看護職者へのメッセージ
~専門職として自律すること~
平成25年4月26日(金)
副院長兼看護部長
多田美智子
本日のキーポイント
1
「自律すること」とは
・個人の自律
・組織の自律
2 看護のジェネラリストとスペ
シャリスト
自律とは①
「自分自身を(よりよく)コントロールすること」
↓
コントロールするためには、よりどころになるもの
が必要
↓
価値観・人生観・看護観・倫理観
自分自身が何を大切に思い、何を実現し
たいか(自己実現)
自律とは②
・自分の頭で考えること
・自分の判断をすること
・内省すること
・他者の意見(価値感)を取り入れること
・知識、技術のレベルアップ
何よりも行動することが重要
私のこだわり
・ベッドサイドに足を運ぶ
・自分が気持ちいいことを患者さんにも
(清潔なピンとしたシーツ、寝巻き。手足の清
潔。ナースコールをなるべく押させない。患者
さんが言う前に行動する。患者さんの言うこと
は基本的に信じる。セルフケアの重視。生活の
リズムや睡眠の重視。等など)
・医師との橋渡し役・患者さんを代弁する
こだわりを実現するために
・個々の患者さんの状態をよく知る。関心を持つ。
・患者さんが自分の状況をどう理解しているのか、
どうなりたいか知る。時には主治医や家族と会い
情報交換する。
・自分本位にならないように確認する。
・専門知識や様々な経験を積む。
・人間的な幅を広げる。
・情報収集以外は、基本的に
自分自身が行う。
組織としての自律
拠りどころ:理念、運営方針
組織は、個々人の行動の積み重ね
個人の精神的な要素(動機・意欲・
向上心)よりどんな行動をとったか
が重要
看護職・医療人である前に
組織人・社会人であること
組織が求める人材とは
「組織理念に沿った適切な行動
(仕事)
ができる人」
A看護師の場合
中堅看護師で向上心があり、認定看護師教育課程を受
験したいとの申し出があった。
その分野では、認定看護師がいないため病院としても
できる限り支援したいが、「院内最初の認定看護師
としては不適格」と判断した。
<理由>
・実務以外の組織活動への貢献度が低い。
・自己中心的な面がある、役割りモデルとしての
後輩・同僚・上司からの信頼が低い。
B看護師の場合
勤務スケジュール内示後、事前に私的な計画を立
てていたので支障があり、友人や家族に迷惑が
かかるので勤務変更を希望する。
一見正当な申し出に聞こえるが、自分の利のみ主
張し、組織の一員という発想がない。
看護の力を信じる
・「看」
手と目を使って対象者を看る。
検査データや医療機器の進歩はめざましいが、
人のぬくもりは伝わらない。
・「人々の暮らし」を見つめる。支える。
テクニックではなく、マインドをどう相手に伝
えるか。原始的な方法
看護とは
「あらゆる年代の個人、家族、集団、
地域社会を対象とし、健康の保持増
進、疾病の予防、健康の回復、苦痛
の緩和を行い、生涯を通してその最
後まで、その人らしく生を全うでき
るように支援すること」
ジェネラリストの育成
・当院の性格上、スペシャリストは必要不可欠
だが、ジェネラリストはもっと必要
・病棟はほとんど混合
・合併症の多い高齢患者が多い
・医師の専門性が高く、患者の全体全身が診れな
い
・救命救急センターを併設している
おまけ①
・医療看護の質は、技術・医療機器・優秀な人材
より「信頼関係」に大きく左右される。
・患者をチームの一員として認め、コミュニケー
ション(双方向性)をとる。
・相互理解のための橋渡し
おまけ②
・癒しの時間:気分転換、ストレス解消の重要性
・自分自身をコントロール(自律)するために
必要なことを考える。
ご静聴ありがとうございました。
ダウンロード

看護管理者へのメッセージ