中小企業魅力発見事業
事業目的
卒業年次前の県内大学生等に対し、県内中小企業における効果的な企業体験を実施し、中小企業への就職を視野に入れた幅広い職業
観の育成を図る。
また、若年者の人材不足感等の問題意識を有している県内中小企業に対し、企業体験の受入を通して、若年人材に関する課題発見や
解決を支援していくことで、雇用のミスマッチを解消し、若年者の雇用情勢の改善を図る。
事業内容
○ 主に卒業年次前の県内大学生・短大生・専門学校生に対し、
県内中小企業で働く魅力を発見するための事前事後研修の実施。
○ 県内中小企業での企業体験の実施。
○ 受入企業に対し、若年人材に関する課題発見と解決を支援する
ためのコンサルティングの実施。
○ コンサルティング結果の受入企業に対するフィードバック。
○ 企業体験を通じた学生の意識変化、若年人材に関する企業の課
題発見や解決等をテーマにしたシンポジウムの開催。
事業イメージ
県内大学生
(主に2年生)
雇用政策課
企画コンペ
・企業体験参加者
100人
・
募集 ング
チ
マッ
企
業
体
験
受託業者
・コーディネーター
3人
・コンサルタント
延べ360人日
開拓・支援
県内中小企業等
・企業体験生受入企業60社
期待される効果
○ 県内大学生等が県内中小企業での企業体験を通じて、働くことの本質や中小企業で働く魅力を知ることで、視野
が拡大され、公務員志向、大手志向を改善し、自ら積極的に中小企業も含めた就業機会の選択を行っていくことで、
若年者の就職促進に繋がることが期待される。
○ 若年者の人材不足感等の問題意識を有する県内中小企業が、企業体験の受入を通して、自社の持つ課題を明確に
することで、採用活動の変化、職場環境の改善、若手従業員の育成など、企業体質の強化が期待される。
○ 学生、企業の変化による人材確保と体質強化により、将来的な県内産業の振興、雇用拡大が期待される。
ダウンロード

chusyomiryoku pontie(PPT:65KB)