インターネットを利用した
数学自習用教材の開発
指導教員
梶原 寿了
卒業研究生 西本 健
内田 祐介
目的

調べた結果、様々な高校(普通高校、工
業高校、商業高校等)から進学してきた
人たちでは、数学の理解力に大きな差
が生じてしまっている。そこで、その
差を無くすことを目的とした、イン
ターネットを利用した数学自習用教材
のプログラムを作成する。
インターネットを利用したときの利点




・いつでも利用可能である
・インターネット環境の充実
・データベースの管理が用意である
・自主的に取り組める
Javaを使用することの利点




・インターネット向きである
・比較的簡単に修得できる
・安全性も配慮されている
・オブジェクト指向である
Javaの特徴






Javaの主な特徴
・マルチプラットフォーム
・Java仮想マシン(JVM)
・簡素性
・分散オブジェクトとネットワーク
・堅牢性とセキュリティ
フローチャート
第六章 フローチャート
start
問題の選択
問題数値の選択
コンピュータ内で答えを算出(A)
ディスプレイに問題を表示
ユーザーが答えを入力しそれを
コンピューターが認知(B)
A=B
YES
ディスプレイに
正解を表示する
END
NO
不正解
プログラムについて
実行したプログラムは以下のようになる
入力した値が正解の場合

このように正解という文字が表示され
る
入力した値が不正解の場合

このように不正解という文字が表示さ
れる
プログラムについての結果

数学基礎演習B,Cの教材内容に則した演
習問題をコンピュータ画面上に自動生
成させ、各自が異なる問題を解き、即
座に正誤判定が行える教材を作ること
ができた。
ダウンロード

インターネットを利用した 数学自習用教材の開発