高知県下水道地震・津波対策検討委員会の役割と
下水道地震・津波対策ガイドライン
資料2
基 本 方 針
○目的
東日本大震災の事例や新たな知見に基づいて、県内の下水道施設における地震・津波対策を推進するため、各下水道施設で何が最優先される対策か、被害を受
けた下水道のサービスをどう回復するのかなど、地域の実情に応じた社会システムとしての※「下水道が有すべき機能」が確保されるよう地震・津波対策の道筋を示
す。
※下水道が有すべき機能;①人命を守る ②トイレの使用の確保 ③公衆衛生の保全 ④浸水の防除
⑤応急対策活動の確保 (下水道地震・津波技術検討委員会提言 H24.3 国土交通省)
○対象とする地震・津波
対象とする地震・津波は基本的に「最大クラスの地震・津波」とするが、必要に応じて「頻度の高い地震・津波」
の検討も行うこととする。
「最大クラスの地震・津波」;平成24年12月10日に高知県が公表した、南海トラフ巨大地震とする。
「頻度の高い地震・津波 」;平成24年12月10日に高知県が想定した、安政南海地震クラスとする。
最大クラスの地震・津波
○対象施設
①下水処理場
②ポンプ場(雨水・汚水)
頻度の高い地震・津波
③管路施設(地震に対しては、「耐震上重要な幹線等」と「その他の幹線」で検討し、津波に対しては処理区域内から発生する汚水量について検討する)
高知県下水道地震・津波対策検討
委員会の役割
現状把握・被害想定(下水道管理者の職員が実施)
○現状把握 ○被害想定(勉強会の実施)
地震・津波
対策の
現状把握と
管理体制等
○現状把握
・アンケー
ト調査に基
づき対策状
況や職員数、
緊急時対応
等を整理。
地震被害想定(簡易想定)
・処理場、ポンプ場(基本機能の確保の有無、被害額等)
・管路(被害延長、被害率、被害額等)
津波被害想定(簡易想定)
・処理場、ポンプ場(基本機能の
確保の有無、被害額等)
・処理区域(被災後における処理
区域内の汚水発生量)
○津波シミュレーション
国の地震・津波
対策指針
・国の指針、提言等に
基づいて地震・津波
対策の方向性を整
理
下水道管理者の役割
津波被害想定(詳細想定)
・処理場(津波シミュレーションによる
詳細な浸水深、波力、漂流物等を用いた
被害の想定)
○定期的な見直し
・地震・津波対策の
進捗状況を定期的
(5年毎)にモニタリ
ングし、被害想定を
見直すことで、必要
高知県下水道地震・津波対策ガイドライン
に応じて段階的な
下水道管理者が地震・津波対策の計画や整備を行う際に重要となる着眼点や留意点を整理のうえに、整備メニュー
やコスト等を踏まえた『下水道地震・津波対策ガイドライン』により、市町村の取組の促進を図る。
防災対策
(ハード)
『下水道地震・津波
対策計画』、『下水道
BCP』の策定が可能。
・・・下水道の有すべき機能を確保するため、処理区、排水区の特性(地域特性)を踏まえた上で、防災対策を基本
としつつも、代替機能の確保なども考慮し、優先的に取り組むべき対策について方針を示す。
減災対策
・・・BCPについても全ての項目を一度に策定するのではなく、現状の減災対策状況を踏まえ優先的に取り組むべき
(ソフト)
内容を抽出し、段階的に策定していくための方針を示す。
○地震・津波対策
・自治体が施設の防災対策(ハード)を実施するにあたり、必要となる対策メニューを示すとともに、対策の概算費用を例示する。
○津波シミュレーションによる津波対策
・詳細な浸水深、波力、漂流物の有無に基づく、津波対策メニューを示すとともに、概算工事費を算出する。
○下水道BCP
・優先して実施すべき事項として挙げられた減災対策の実施に向け、着眼点や留意点等、具体的な事例を示す。
下水道管理者の役割(県・市町村)
○○市、○○町、○○村
『下水道地震・津波対策計画』の策定
『下水道BCP』の策定
下水道施設の
地震・津波対策を実施
下水道の最低限の機能確保
(①人命を守る、②トイレの使用の確保、③公
衆衛生の保全、④浸水の防除、⑤応急対策
活動の確保)
ダウンロード

(資料2)委員会の役割とガイドライン