薬の話
抗生物質の登場
ー ペニシリン物
語 ー






ペニシリンは世界で最初に発見され、最初に実用化された抗生物質。ある種の青カビから
抽出され、細菌感染症(ガス壊疽、破傷風、肺炎、敗血症、淋病等)に効果がある
1928年、英国のフレミングは、細菌の培養実験を進めるうちに自分の培養皿の一つが青か
ぴに汚染されているのを見つけた。このまま培養皿を洗い流してしまえばフレミングの偉大
な発見は生まれなかったが、この瞬間に彼は細菌の増殖を阻止する物質の存在に気がついた
のである。
1929年にバクテリアの成長阻止能の効力が、かぴのジュースにあることを突き止め、フレ
ミングはペニシリンと名づけた。このフレミングのひらめきによって、これ以降何百万にも
の人々が救われたことになる。
その後、空白期間を経て1939年末より英国のフローリーとチェンにより研究が再開され、
1940年には粗製ながらペニシリンの分離に成功した。
しかし、英国内では戦争の激化から研究が難しくなり、1941年米国での研究、開発が始
まった。戦争が激しさを増すにつれ、チャーチルはペニシリンの大量生産を命じ、アメリカ
との協力体制の構築を強く促した。 1943年後半から、深部培養法によるペニシリンの大量
生産が米英両国で始まった。
戦場でペニシリンが初めて用いられたのは1942年エジプトで、31歳の負傷兵であった。効
果はすぐ現れ、「膿の出る量が減る。臭いのいやらしさも減った」と治療日誌に記されて
いる。ただちに、第二次世界大戦の負傷兵に広く使われ、劇的な効果をあげた。
日本でのペニシリン






日本でのペニシリンの開発は、昭和18年(1943年)ドイツから送られてきた医学雑誌の
ペニシリンの記事を見た陸軍軍医学校の一軍医少佐の慧眼から始まった。昭和19年
(1944年)、医、薬の専門家を集め、陸軍軍医学校で第一回ペニシリン委員会が開かれ
た。そして、その年の5月には粗製とはいえペニシリンは実際に臨床に使われ、劇的な効
果を上げた。
ペニシリンの存在を日本国民が初めて知ったのは、昭和19年(1944年)1月27日の朝日
新聞の記事である。「敵米英最近の医学界 チャーチル命拾い ズルホン剤を補うペニ
シリン」の見出しの後、風邪から肺炎を起こしたチャーチルがペニシリンで命を救われ
た話と、ペニシリンの紹介記事が載せられた。
この後も新聞、雑誌等で繰り返し紹介されるのだが、なぜか、ほとんどの日本人はペニ
シリンの存在を知らなかった。 「科学朝日」昭和19年11月号「ペニシリン新種発見され
る 臨床的試験にも好成績 東北大医学部の研究」として、東北大学医学部細菌学教室
での研究結果や、臨床結果が述べられている。
東北大の研究は、朝日新聞の記事を端緒としている。ペニシリンの製造、臨床、実用化
の日本第1号はここである。その後、功績に捕われることなく成果を公開し、陸軍軍医
学校の指導下で研究を進めていった。
しかし、物資の不足、空襲などで工場での大量生産には至らず、運に恵まれた少数の人
達だけがペニシリンにより命を救われ終戦を迎えた。
日本でペニシリンが本格的に使われ、多くの人の命を救うようになったのは、戦後しば
らくたってからである。
結核


人類の起源から歴史と共に存在した感染症で、長い間、不治の
病といわれた。多くの貴い人命がこの病気で失われており、歴
史を変えた悲劇の病。
初期症状は、37℃前後の微熱が出て身体がだるく寝汗をかき、
食欲も落ちて徐々に痩せていく。咳と痰(特に血痰)が続くの
が特徴だが、初めはいわゆる『風邪』症状と酷似しており、こ
の風邪症状が長引き、医師にかかって初めて結核と気づく例が
多い。

1882年、コッホ(ドイツ)が、結核菌を発見

1944年、画期的な抗結核薬、ストレプ
トマイシンが登場。以後、治療法が確
立していき、不治の病ではなくなる。
結核の治療と予防

治療は化学療法が基本。


現在の標準は、 ストレプトマイシン(SM)、イソジアニド
(INH)、リファンプシン(RFP)、ピラジナミド(PZA) の4剤で
治療。
予防はBCGワクチンによる。



BCGはフランス・パスツール研究所が13年間継代して得ら
れた弱毒株で、1921年に初めてヒトに用いられた。
現在では、WHO の予防接種拡大計画のワクチンのひとつと
して多くの国の子供たちに接種されている。
日本では、乳幼児期の接種のあと、小学校・中学校入学時
のツベルクリン反応陰性者に再接種が行われてきたが、平
成15年度からは乳幼児期の単回接種となった。
結核死亡率の変遷

薬によって、こんなに死亡率が下がった!

結核の死亡率の劇的な低下で、平均寿命が延びた。
「クスリ」にはどんな種類があるか
新医薬品
(抗生物質、高血圧剤、抗がん剤、など)
医療用医薬品
後発医薬品
医薬品
(ジェネリックドラッグ)
(医者の処方により使用される薬)
一般用医薬品
(薬局で誰でも買える薬、風邪薬、解熱剤、など)
医薬部外品
化粧品

(薬用歯磨き、染毛剤、浴用剤、口内清涼剤、など)
(香水、口紅、シャンプー、リンス、など)
これは薬??

