12月度座談会
檀越某御返事
**地区
背景と大意
弘安元年
57歳 在・身延
対告衆 鎌倉の門下宛(不明)
大聖人の流罪が企てられる
難に会うことが境涯を開くと教示
現実社会での実践が仏法となる
現実を離れて仏法はない
御みやづかい
宮仕えを
法華経と思え
職場での勝利が
境涯革命の修行
信心根本の行動は全てが
境涯革命の仏道修行となる
職場で勝利
社会で勝利
仏法正義の証明
我が境涯を拓け
一切世間の治世産業
天台の法華玄義の文
⇒ 仏法即社会・信心即生活
信心
即生活
現実生活を離れて
仏法勝利はない
仏法
即社会
社会の営みは妙法を
離れたものではない
指導から
 信心は「現実」を勝つためにある
 仕事を法華経の修行と思って取り組め
 「現実」を理想的なものに変革していく
 仕事を最大に充実させる原動力が信心
 いかなる困難にも挑戦し勝利する信心
本年の戦いに完全勝利し
明年「青年学会勝利の年」へ
ダウンロード

平成24年12月 壇越某御返事