2014年2月21日Ver
施工での地球温暖化への取組み
温暖化対策部会
地球温暖化とは
地球の直径:約7,000km
大気厚さ:約80km
温室効果ガスは地球の安定した
気候に重要な役割を果たしてい
るが・・・
温室効果ガスの重要性
温室効果ガス
主な発生源
二酸化炭素
燃料の燃焼 等
メタン
農業、工業プロセス 等
一酸化二窒素
農業、燃料の燃焼 等
フロン類
半導体製造、精密機器洗浄 等
平均気温
地球: 14℃
火星: -50℃
金星: 200~500℃
世界平均気温の推移
(約4倍)
出展:IPCC第4次報告書
世界のCO2濃度の推移
2011年は391ppm
出典:IPCC第4次報告書、IPCC第5次報告書サマリー
世界の平均気温・海面水位の上昇予測
このまま「高度成長・化石燃料依存型」の社会が続けば
2100年に 気温上昇:0.3~4.8℃
海面上昇:26~82cm
自然災害増大、食糧危機
飲料水不足、健康被害
気温上昇:max 4.8℃
海面上昇:
max 82cm
℃
出典:IPCC第4次報告書、IPCC第5次報告書サマリー
気温上昇による影響
温度上昇はどこまで許容されるか
1
上昇温度(℃)
2
3
4
5
水不足
水
4-17億人
生態系
サンゴ白化
の増加
食料
11-32億人
10-20億人
大半のサンゴ
が白化
広範囲のサンゴ
絶滅
低緯度地域
いくつかの穀物で生産量減少
全てで減少
洪水に直面する人口
沿岸域
健康
~300万人
感染症媒介生物の分布拡大
IPCC第4次報告より編集
200~1500万人
保険サービスへの重大な負担
危険ゾーン
CO2濃度上昇の背景
人為的排出量
年 7.2Gt/年(濃度 2ppm/年上昇)
2℃の温度上昇の場合
450ppm程度
現在(2010)
自然の濃度
早期に
排出量を半減!
389ppm
工業化
280ppm
大気中の二酸化炭素
自然の吸収量
年 3.1Gt/年
Gt=10億トン(炭素換算)
(IPCC『第4次評価報告書』より)
低炭素社会への取組み
■世界の危機認識
気温上昇は2℃を超えるべきでない
*2009年12月
COP15(コペンハーゲン合意)
■長期目標:
世界全体で2050年までに現状比50%削減
■中期目標案(2020年までの削減率)
•
•
•
•
EU:
英国:
米国:
日本:
20~30%削減(90年比)
17%削減(05年比) ・韓国:4%削減(05年比)
・中国:
5%削減(05年比)
GDPあたりの排出量40~45%削減
(05年比20年まで)
3.8%削減(05年比)
・インド:
GDPあたりの排出量20~25%削減
(05年比20年まで)
必要な削減水準
自然体だと2倍 15Gt
現状7.2Gt
半減3.6Gt
半減目標達成のために
は先進国は50%を大幅
に上回る削減が必要
国別一人当たりCO2排出量(2010)
出典:IEA2012報告
各国の排出量と京都議定書(2010)
京都議定書で
削減義務を負う国
の排出量割合は
(削減義務対象国)
3.5%
世界の23.6%
第2約束期間
(2013-2018)
義務国はEU、豪州等
全体の13%に低下
*日本、ロシアは離脱
出典:IEA2012報告
建設業界の取り組み経緯
1996年:経団連、産業界の環境自主行動計画公表
1998年:業界目標として排出原単位削減目標を設定
【2010年度までに1990年度比 12%削減】
2010年:目標値の見直し(環境自主行動計画第4版 改訂版)
【2012年度までに1990年度比 13%削減】
2012年 日本経団連「低炭素社会実行計画」の一環として
2020年目標を設定。
「建設業の環境自主行動計画第5版」に掲載
【2020年度までに1990年度比 20%削減】
建設産業に関わるCO2排出量
日本の1995年度CO2排出量(1.36Gt-CO2)
14
エネルギー別使用比率と土建比率
建設現場のエネルギー別使用比率
(2008年度)
【重油】
12.6%
【電力】
工事
11.9%
CO2排出量原単位比較
(土木・建築・平均:2012年度)
単位: kg-CO2/億円
【電力】
事務所
5.1%
【灯油】
1.4%
【軽油】
【軽油】
重機
42.9%
電力:17% 軽油:69%
灯油: 1% 重油:13%
トラック・ダンプ
26.1%
土木は建築の約4倍の排出量
15
CO2排出量調査の推移
■調査方針
簡易な調査で、サンプル調査現場数を多く
16
CO2排出量原単位の推移(目標)
【実績】単位(kg-CO2/億円)
1990年:35,161 → 2012年:30,511
削減率:13.2% →目標達成
17
CO2総排出量の推移
【総排出量実績】単位(万t-CO2)
1990年:922.6 → 2012年:393.6
削減率:57.3% *完工高減少率:50.8%
18
削減活動実施率の推移
:2012年目標
軽油
アイドリングストップ(車両)
アイドリングストップ(重機)
省燃費運転(車両)
省燃費運転研修(重機)
19
削減活動実施率の推移
電力
高効率照明の採用
灯油
エアコン暖房への切替
:2012年目標
空調温度の適正化
20
削減目標の見直し強化
達成!
