表示に
5
スライドショー
 Enter キー:

次のスライド、または

アニメーションの次の動作へ
 Esc キー:

編集画面へ
 右クリック:

他のスライドへのジャンプ 他
6
文字の挿入
 [挿入] → [テキストボックス]
→ 文字を入力
 大きさの変更、位置の移動も自在
 WORD や Excel と同様のツールが使える
7
画像挿入の例
 [挿入]
→ [図]
→ [ファイルから]
 挿入したい画像
を選んで [OK]
8
グラフ挿入の例
 Excel を起動
→ グラフの上で
右クリック
→ [コピー]
 PowerPoint へ戻り
→ スライドの上で
右クリック
→ [貼り付け]
9
アニメーションの例
 文字も
 画像も
 効果音も
 [スライドショー]
→ [アニメーションの設定]
10
リンクの例
 アプリケーションやホームページなど
にリンクを張ることも可能
 例:教材のページ
 [挿入]
→ [ハイパーリンク]
→ リンク先を設定
11
プレゼンの基本
 言語中枢は話に
 視覚中枢はスライドに
 スライドはあくまで 「絵」

接続詞、です・ますは避ける

キーワード、体言止め、矢印などで工夫
12
プレゼンの基本(下手なスライドの例)

言語中枢は話に、視覚中枢はスライドに集中させま
しょう。
スライドはあくまで 「絵」として利用します。そのために
は次のような工夫をしましょう。
1.
2.
3.
接続詞の使用はできるだけ避け、矢印で代用し、あとは言葉
で説明します。
です・ますの使用もできるだけ避けます。文章として読んでし
まうと言語中枢を奪われ話を聞いてもらえないからです。体
言止めなどで工夫しましょう。
キーワードを提示して、あとは話を聞かせるというのもひとつ
の手です。
13
今日の課題
 簡単で構わないので、自分でも Power
Point ドキュメントを作ってみましょう。
 できたら塩田までメールに添付して提
出を。
14
ダウンロード

PowerPoint の使い方 L13