メンタルヘルスの環境改善
建設業の働く人の心の健康
と環境改善方法
○○建設業協会・研修
講師:手島 伸夫
60枚から選んだサンプル見本
です。詳細はご連絡ください。
1
仕事のストレス判定図(例)
職場のストレス因子が浮かびます
11
11
10
10
9
同僚の支援
仕事のコントロール
全国平均
8
7
9
8
6
7
5
6
4
5
6
7
8
9
10
仕事の量的負担
量的問題よりもコントロール
の問題(やらされ感)
11
12
5
4
5
6
7
8
9
10
上司の支援
上司の支援はあるが
同僚の協力がない(孤立感)
2
NIOSH職業性ストレスモデルと
メンタルヘルスケア対策
個人要因
ストレ
ス反
応
仕事の
ストレス
要因
実態調査
仕事外
作業管理
の要因
作業環境管理
人間関係管理 家族への働き
かけ
教育研修
社会的
支援
(緩衝要因)
検診・診療
健康相談
カウンセリング
認知行動療法
様々な
疾病
疾病管理
復職支援
管理職研修
メンタルヘルスケアの知識
積極的傾聴法
リーダーシップ研修
1次予防
2次予防
3次予防
3
自殺者数の年度推移
12年連続 3万人を超す!
40000
総数
35000
男性
女性
30000
25000
20000
15000
10000
5000
0
H6
H7
H8
H9
H10
H11
H12
H13
H14
H15
H16
H17
H18
H19
H20
H21
医師の面接指導制度の創設
☆面接指導の対象者となる労働者の要件
高リスク
高リスク労働者(義務付け)

第66条の8
第1項関係
時間外労働が月100時間以上を超え
疲労の蓄積が認められる労働者
(本人の申し出が必要)
100
時間
-----------------------
第66条の9
リスクのある労働者(努力義務)
80
時間



疲労の蓄積が認められる労働者
健康に不安を持つ労働者
事業所で定めた基準に該当する労働者
5
厚労省・新「メンタルヘルスケア指針」
(労働者の心の健康の保持増進のための指針)

1.
2.
3.
4.
5.
6.
7.
新指針の概要 (平成18年4月)
メンタルヘルスケアの基本的考え方
衛生委員会における調査 ※
「心の健康づくり計画」
4つのメンタルヘルスケアの推進 ※
メンタルヘルスケアの具体的進め方 ※
メンタルヘルスケアに関する個人情報保護 ※
小規模事業所での取り組みの留意事項 ※
※ が新しい特徴
6
4つのメンタルヘルスケアの推進
心の病の健康づくり計画

1.セルフケア
労働者による



2.ラインによる
ケア
管理監督者
による



3.事業内産業ス
タッフによるケア
4.事業外資源
によるケア

産業医
衛生管理者等



事業外の機関
専門家


ストレスへの気づき
ストレスへの対処
自発的な健康相談
職場環境の改善
個別の相談対応
職場復帰への支援
労働者への教育研修
職場環境への改善
企画立案
ネットワークの形成
直接サービスの提供
支援サービスの提供
ネットワークへの参加
7
1.セルフケア
ストレス・コーピング (ストレスとうまくつきあう)
1.
ストレスへの気づき


2.
自己チェック (ストレス簡易調査表)
対人交流パターンや性格を知る(交流分析)
ストレスへの対処
健康的な生活習慣

日常のストレス発散

ストレス耐性の強化

認知の歪みに気づく

自発的な健康相談(話す・聴く)
⇒管理監督者にとってもセルフケアは重要

8
2.ラインによるケア
1. 職場環境等の問題点の把握と改善
2. 「いつもと違う」部下の把握






遅刻、早退、欠勤が増える。無断欠勤
残業、休日出勤が不釣合いに増える
仕事の能率が悪くなる。
職場での会話がなくなる(またはその逆)
表情に活気がなく、動作にも元気がない(またはその逆)
衣服が乱れたり、不潔であったりする
3. 部下からの相談への対応


長時間労働等の過労状態にある部下
強度の心理的負担を経験した部下
4. メンタルヘルス不調の部下の職場復帰支援
9
うつ病 (1)
○職場で最も問題になることが多い
○うつ状態を示す病気
○「死にたいと思う気持ち」を伴いやすい
○職場環境の改善、
うつ病の早期発見、治療
※ うつ病も「仮面うつ」「躁うつ」「産後うつ」
「神経性抑うつ」といろいろあります
10
うつ病 (4)
○原因はよくわかっていないが、職場のス
トレスが発症の背景となった事例は多い
○「命のエネルギー」の欠乏状態
○治療法は
◆休養する
◆抗うつ薬をのむ
◆3か月程度は職場から 離れる
1
安心して
11
うつ病 (5) 自分が気づく変化







悩み事や心配が頭から離れない
考えが、堂々めぐりして決断できない
寝つきが悪く、途中や朝早く目覚める
仕事への意欲や集中力が低下する
気分が落ち込み楽しくない
今まで興味のあったことも関心が無い
能力が無いので仕事を辞めたいと思う
1
12
メンタルヘルスの基礎知識
セルフケアのための技法体験
(自律訓練法ほか)
呼吸法

呼吸を感じる


腹式呼吸



緊張時-浅い呼吸 ⇔ リラックス時-深い呼吸
まずゆっくりと、息を吐き出します
次に、ゆっくりと鼻から吸い込みます
イメージ呼吸法


目を閉じて一番リラックスできる場所をイメージします
そのイメージとともに息を吸い込み、ゆっくり吐きます
(できれば腹式呼吸で行います)
14
重要なのは管理者の
朝の一声「誉め言葉」





おはよう!
↓
君を大切に
昨夜の飲み会楽しかった?
思っている
よ!
サッカー勝ったね!
お子さんのお熱下がったかね?
だけど今は
↓
仕事の問題
ところで昨日の現場書類だけど・・・ だよ!
15
管理者による
いつもと違う部下の把握(1)






遅刻、早退、欠勤が増える
休みの連絡が無い
残業、休日出勤が不釣合いに増える
仕事の能率が悪くなり思考判断力が低下
業務の結果がなかなかでてこない
報告、相談、職場での会話がなくなる
(またはその逆)
(次頁へ)
16
ダウンロード

メンタルヘルス - Hi-HO