情報処理の概念
#0 概説・目的・要旨 / 2002 (春)
一般教育研究センター 安田豊
問題提起
• 情報処理技術の普及
– 情報処理技術の様々な応用、すなわちコンピュー
タやネットワークの利用が進んだ。
– 応用分野が広がり、直接・間接の利用者が増え、
利用機会も増えた。
– その結果、従来的な科学計算や統計処理分野やそ
の直接の応用分野だけでなく、多方面に影響が。
– 企業活動や個人生活、法制度までに変化を。
• テーマ
– この現代にあって、我々はコンピュータや情報処
理の何を理解するべきか?
理解すべき対象は何か?
• ある時期、コンピュータとプログラミングは
ほぼ同義だった。
– コンピュータを扱うと言うことはプログラミング
することであり、コンピュータを理解することと
プログラミングを理解することは不可分の関係に
あった。
• 現在の一般的な利用者にとって、プログラミ
ングは決して妥当な理解への入り口ではない。
– コンピュータを効果的に利用することや優れたシ
ステムの設計が行えることとプログラマとして有
能であることとの直接の相関は薄れている。
• プログラムの理解だけでは不十分。
理解すべき対象は何か?
• プログラムは直接的な指示書に過ぎない。で
は原理を理解することではどうか?
– 現在の一般的なコンピュータは、原理的にはその
振舞が数学的なモデルによって定義できる存在で
ある。
– しかしそれだけでは現在の社会的な変化を説明す
ることはできない。
• 恐らく不可能ではないが距離的に遠すぎる説明となって
しまう。巨大企業の倒産理由を経営者のDNA配列から説
明しようとすることは可能と言えるか?不可能でなくと
も妥当ではないことは多い。
• 動作原理の理解だけでもまた不十分。
理解すべき対象は何か?
• では技術か?
– コンピュータやネットワークを構成する要
素技術の詳細を工学的に理解したとしても、
同様に説明として遠いものになることは多
い。
• 技術だけでは「なぜそれが必要になり、開発さ
れ、受け入れられたのか」は多くの場合説明で
きない。
• 構造を理解するだけでも不十分。
理解すべき対象は何か?
• 現在の我々の周囲にある情報処理のすがたを
把握し、理解したい。
– その技術を理解するだけでも、数学的な定義を理
解するだけでも足りない。
– 応用の結末や結果的な社会的影響、例えば特定企
業の経営的成功だけを眺めてみても、未来を創造
する助けにならない。
• それらすべての事物を広範囲に見つめ、理解
することが重要。
– 常に視点の位置を確認しながら、「いま」の「情
報処理のすがた」を把握したい。
目的
• 本講義の題材はコンピュータの動作原理から
社会的な問題まで幅広く採る。
– デジタル化の原理、コンピュータの構造、歴史、
ソフトウェアの意味、データ通信の仕組み、ネッ
トワーク企業、知的財産ビジネス、電子出版、
オープンソース活動、法律問題
• それらの事象の理解を通して、情報処理の現
在のすがたを俯瞰することを目的とする。
– 多くのものを見て、バランスの取れた視点を獲得
する(つまり自分の視点を再調整する)
期限付きの理解という考え方
• 題材の多くは期限付きの価値を含む
– 本講義で扱う対象は一過性のものが多く、再現性
なく、時間と共に評価も変わるものすらある。
– 事実を点として理解しても意味がない。時間の流
れの中での一つの事象として理解する。
– 新しい技術や価値観、事象が発生しても揺るがな
い、自己の視点(立脚点)を獲得すること。
– 世界で最も変化の激しい分野の一つであるが、僅
かの期間で自己視点の検証ができる分野もまた少
ない。
– 受講というチャンスを活かして欲しい。(受講の
価値を見いだすのは自分自身)
表現する価値
• レポートを課す
– 自己の思考を表現する重要性を理解して欲しい
• 今後10年は、今までの10年より「自分の言葉」を求めら
れる機会が圧倒的に増える。
• 「正しい答」より「表現できるだけの理解と能力」
– 答はすぐ変わる、無価値になる、評価が逆転する
– 過去の視点を自己評価する道具としても有用
• 提出結果は公開する
– 丸写し提出に対する効果を試したい
• デジタル世界で複製作業に価値はない(誰でもできる)
• 自分の言葉をもつ独立した個人こそ評価したい
講義資料など
• 可能な限りネットワーク上に置く
– 随時参照されたし
http://www.kyoto-su.ac.jp/~yasuda/index-j.html
• 講義に関する連絡は主としてここで行う
• コメントや質問などフィードバックも可
– 連絡先
[email protected]
ダウンロード

情報処理の概念 #1 概説・目的・要旨 / 2002 (春)