人口統計 および 健康への影響
Revised 05/06
Last updated February 2011

人口統計と健康への影響に関する分科委員会
委員長 Ann Malarcher
Centers for Disease Control
and Prevention, Atlanta,
USA
Peter Anderson
Indept. Consultant in Public Health, Spain
Mary-Jane Ashley
University of Toronto, Canada
Shanta R Dube
Centers for Disease Control and
Prevention, Atlanta, USA
Linda Pederson
Centers for Disease Control and
Prevention, Atlanta, USA
Jonathan Samet
Johns Hopkins University, School of
Hygiene and Public Health,
USA
Baltimore,
Michael Thun
Last updated February 2011
American Cancer Society, Atlanta, USA

健康とタバコの経済的コスト
Last updated February 2011

特定リスク要因による疾病と損害の世界的負担
2000年 (単位ー1000)
Deaths
(thousands)
% of total
deaths
YLLs1
(thousands)
As % of total
YLLs1
Childhood and maternal under
nutrition*
6,156
11.0
205,372
22.4
Tobacco
4,907
8.8
45,622
5.0
Blood Pressure
7,141
12.5
55,548
6.0
Physical Inactivity
1,922
3.4
15,841
1.7
Occupation
784
1.4
9,975
1.1
Unsafe sex
2,886
5.2
76,970
8.4
Alcohol
1,800
3.2
32,697
3.6
Unsafe water, sanitation and
hygiene
1,730
3.1
49,232
5.4
Illicit drugs
204
.4
4,819
.5
Urban air pollution
799
1.4
6,404
.7
Risk Factor
Estimates are based on data and information from the World Health Organization
* Childhood and maternal under nutrition includes: vitamin A Deficiency, zinc, iron; under weight
1
Years of life lost 損失生存年
Last updated February 2011

AFRO
AMERO
EMRO
EURO
SEARO
WPRO
Last updated February 2011
アフリカ地域
アメリカ地域
東地中海地域
ヨーロッパ地域
東南アジア地域
西太平洋地域

肺がんの世界的負担(2030年)
ベースライン シナリオ
Region
Total deaths
(thousands)
Male
Female
AFRO
39
31
8
AMRO
288
185
103
EMRO
76
61
16
EURO
362
226
137
SEARO
467
364
103
WPRO
984
656
328
WORLD
2,216
1,522
694
Mathers, C., & Loncar, D. (2005). Updated projections of global mortality and burden of disease, 2002-2030: data
sources, methods and results. World Health Organization
Last updated February 2011

虚血性心臓疾患の世界的負担(2030年)
ベースライン シナリオ
Region
Total deaths
(thousands)
Male
Female
AFRO
610
312
298
AMRO
1,321
638
683
EMRO
1,026
539
487
EURO
2,223
982
1,241
SEARO
3,187
1,627
1,559
WPRO
1,369
604
765
WORLD
9,737
4,702
5,034
Mathers, C., & Loncar, D. (2005). Updated projections of global mortality and burden of disease, 2002-2030: data
sources, methods and results. World Health Organization
Last updated February 2011

COPDの世界負担(2030年)
ベースライン シナリオ
Region
Total deaths
(thousands)
Male
Female
AFRO
243
159
84
AMRO
379
216
163
EMRO
236
131
105
EURO
354
165
189
SEARO
1,537
886
651
WPRO
3,148
1,425
1,723
WORLD
5,896
2,981
2,915
Mathers, C., & Loncar, D. (2005). Updated projections of global mortality and burden of disease, 2002-2030: data
sources, methods and results. World Health Organization
Last updated February 2011

脳血管疾患の世界負担(2030年)
ベースライン シナリオ
Region
Total deaths
(thousands)
Male
Female
AFRO
672
269
402
AMRO
659
277
382
EMRO
451
208
243
EURO
1,400
510
890
SEARO
1,816
807
1,009
WPRO
2,679
1,189
1,491
WORLD
7,677
3,260
4,417
Mathers, C., & Loncar, D. (2005). Updated projections of global mortality and burden of disease, 2002-2030: data
sources, methods and results. World Health Organization
Last updated February 2011

