3群以上の場合,t-検定か多重比較
検定か?
片側か両側検定かどちらを選ぶ?
◎報告書に記載してください
小林克己/NITE
前川勉強会後のトピックス
2010-1-29
1
毒性試験は,対照群を含めて
通常3群以上
1. 2群間検定
Studentのt-検定など,Mann-WhitneyのU
検定(ノンパラメトリック検定の代表)
20年前は,多く使用された.
2. 多重比較検定
Dunnettの多重比較検定,Steelの検定(ノ
ンパラメトリック検定)
現在は,主流である.
2
両側検定と片側検定
低値
対照群に対して高値に5%
高値
低値
高値
対照群に対して低値に2.5%+高値に2.5%
3
両側検定と片側検定による
有意差検出の差
測定項目
検定回数
体 重
飼料摂取量
血液学検査
生化学検査
尿検査
器官重量
器官重量比
合計
528
832
352
576
64
224
224
2800
Dunnettの検定
片側検定
両側検定
223
212
235
189
123
105
215
181
7
5
47
42
82
67
932 (100)
801(86)
4
Studentのt-検定とDunnettの検定によ
る有意差検出の差
測定項目
検定回数
体 重
飼料摂取量
血液学検査
生化学検査
尿検査
器官重量
器官重量比
合計
528
832
352
576
64
224
224
2800
両側検定
t-検定
Dunnettの検定
233
212
279
189
126
105
235
181
10
5
61
42
89
67
5
1033 (100)
801(78)
化審法28日間反復投与毒性試験の
使用状況は?
データ
定量値
定性値
片側検定 両側検定 記述なし
22
34
13
22
97
70
計
122
126
米国NTP報告書は,全て片側検定を使用している.
日本では,両側検定が極めて多い.
6
まとめ
多重性と両側・片側検定
1. 多重性
• 4群設定をt-検定で解析すると
• 3回の検定となる.α=0.14となる.有意差が検出
されやすい.
1  (1  0.05)  (1  0.05)  (1  0.05)  0.1426
2.
•
•
•
•
•
両側検定片側検定どちらを採用する?
食パンは小さいか?
→大きければ問題なし/片側
バリアの温度調節
→設定温度より高い/低いに問題あり/両側検定
毒性試験は,片側検定を使用したい
7
ダウンロード

3群以上の場合,t-検定か多重比較検定か?