13.2%
【2012年度までに1990年度比 13%削減】
【2020年度までに1990年度比 20%削減】
削減量内訳
40,000
35,160
30,000
13%減
20%減
30,640
28,166
省燃費運転
18%
電力原単位
32%
20,000
高効率照明
24%
10,000
建機効率
26%
0
1990年度 2012年度 2020年度
21
省燃費運転研修について
効果の高い活動として、業界で重点的に展開
現場のエネルギー別比率
●現場CO2排出量のエネルギー別比率
⇒省燃費研修対象建機で6割強
⇒軽油起因が7割
【重油】
12.6%
【電力】
工事
11.9%
●軽油使用量の内訳
【電力】
事務所
その他
17.6%
5.1%
【灯油】
1.4%
バッ クホー
3 0 .3 %
ブルドーザ
5.6%
クローラクレーン
5.3%
【軽油】
【軽油】
重機
42.9%
発電機
7.1%
ラフタークレーン
9 .6 %
トラック・ダンプ
26.1%
電力:17% 軽油:69%
灯油: 1% 重油:13%
重ダンプ
( 場内)
4%
ダンプトラッ ク
( 場内)
2 0 .2 %
研修対象建機
重機系:40%
23
車両系:24%
ダンプトラックの省燃費運転効果
省燃費運転研修会実施結果(サンプル)
改善率
通常運転
燃費
省燃費運転
所要時間比率
作業性
12.7%
0.97
東北
19.9%
1.08
関東
9.2%
九州
0
0.5
1
1.5
2
2.5
3
参加者平均燃費(km/l):
効果
CO2削減量:9,900kg-CO2/年・台
1.00
0
0.5
1.0
所要時間比率 (省燃費運転/通常運転)
経費削減:26.3万円/年・台
*燃費2.0km/㍑、燃費改善15%、年間走行距離5万km、軽油70円/㍑として試算
24
重機(油圧ショベル)の省燃費運転効果
30
削減率
㍑/標準作業
25
約34%
20
通常
省燃費
15
10
5
0
運転手A 運転手B 運転手C
運転手D
運転手E
平均
25
省燃費運転の効果(安全面の効果)
26
温暖化防止啓発資料
省燃費運転マニュアル
冊子
省燃費運転DVD
トラック版・油圧ショベル版
リーフレット
トラック編、油圧ショベル編
クレーン編、作業所編
日建連HPよりダウンロード
http://www.nikkenren.com/
27
最後に!(省燃費運転研修の意義)
省燃費運転はWIN - WIN活動です
●環境保全に貢献
●経営改善に寄与
CO2の排出量を削減し
地球温暖化防止に貢献
燃料使用量を削減し
経費節減に寄与
*重機・車両の長寿命化や事故防止にも効果あり
省燃費運転を心がけ、走行・作業のムダを
なくすことにご協力をお願いします。
ご清聴、有難うございました
ダウンロード

施工での地球温暖化 への取組み