タバコによる疾病および損害の世界負担(2000年)
YLLs1
As % of total
(thousands)
YLLs1
Region
Deaths
(thousands)
As % of total
deaths
AFRO
160
1.5
2,002
.7
AMRO
873
14.9
6,548
9.7
EMRO
186
4.6
2,279
2.6
EURO
1,605
16.7
14,839
17.7
SEARO
1,110
7.8
12,264
4.6
WPRO
975
8.4
7,692
5.5
WORLD
4,907
8.8
45,622
5.0
Estimates are based on data and information from the World Health Organization
1 Years of life lost
Last updated February 2011

部位別の男性のがん死亡率*(米国)
1930-2003
Rate Per 100,000
肺がん
80
60
前立腺がん
胃がん
結腸・直腸がん
40
膵臓がん
20
2000
1995
1990
1980
1975
1970
1965
1960
1955
1950
1945
1940
1985
肝臓がん
Leukemia
1935
0
1930
男性100,000人中の死亡率
100
*Age-adjusted to the 2000 US standard population. US Mortality Public Use Data Tapes 1960-2003, US Mortality Volumes 19301959, National Center for Health Statistics, Centers for Disease Control and Prevention, 2006.
Last updated February 2011

部位別の女性のがん死亡率*(米国)
1930-2003
女性100,000人中の死亡率
100
Rate Per 100,000
80
60
肺がん
子宮がん
40
乳がん
結腸・直腸がん
胃がん
20
卵巣がん
2000
1995
1990
1985
1980
1975
1970
1965
1960
1955
1950
1945
1940
1935
膵臓がん
1930
0
*Age-adjusted to the 2000 US standard population. US Mortality Public Use Data Tapes 1960-2003, US Mortality
Volumes 1930-1959, National Center for Health Statistics, Centers for Disease Control and Prevention, 2006.
Last updated February 2011

Last updated February 2011
Ch
Ao
ay
rti
c
ai
rw
ys
em
ct
io
SI
DS
an
eu
ry
sm
ob
st
ru
n
a
Ca
nc
er
m
ph
La
ry
nx
ch
iti
s,
e
ro
ni
c
Br
on
is
ea
se
ch
us
ul
ar
di
se
as
e
he
ar
td
Ce
re
br
ov
as
c
ic
g,
br
on
0
Is
ch
em
Tr
ac
he
a,
lu
n
Percentage
喫煙による死亡寄与割合
米国男性、 2001年
100
35-64 yrs
65+ yrs
80
Infants
60
40
20
CDC, Adult SAMMEC, http://apps.nccd.cdc.gov/sammec/

喫煙による死亡寄与割合
米国女性、 2001年
100
Percentage
80
35-64 yrs
65+ yrs
Infants
60
40
20
0
n
a
e
se
io
s
x
m
t
a
sm
e
n uc
e
ea
y
s
y
s
r
s
r
r
u
a
di
hy
ro
di
st
L
b
r
p
b
t
ne
r
a
,
o
l
m
a
ea
ng
cu
,e
ay
h
tic
u
s
s
r
l
i
w
c
t
o
r
i
va
a,
hi
A
ai
m
o
e
c
r
e
h
c
eb
on
ni
ch
ac
r
r
r
o
s
e
I
B
T
C
hr
C
s
hu
c
n
D
SI
CDC, Adult SAMMEC, http://apps.nccd.cdc.gov/sammec/
Last updated February 2011

S
毎年ほぼ44万人が喫煙により死亡している
– 米国、 1997-2001年
虚血性心疾患; 86,801
CDC. Annual Smoking-Attributable Mortality, Years of Potential Life Lost, and Productivity Losses – United States, 19972001. MMWR 2005;54(25): 625-628
Last updated February 2011

438
動
煙
喫
殺
物
自
用
乱
人
自
薬
車
ー
コ
ル
31
29
18
殺
ル
故
14
ア
45
21
事
440
400
360
320
280
240
200
160
120
80
40
0
A
ID
S
Number of death (thousands)
喫煙による年間死亡数と
他の要因による死亡数の比較(米国)
National Center for Health Statistics, Deaths: Final Deaths 2003. National Vital Statistics Report, 2006; 54(13); Annual
Smoking-Attributable Mortality, Years of Potential Life Lost, and Productivity Losses- United States, 1997-2001; MMWR.
2005:54(25):625-628.
Last updated February 2011

