情報処理 II 第12回の教材
プレゼンテーションソフト PowerPoint
高知大学理学部
数理情報科学科1回生い組対象
担当:塩田
1
PowerPoint とは
 パソコン画面をプロジェクタに投影して、わか
りやすい発表(プレゼンテーション)を行う為
のアプリケーション
 画像、アニメーション、音声、Excel シートなど
様々なオブジェクトを組み込むことが可能
2
画面の説明
 左下の小さなボタン:
• 標準表示
• スライド一覧表示
• スライドショー
の切り替え
 標準表示、スライド一覧表示:編集作業用
 スライドショー:プレゼン本番用
3
標準表示
 スライドの移動:左側のスライド・アウトライン、
または右側のスクロールバーで
 通常の編集作業:大きなスライド画面で
 メモ・覚え書き:ノートへ
 スライドの上で右クリック
→ スライドメニューが現れる
→ 例えばデザインや背景が変えられる
4
一覧表示
 スライドの順番の入れ替えに便利
 全体構成の把握にも便利
 一覧表示でスライドをダブルクリック
→ そのスライドを編集する標準表示に
5
文字の挿入
 [挿入] → [テキストボックス] → 文
字を入力
 テキストボックスは、大きさの変更、位
置の移動も自在
 WORD や Excel と同様のツールが使える
6
画像挿入の例
 [挿入]
→ [図]
→ [ファイルから]
 挿入したい画像
を選んで [OK]
7
グラフ挿入の例
 Excel を起動
→ グラフの上で
右クリック
3
2.5
2
1.5
1
1.9
0.6
-0.7
2
1.5
1
0.5
0
-0.5
-1
-2
0
-1.5
0.5
-2
2.5-3
2-2.5
1.5-2
1-1.5
0.5-1
0-0.5
→ [コピー]
 PowerPoint へ戻り
→ スライドの上で
右クリック
→ [貼り付け]
8
アニメーションの例
 文字や画像を動かしたり、
効果音を加えたりすること
ができる
 テキストボックスや画像ご
とに設定する
9
今日の課題
 PowerPoint が入っていない人(持込み機)
→ 近くの人のパソコンを見せておう
(今日の課題は成績には入れないので)
 PowerPoint が入っている人
→ このファイルを別名で保存
→ いろんな機能を試してみよう
10
PowerPoint を持っていない人へ
将来、卒論発表などで PowerPoint が必
要になるかも
→ あとから購入すると、バージョンが変
わって不具合が出る可能性あり
→ もし経済的に余裕があれば今のうち
に買っておいた方がいいかな?
11
プレゼンの原則
 言語中枢は話し言葉に集中させ、
 スライドには視覚中枢を使わせよ



接続詞、です・ますは書かない
キーワード、体言止め、矢印などの記号
を多用
スライドはあくまで 「絵」
12
ダウンロード

サンプル L12