2030年のエネルギー需給展望 6
ヒートポンプの普及
1 家庭用ヒートポンプ給湯
2 業務用ヒートポンプ給湯
燃料電池・分散型エネルギーの普及
1 定置式燃料電池
①家庭用燃料電池
②業務用燃料電池
2 コージェネレーション
3 燃料電池自動車
コージェネの方式
①ガスタービン
②ディーゼルエンジン
③ガスエンジン
普及見通し
2030年度時点で、約2,950万kW。
定置式燃料電池の燃料
①天然ガス
②LPガス、灯油等石油
③副生水素(石化工場等)
④電気分解水素
自然エネルギー・原子力等
普及見通し
2030年度時点で、約1,250万kW。
(但し、コージェネの内数)
燃料電池自動車の燃料
①化石燃料
天然ガス・LPG・石油等
②副生水素(石化工場等)
③電気分解水素
自然エネルギー・原子力等
普及見通し
2030年度時点で、約1,500万台。
ダウンロード

PowerPoint プレゼンテーション