生涯喫煙者の半数は、
喫煙関連疾患で死亡している。
CDC. Projected smoking-related deaths among youth – United States. MMWR 1996;45(44):971-974
Last updated February 2011

青少年における喫煙と健康
• 早期の喫煙開始は急速にニコチン依存となる
• 他の薬物(アルコール、マリファナ、コカイン)も使用
する可能性が高い
• 他の危険な行動に携わる可能性が高い
• 全般的に不健康
• 安静時の心拍数の増加
USDHHS. Preventing Tobacco Use Among Young People: A Report of the Surgeon General, 1994;
Arday, DR, et al. Cigarette smoking and self-reported health problems among US high school seniors, 1982-1989
Am J of Health Promotion 1995;10(2):111-116.
Last updated February 2011

青少年における喫煙と健康
呼吸器系への影響
• あえぎや息切れなどの症状の増加
• 咳や痰の増加
• 身体活動力の低下
• 持続力の低下
• 肺機能の低下
• 肺機能の成長の遅れ
USDHHS. Preventing Tobacco Use Among Young People: A Report of the Surgeon General, 1994;
Arday et al. Cigarette smoking and self-reported health problems among US high school seniors, 1982-1989.
Am J Health Promot 1995;10: 111-116.
Last updated February 2011

妊娠/生殖への喫煙の影響
•
•
•
•
•
妊孕性の低下
子癇リスクの低下
胎児の発育障害
早期破水、前置胎盤、胎盤剥離のリスクの増加
早産および妊娠期間の短縮
USDHHS. The Health Consequences of Smoking: A Report of the Surgeon General, 2004.
Last updated February 2011

妊娠/生殖への喫煙の影響
•
•
•
•
低出生体重児リスクの増加
周産期死亡(死産及び新生児死亡)リスクの増加
児の肺機能減少リスクの増加
乳児突然死症候群 (SIDS)リスクの増加
USDHHS. The Health Consequences of Smoking: A Report of the Surgeon General, 2004.
Last updated February 2011

受動喫煙の健康影響
Last updated February 2011

セカンドハンドスモーク(SHS)の内容
• 紙巻タバコの煙には、7000以上の化学化合物が含まれ
ている
• タバコ煙のなかの69の化学物質は、既知の発がん物質
あるいはほぼ確実な発がん物質である
• SHS は、既知のヒトに対する発がん物質である
USDHHS. The Health Consequences of Involuntary Exposure to Tobacco Smoke: A Report of the Surgeon General, 2006.
Last updated February 2011

“1日に1時間喫煙者と同じ部屋にいると、アスベストを
含む建物の中で20年間過ごすよりもほぼ100倍以上、非
喫煙者の肺がんリスクが高まる.”
-Sir Richard Doll, 1985
Last updated February 2011

SHSの健康影響 – 成人
• SHSへの曝露は、生涯非喫煙者の肺がんリスクを高める
• 喫煙者と同居することによるSHSへの曝露は肺がんリスクを、
20%-30%高める
• SHS への曝露は、冠状動脈性心疾患の罹患と死亡の原因
となる
• SHS への曝露は、心疾患のリスクを 25%-30%高める
• SHS への曝露は、 悪臭および鼻への刺激などの呼吸器症
状増加の原因となる
USDHHS. The Health Consequences of Involuntary Exposure to Tobacco Smoke: A Report of the Surgeon General, 2006.
Last updated February 2011

SHSの健康影響 – 小児
• SHS への曝露は、乳児突然死症候群 (SIDS)の原因である
• 妊娠中の母体への SHS 曝露により、出生体重が少し減少
する
• 出生後のSHS への曝露は、肺機能レベルを下げる
• 両親の喫煙によるSHSへの曝露は、乳児や小児の下部呼
吸器疾患の原因となる
USDHHS. The Health Consequences of Involuntary Exposure to Tobacco Smoke: A Report of the Surgeon General, 2006.
Last updated February 2011

