シリーズ:著者の回答
050619版
質問-057 ( 050121 Ksp社 TSセンター :U.K 様 ) ゲストブック訪問者 様
國井講師へ。
050111~050112、川崎人材研修センターでの「設計FMEA/FTA実践 TSC特別講座」を開
催いただきまして、誠にありがとうございます。
正直言って疲れましたが、それは國井講師が寝させてくれる暇もなく、興味ある題材を次
から次へとご提供されたからです。
ありがとうございました。
さて、質問です。
職場に帰ったものの、テキストを読み返し、実習中を思い浮かべましたが、今一つ、設計
FMEAに入っていけません。何か良い方法はないでしょうか?
毎度、國井講師にお出でいただくのも気が引けますし。
一方、國井講師が言われますように、弊社では、かつては、QC活動が盛んだったため、
「魚の骨」に似ているFTAは、割とすんなり作成ができました。
アドバイスをお願いします。
Copy right(C) 2005
次ページに続く
國井 良昌 & Active Design Office All rights reserved.
1
シリーズ:著者の回答
回答 – 057
お褒めの言葉に感謝いたします。恐縮いたします。
眠気覚ましの講義であれば幸いで、少なくとも「癒し系」の講習会には、ならぬよう心が
けています。(笑)
さて、回答に入りましょう。
各企業様で、FMEAの職場実践に苦労しているようです。 先日も申し上げましたが、
・次の開発から、
・ 次の研究課題から
・ 次の保守課題から、
という具合に、
「いきなりFMEA実践」に入る前に、先月の、昨年の、過去トラブル、不良品発生、 設計
変更、試作トラブルシート・・・などなど、代表的なトラブル事例を数件ピックアップしてみ
てください。
次に、
次ページに続く
Copy right(C) 2005
國井 良昌 & Active Design Office All rights reserved.
050619版
2
シリーズ:著者の回答
次に、それらのテーマで設計FMEA表を作成します。
過去のトラブル故に、トラブルの原因は分かっている訳で、どのようにすれば、「事前に
ピックアップ」できたかを、ここで初めて、シミュレーションしてみてください。
これは、S社様から頂いた「ノウハウ」と「コツ」で、とてもスムースに職場実践できたとの
報告をいただいております。
また、重複するお願いですが、FMEA/FTAのフォーマット(表)も数多くの「方言」が誕生
しています。あまりに、複雑化すると若手の技術者が逃げていきます。根付きや職場定
着のコツは「単純化」です。
本ホームページにてダウンロードできるシンプル・バージョンのフォーマットを、是非、お
使いください。 (フリー ソフトです)
では、ご検討を祈ります。
以上
Copy right(C) 2005
國井 良昌 & Active Design Office All rights reserved.
050619版
3
ダウンロード

FMEA導入のコツ