9.保育環境
瀧川 光治
1
1.保育環境の構成の工夫
 ○ 保育者としての「ねらい」を元に環境構
成する。
 → 裏返せば保育者の目を養うためには、
「環境構成」から「ねらい」を読み取ることが
大事。
2
(1)自然や季節に出会うきっかけづくり
 → 事前準備としての環境構成
 ① 壁面の一部に、季節の植物を標本的
に置く。→ 植物・季節との出会い
3
② どんぐりを図鑑とともに整理し
て置く/箱に集めて置いておく
4
(2)子どもたちにとって、わかりやす
い環境 → 子ども自身の自主的な
活動を促す
 ① 子どもが製作や遊びで使うものが整理
(区分)された環境
5
6
② 自分たちで収納できるような、
わかりやすい環境
7
(3)ごっこ遊びの環境
8
9
(1)好奇心が土台となって、「探索的な活動」を育
てることが、「協同的な探求活動」につながる
幼小接続の観点では、
「協同的な学び」が重要
協同的な探索活動・探求活動
探求的な行動・活動 / 探求心
探索的な行動・活動 / 探索心
好 奇 心
0歳
1歳
2歳
3歳
4歳
5歳
6歳
小学
校
10
(2)発達に合わせた大きな意味で
のねらい
探索的な活動を
1歳児
引き出す
さわる、試す、くりかえす
探索的な活動の幅を
2歳児
広げる
さわる、試す、くりかえす、
意識的に試してみる
さわる、試す、くりかえす、
意識的に試してみる、
探索的な活動から
3歳児 探求的な活動への橋渡し みてみて(自分のやって
いることの共感を得
(探すから探るへ)
る)
協同的な探索
4歳児 活動・探求活動
へ
5歳児
協同的な探究活
動を深める
さわる、試す、くりかえす、
意識的に試してみる、
みてみて(自分のやっていることの
共感を得る)、
みつけたよ(自分の発見の共有)
さわる、試す、くりかえす、
意識的に試してみる、
みてみて(自分のやっていることの
共感を得る)、
みつけたよ(自分の発見の共有)、
ふしぎ(=疑問を持つこと、共有する
こと)から問題解決へ(?→!
へ)
3.「感じること」(感性をともなうこと)
と「考えること」を一体として捉える
関係付け
られた知識
気付き・発見
まなざし
考える
目的意識をもった活動
(問題解決行動)
感じる
全身でかかわる
「表にみえる活動」と
「内面」の両側面
13
4.「学び」とは?
 (1)「学び」は「個人的なもの」と、同時に「協同
的なもの」
 (2)「学び」とは、「感動がともなった認識の変
容」
 (3)「学び」には、対話(やりとり)が重要
対話(やりとり)
14
○ 子どもの好奇心・探究心を
捉えるには?
 「みてみて」
 ・・・3歳児
 「みつけた、はっけん」  ・・・4歳児
 「ふしぎ、ふしぎ」
 ・・・5歳児
15
○ 好奇心のあらわれ
 ・じーっと見ている
 → 目的意識を持ったまなざしがある
 ・繰り返している
 → 何度も試して確かめている行動
 ・喜んでそのことに取り組んでいる様子が見
られる
 → そのことを楽しめている(満足感・充実
感)
16
ダウンロード

PPT