SHSの健康影響 – 小児
• 両親の喫煙からのSHSは、学齢期の小児の咳、痰、ぜい鳴
の原因となる
• 両親の喫煙からのSHSは、 喘息を悪化させる
• 両親の喫煙からのSHSは、 幼児期におけるぜい鳴性疾患
の始まりの原因となる
• 両親の喫煙からのSHSは、 中耳疾患(急性および反復性中
耳炎、慢性滲出性中耳炎)の原因となる
USDHHS. The Health Consequences of Involuntary Exposure to Tobacco Smoke: A Report of the Surgeon General, 2006.
Last updated February 2011

およそ500万人が今年(2003年)タバコ関連疾患のために死
亡する。2030年までには毎年1000万人が死亡するだろう。
World Health Organization. The Tobacco Atlas (2002). http://www.who.int/tobacco/en/atlas11.pdf
Ezzati & Lopez. Estimates of Global Mortality Attributable to Smoking in 2000. Lancet 2003; 362: 847-852.
Last updated February 2011

禁煙の利点
Last updated February 2011

総体としての禁煙の利点
•
•
•
•
禁煙者の寿命は、喫煙継続者よりも長い
年齢によらず、禁煙は早世のリスクを減少する
禁煙者の死亡リスクは、禁煙直後から減少する
禁煙は身体のほぼすべての部位に利点をもたらす
USDHHS. The Health Benefits of Smoking Cessation: A Report of the Surgeon General, 1990
Last updated February 2011

禁煙と肺
• 肺機能は、禁煙して2-3カ月後に改善し始める
• 10年間の禁煙によって、肺がんリスクは喫煙継続者の30-
50%にまで減少する
USDHHS. The Health Benefits of Smoking Cessation: A Report of the Surgeon General, 1990
Last updated February 2011

禁煙と呼吸系
• 禁煙後慢性閉塞性肺疾患(COPD)のリスクが減少する
• 風邪やインフルエンザ、肺炎などの上部及び下部呼吸器疾患
のリスクは減少する
• 咳、鼻閉、疲れやすさや息切れは、禁煙後2-3ヶ月で減少する
• 禁煙すると、喉頭がんのリスクが減少する
USDHHS. The Health Benefits of Smoking Cessation: A Report of the Surgeon General, 1990
Last updated February 2011

禁煙と心臓
• 禁煙すると、腹部大動脈解離で死亡する超過リスクが
50%減少する
• 冠状動脈性心疾患のリスクは禁煙後1-2年で半減する
• 禁煙後15年で、冠動脈性心疾患のリスクは非喫煙者のリ
スクとほぼ同じとなる
• 心疾患と診断されたものでは、禁煙により心筋梗塞のリ
スクが減少し、心臓死のリスクが減少する
• 禁煙後末梢動脈疾患のリスクが減少する
USDHHS. The Health Benefits of Smoking Cessation: A Report of the Surgeon General, 1990
Last updated February 2011

禁煙とその他の部位
• 禁煙後5年から15年で、脳卒中のリスクは非喫煙者のリスクに
まで減少する
• 口腔、咽頭・喉頭、食道がんのリスクは禁煙後5年で半減する
• 膀胱がんのリスクは、禁煙後数年で半減する
• 禁煙すると、腎がん、胃がん、膵がん、子宮頸がんのリスクが
低下する
• 禁煙すると、消化性潰瘍のリスクが低下する
USDHHS. The Health Benefits of Smoking Cessation: A Report of the Surgeon General, 1990
Last updated February 2011

禁煙と妊娠
• 妊娠前あるいは妊娠早期に禁煙すると、流産、低出生体重
児、およびSIDSのリスクが低下する
• 妊娠早期の禁煙が胎児および母体に最大の利益をもたらす
が、妊娠中のどの時点における禁煙も利益をもたらす
USDHHS. The Health Benefits of Smoking Cessation: A Report of the Surgeon General, 1990
Last updated February 2011

