RFIDによる薬の管理・服薬補助
法政大学情報科学部
コンピュータ科学科
06k0039
山本ゆい
概要
• 薬の管理
▫ RFIDタグに服薬している薬の情報を保存
• 服薬補助
▫ 区分にあった薬の用量を指示
▫ 飲み忘れ防止用アラーム
• 体温データの管理
▫ データをグラフで管理
構造
薬情報データベース
• IDに対応した薬の名前、用法、用量が登録され
ている
用法
いつ
食後か否か
用量
番号
薬の名前
000001
アダラート
CR20mg
朝・夕
1
3錠
000002
テノーミン
朝・昼・夕
1
2錠
000003
ブロプレス
朝・昼・夕
1
1錠
・・・
・・・
0→食前
1→食後
画像
START
薬情報取得プログラム
• ID番号とDB上の番号が一致した
ものの薬情報を取得する。
RFIDタグからIDの
取得
IDにスペース「,」
が入っている
Ex. ID=000001 の場合
一
致
薬の
名前=アダラートCR20mg
いつ=朝・夕
食後=1
用量=3
画像=
YES
[,]でトークン
を分割
NO
薬情報DBに
接続
IDに合う薬の「行」
を取得
この情報を使って今後処理を行っていく
フローチャート
指示プログラム
• フローチャート
• 表示例
・アダラート
を
3錠
・テノーミン
を 2錠
・プロプレス
を
1錠
飲んでください。
フローチャート
アラームプログラム
ワーキングメモリ
例
起床から2時間経過
薬を飲んだというデータがない
外出記録がある
帰宅記録がない
ルールベース
例
rule “breakfast01”
if 起床時間から2時間経過
薬を飲んだデータがない
then 朝食後の薬を飲んでいない=アラーム
rule “breakfast02”
if 起床時間から2時間経過
外出記録がある
then 外出しているのでアラームは必要ない
体温データの管理
• 体温を無線通信で受信
• データをグラフにして管理
START
無線で体温データ受
信
グラフにして管理
今後の予定
• 8月上旬まで 指示プログラムまでの実装
• 8月中に
アラームプログラムの実装
• 9月
改良を加えていく
ダウンロード

06k0039 山本