漢方薬

ビタミン剤、栄養ドリンクなど

「これでやせられる!」「ガンが治る!」といって売っている「クス
リ」
薬はどのように開発されるか(1)
研究試験

アイディア、企画:

試験管内で活性を測る系を作る

活性を持つ化合物を見つけ出す

その構造をもとに、最適な構造を探る


どんな薬を作るか?
動物(普通はねずみ)で、活性があるか、毒性がないか、代謝
のされ方などを調べる
候補化合物を同定する
薬はどのように開発されるか(2)
臨床試験

第1相試験---正常の人への安全性試験

第2相試験---小規模の患者の人への活性試験・安全性試験

第3相試験---大規模の患者の人への活性試験・安全性試験(二
重盲検試験)

FDAに新薬の申請、発売の許可を得る

新薬 発売

第4相試験---最初の6年間に1万人規模の患者への活性・安全性
調査
新薬を開発するのは、こんなに大変

約1万個の化合物の合成

1億ドル以上の費用
 売上の10%前後の研究開発費

10年以上の開発期間

15年でパテントが切れる---時間との競争

ジェネリックドラッグ

保険会社(日本では厚生労働省)が価格を決める?
薬は「両刃の剣」



薬理作用
>
副作用
--- 医薬品
薬理作用
<
副作用
--- 毒
薬と毒は、紙一重
化合物、天然物によらず、どんな「薬」も、量により薬にも毒にもな
る。
 馬鹿とはさみは使いよう「毒」とはさみは使いよう?
 コレラ毒、麻薬(モルヒネなど)も薬として使われている。
 睡眠薬やお酒、醤油でさえ、たくさん飲めば死んでしまう。
薬の用量は、膨大な治験から慎重に決められている。「たくさん飲め
ば、もっと効く」と考えるのは危険。
例1:ボトックス
【暮らしと健康特集】美容と若返り医療
 俗に“カラスの足あと”と呼ばれる笑ったときにできる表情じわに有
効なのが、ボトックスです。
 ボトックスは筋肉の緊張による額のよこじわや眉間のたてじわにも
効果的です。
 非常によく効きますが、笑ったときにも筋肉が動かなくなるので、
表情が変わります。
 神経毒の一種、ボツリヌス菌毒素を、しわの原因となっている表情
を動かす筋肉に注射して、その筋肉を部分的に麻痺させます。
ボツリヌス菌毒素とは?







ボツリヌス症とは、ボツリヌス菌によって作られた毒素によって起こる
筋肉が麻痺してしまう病気
呼吸に使う筋肉も麻痺して動かなくなって、死んでしまう。
ボツリヌス菌は、食中毒を起こす細菌である食中毒菌の一つで、食品中
で増殖し、増殖に伴って毒素を作る。
この毒素が食品といっしょに口の中に入って吸収され、ヒトに中毒を起
こす。
1gのボツリヌス菌の毒素は、2千万人を殺す力がある。
生物兵器としては、ある一地点からボツリヌス菌毒素を噴霧した場合、
風下500メートル以内の人口の10%を殺傷するだろうといわれている。
このボツリヌス菌の毒素の毒性の強さから、テロリストによって生物兵
器として使われるのではないかと心配されている。
例2:サリドマイド事件








サリドマイド:ドイツのグリュネンタール社が開発した鎮静、催眠薬
1957年、ドイツで販売開始、翌1958年、日本の厚生省も発売を許可、販売開始、
世界約50カ国で販売開始
アメリカFDAは、慢性毒性データに不備があるとして発売許可を延期、発売さ
れなかった。
1961年、ハンブルグの小児科医「妊娠中の女性の胎児に、奇形を誘発する」と
警告
グリュネンタール社は直ちに薬を市場から回収、他の製造メーカーにも連絡、
ドイツ保健省も同時に公式の警告を公示
各国が販売を直ちに中止した中、日本では、1962年9月まで販売が続けられ、
1963年にやっと回収作業が終了。その間に数千人の奇形児が生まれ、309人の
認定患者を出してしまった。
1998年、アメリカFDAは、使用、管理に厳密な条件をつけてハンセン病治療薬と
しての販売を承認。その後、幾つかの国で同様の販売が認められている。
日本では未承認だが、骨髄腫などのガンの治療のためとして医師による個人輸入
が増え始め、問題になっている。
最後に
 「歴史に残る発見は、偶然によってもたらされることがある。問題
は、自分に与えられた偶然の機会を見逃すことなく、それを大事なものと
見抜く洞察力があるかどうかで決まる。」 A. Fleming
 「泥臭い実験を嫌がってはいけない。成功の鍵は、運、貪、根」
先輩の言葉
ある
 「科学は、楽しい。楽しいことをやって生きていけるのは、幸せなこ
とだ。」 F. Murad
最後に




将来のイメージ (大学に行き、社会に出て、何をやる?)
「将来の確定的な職業名」を言える必要はない。でもやはり、持った
ほうがいいのは、これから向かっていく先の「世界観」や「仕事観」
「人生観」のようなもののおぼろげなイメージ。
でも、その君の将来のイメージを掴むために、まだ知らない世界が
いっぱいあることを忘れないよう。
「薬の世界」も、その中のひとつ。薬でなくてもいいから、何か科学
にかかわって生きていくのも、おもしろい。(と、私は思います。)
どうして「薬の仕事」をするようになったか

12歳(中学)生物部に入る。蝶々とり、山登り

15歳(高校)生物部を続ける。生化学との出会い

18歳(大学)生物をやりたくて薬学部に進学、卒業後も大学院へ

28歳、神経科学総合研究所で生化学の研究を始める。

34歳、 Stanford大学Ferid Murad教授のもとに2年間留学(Murad
教授は1998年、ノーベル賞を受賞)

40歳、日本の研究所を辞め、アメリカの製薬会社に転職する。
新薬の研究開発が仕事
ダウンロード

薬の話