要約:禁煙による健康への利点
• 禁煙には、性別、年齢によらず、直ちに著しい健康への利点
がある
• 喫煙関連疾患の有無にかかわらず、利点がある
• 禁煙者の寿命は、喫煙継続者よりも長い
• 禁煙は、肺がんをはじめとするがん、心臓発作、脳卒中、慢
性肺疾患のリスクを低下する
• 禁煙は、妊娠・出産の結果を改善する
USDHHS. The Health Benefits of Smoking Cessation: A Report of the Surgeon General, 1990
Last updated February 2011

タバコ依存症
Last updated February 2011

“ある意味で、タバコ産業は、専門化、高度の儀式化、様式
化を遂げた製薬産業の一部門と考えることができる。タバ
コ製品は、様々な生理学的効果を有する薬剤であるニコ
チンをユニークな形で含有し伝達する”
-1972 Claude Teague memo "RJR Confidential Research
Planning Memorandum on the Nature of the Tobacco Business
and the Crucial Role of Nicotine Therein”
Last updated February 2011

Percentage
紙巻タバコ使用の頻度, 2004
18
16
14
12
10
8
6
4
2
0
Avg CPD
平均1日喫煙本数
12
17
24
30-34
40-49
50-65
Age
SAMHSA (2005), Results from the 2004 National Survey on Drug Use & Health
Last updated February 2011

米国におけるタバコ依存症、2004
• 12歳以上の3550万人のアメリカ人が、その紙巻タバコ使用に
基づくと、過去1カ月間ニコチン依存症の基準に合致していた
• 12から17歳の110万人の青少年がニコチン依存の紙巻タバコ
の喫煙者である
• ニコチン依存度は、早い年齢で喫煙を開始したものでは、遅
い年齢で開始したものに比べて高い
SAMHSA (2005), Results from the 2004 National Survey on Drug Use & Health
Last updated February 2011

過去1カ月間の月喫煙者におけるニコチン依存症,
年齢別、2004年
ニ
コ
チ
ン
依
存
症
の
割
合
SAMHSA (2005), Results from the 2004 National Survey on Drug Use & Health
Last updated February 2011

時間経過と再発率
100
ヘロイン
90
喫煙
中止持続者 (%)
80
アルコール
70
60
50
40
30
20
10
0
0
1
2週間
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
時間 (月)
USDHHS. The Health and Consequences of Tobacco: Nicotine Addiction. A Report of the Surgeon General, 1988.
Last updated February 2011

世界中で毎日8万から10万人の若者が
タバコ依存になっている。
World Bank, Curbing the Epidemic: Governments and the Economics of Tobacco Control (Washington: World Bank, 1999).
Last updated February 2011

効果的な治療介入
Last updated February 2011

効果的な治療介入
• 医師、看護師、その他の保健医療者からの短時間の禁煙の
アドバイス
• グループカウンセリング
• 個別カウンセリング
• 電話によるカウンセリング
• 薬剤療法
Fiore MC, Jaén CR, Baker TB, et al. Treating Tobacco Use and Dependence: 2008 Update. Clinical Practice Guideline.
Rockville, MD: U.S. Department of Health and Human Services. Public Health Service. May 2008.
Last updated February 2011

タバコ使用の同定と評価
• 禁煙の支援 (5A’s)
– Ask – 診察のたびに、全ての喫煙者を系統的に把握する
– Advise –全ての喫煙者に禁煙をはっきりと、強く、個別的に
促す
– Assess –禁煙への関心度を評価する
– Assist –関心度に合わせて、患者の禁煙を支援する
– Arrange –フォローアップの診察の予定を決める
Fiore MC, Jaén CR, Baker TB, et al. Treating Tobacco Use and Dependence: 2008 Update. Clinical Practice Guideline.
Rockville, MD: U.S. Department of Health and Human Services. Public Health Service. May 2008.
Last updated February 2011

タバコ使用と依存に対する効果的なカウンセリング
• 実践的なカウンセリング(問題解決/スキルトレーニング)
• 治療内におけるソーシャルサポート
Fiore MC, Jaén CR, Baker TB, et al. Treating Tobacco Use and Dependence: 2008 Update. Clinical Practice Guideline.
Rockville, MD: U.S. Department of Health and Human Services. Public Health Service. May 2008.
Last updated February 2011

