新しい情報化社会
情報社会論 最終章
新しい情報化社会の条件
A.情報・自由を抑圧する社会はダメ(第1章)
B.需要は生み出さなければならない(第1章)
C.「理想のために我慢する」のは続かない(第1章)
D.需要を生み出すために「必要から、文化からの自由」を
失ったことの弊害を取り除く(第2章)
E.資源の大量取得・大量消費・大量生産・大量破棄、それ
を支える南の貧困・北の貧困の構造は変える(第3章)。
F.間接化・不可視化による問題解決の先送りの構造を起
きないようにする(第3章)
トップランナー:建築家
手塚夫妻
• 一番最後 Future
• 「次の代で立て直さないで住む」 100年暮らせる
家(+ロンドンでの貧乏生活)
資源の使用を減らせる!!
今の日本の木造建築
持って30年
需要問題
• 3倍長持ち
• 需要は1/3になっちゃう!
情報化社会の定義 3つのポイン
トを思い出そう
資源に相関しないで需要を創造
• 2DKよりも4LDKを売った方が儲かる
• 資源に比例して需要が生まれる
長持ちする
資源以外の部分
情報で需要を創造
手塚夫妻の家
• 高そう…
とっても重要
病院・空港
設計(情報)
で需要を生
み出す。
多くの人々に役立つアイディア
個人住宅
それぞれの家庭にあった
3倍長持ち
資源あたりの需要
1/3
アイディア
高いけど3倍長持ち
• 需要も落ちずに、資源は1/3
• 新たな金融商品という需要
• 銀行が金貸しからバンカー(銀行家)にな
る必要。
• 担保のある人(金持ち)に貸す
• →返せる人に貸す(見極める力)
• 本当は銀行、とっても重要な役目
物質-エネルギーと情報
• 生物誕生以前:物質-エネルギーの法則
が秩序を担っていた。 法則:例外なし。普
遍的。どこでも、誰でも同じ。
• 炭素が酸素と結びついてできるエネル
ギーの量、アメリカでも日本でも同じ。
• 生物以降:遺伝情報が誕生
• 人類の誕生:遺伝情報以外の情報を作成
– ルール・慣習・制度・マナー・法律
ポワチエさんの宇宙服こそ
“情報化社会”
• デザイン勝負
• 確かに小型・軽量・ユビキタスでは勝てな
い
• しかし、長時間宇宙空間 コンタクト直した
い。 おやつ食べたい。 自分のノートパソ
コン持ち込みたい(現場ではきっと会社に
はナイショのソフトウェアを使うこともあるだ
ろう)
情報化社会
• 情報:周りの社会環境で価値違う!
アイディア次第で、資源の量が少なくても、価
値生み出せる。
・優れた環境にいる人々が価値を生み出せるとは
限らない。社会環境によって、よいシステム異な
るから!~私たちの社会環境にとってよいシステ
ムなら、私たちが勝てるかも…
・「超二流」
現実の例を考えながら
• 3つのポイント、現実の例を考えながら、講
義を聴いてください。
• それをどんどん、ノートにとってください。
• 概念や命題が二つ以上出てきたら、その
関連性をノートに書きとめてください。
• 後から、思いついたら書き足せるように、
スペースを空けてノートを取ります。
情報の機能
• 情報の3つの機能
• 生物以降:遺伝情報が誕生
• 人類の誕生:遺伝情報以外の情報を作成
– ルール・慣習・制度・マナー・法律
認知・評価・行動(創造)
情報(デザイン)は生活を作る
•
•
•
•
•
•
•
認知だけが情報の機能ではない。
手塚夫妻の家→生活(文化)を提案。
情報の技術だけではない
フィロソフィーだけでもない
情報がどんな世の中(文化)を作るのか
それを考えることができるカリキュラム
情報文化学部
手塚さんたちはどうして
あそこまで
• 他人の頭を使う(意見を聞く・温故知新・留
学…もちろん文献も)
• 理想のため? 社会のため?
続かない..なぜ続いているのか?
楽しそう!
• 楽しんで仕事しているから
• 抑圧でもなく、自由を制限せずに
• 仕事の楽しさで資源収奪・大量破棄しな
い!
楽しいときの3つの条件
そろそろ宿題しようかな…
1.自分から進んでやっていること
「テレビばっかり見てないで
勉強しなさい!」
ガックリ…
2.自分で工夫できる
難しすぎる:緊張
簡単すぎる:退屈
3.自分で工夫した結果が
わかること
サッカー:戦略を工夫し
た。練習方法を工夫した
試合で、発揮できた!
楽しみの社会学 : 不安と倦怠を越えて / M.チクセントミハイ著
今村浩明訳 思索社 , 1979.5
大学と(専門)学校の違い
専門学校
誰かの作った知識や技術を覚える。
情報の消費者
大学:
まだ誰も分からない
情報の生産者
“自分の問い ”を解明する
あなたが解決したいこと:他にも役立つ人々がいます
ダウンロード

講義資料