カウンセリングの要素
• 実践的なカウンセリング
– 危険な状況を認識する
– 対処スキルを開発する
– 基本的な情報を提供する
• 支援的なカウンセリング
– 禁煙を企図するよう患者を励ます
– 思いやりや気づかいを伝える
– 患者が禁煙のプロセスについて話すよう励ます
Fiore MC, Jaén CR, Baker TB, et al. Treating Tobacco Use and Dependence: 2008 Update. Clinical Practice Guideline.
Rockville, MD: U.S. Department of Health and Human Services. Public Health Service. May 2008.
Last updated February 2011

禁煙のための効果的な薬剤療法
• 長期間の禁煙率を確実に上昇させる薬剤療法
• ブプロピオン
• ニコチンガム、インヘラー、鼻スプレイ、ロゼンジ、パッチ
• バレニクリン
• クロニジンとノルトリプチンは、他の薬剤療法が効果がな
いときに使用することができる
Last updated February 2011

禁煙する気がない喫煙者に対する動機づけ介入は、
5 R’s からなる
• Relevance –患者個人の特性(自身の病気,健康への不安,家庭で
の子どもへの影響,社会的立場,過去の禁煙経験や失敗の原因な
ど)と関連づけた情報の提供を行いながら励ます
• Risks –患者が喫煙の健康影響についてどのように考えているかを尋
ね,その中から,その患者に最も関係のありそうな健康影響に焦点
を当てて情報を提供する
• Rewards –禁煙の効果について患者自身がどのように考えているか
を尋ねるとともに,その患者に最も関係のありそうな禁煙の効果に
ついての情報を提供する
• Roadblocks –患者の禁煙を妨げる要因(障害)となっているものは
何かを尋ね,それを解決するための方法(問題解決型のスキルトレ
ーニング,ニコチン代替療法などの薬物治療)について助言する
• Repetition –禁煙の動機付けを強化するための働きかけは,患者の
来院ごとに繰り返し行うことが重要
Fiore MC, Jaén CR, Baker TB, et al. Treating Tobacco Use and Dependence: 2008 Update. Clinical Practice Guideline.
Rockville, MD: U.S. Department of Health and Human Services. Public Health Service. May 2008.
Last updated February 2011

禁煙率を上昇させるための提言
• タバコ製品の価格の引き上げ
• タバコ使用者に情報提供し禁煙を動機づけるための、他の
介入と組み合わせた、マスメディアによる教育キャンペーン
• タバコ製品を使用する患者を同定して、診察のたびに患者と
禁煙に関して議論し禁煙のアドバイスをするよう医療者に促
すためのリマインダ―システム
Task Force on Community Preventative Services. Zaza S, Briss PA, Harris, KW (eds). The Guide to Community
Preventative Services. Oxford University Press. New York, New York, 2005.
Last updated February 2011

禁煙率を上昇させるための提言
• 医療者へのリマインダーと医療者への教育、これには患
者教育を伴うことも伴わないこともある
• 効果的な禁煙治療を受けるための自己負担額を軽減する
• 患者への電話によるサポートを含め多くの要素からなる
介入を行う
Task Force on Community Preventative Services. Zaza S, Briss PA, Harris, KW (eds). The Guide to Community
Preventative Services. Oxford University Press. New York, New York, 2005.
Last updated February 2011

禁煙率を上昇させるための提言
• タバコ使用の日常的で効果的な治療のためのケアを標準
化すること
• 保健医療システムにおいてタバコ使用のスクリーニング
を継続的に行うこと
• カウンセリングと薬剤療法を含む効果的で集中的な治療
を利用しやすくすること
Last updated February 2011

禁煙率を上昇させるための提言
• 問題解決と治療内のソーシャルサポートを強調した治療
• 喫煙妊婦に対する禁煙の簡単なアドバイスに加えて社会
心理的な介入の拡張と強化
• 禁煙治療の臨床的介入が行われることを保証するために
不可欠のシステム変革の制度化
Last updated February 2011

ダウンロード

人口統計 および 健康への影響