2006年度からのリハビリ
日数制限と発症後60日以
内の入院制限の影響
鶴巻温泉病院回復期リハビリテーション病棟(医師)
澤田石 順
全国回復期リハ病棟連絡協議会 第13回研究大会 in Ohsaka
2008/2/15
鶴巻温泉病院
はじめに
i. 2006年度からの疾患毎にリハビリテー
ションの日数上限が設定された
ii. 同年度から回復期リハビリ病棟への入
院が発症・手術後60日以内に制限され
た(以前は90日)
iii.特にリハビリ日数制限は社会問題化し、
現在に至るも解決していない
全国回復期リハ病棟連絡協議会 第13回研究大会 in Ohsaka
2008/2/15
鶴巻温泉病院
目
的
2006年度の診療報酬改定(二
種類の日数制限)の影響を明
らかにする
全国回復期リハ病棟連絡協議会 第13回研究大会 in Ohsaka
2008/2/15
鶴巻温泉病院
対
象
04年1月1日~08年3月31日に入院し
08年10月21日までに退院した症例
改定前: 2005年度末までに入院
824例
改定後: 2006年度以降に入院
812例
対象から除外: 精査・治療のための転院、死亡
ないし入退院時FIMのいずれかのデータが欠如
全国回復期リハ病棟連絡協議会 第13回研究大会 in Ohsaka
2008/2/15
鶴巻温泉病院
比較の方法
FIM利得〓退院時FIM-入院時FIM
自宅退院率〓「自宅または家族宅」への退院率
自宅退院率にはχ二乗検定、その他は
Wilcoxonの順位和検定を用いた
入院時FIMによる層別化は4段階で実施
年齢、入院時FIM等は中央値で示す
•統計処理にはフリーソフトウェアの R version 2.6.0 を用いた
全国回復期リハ病棟連絡協議会 第13回研究大会 in Ohsaka
2008/2/15
鶴巻温泉病院
全
体
脳卒中 83.5%→82.5%
骨折 11.5%→12.2%
•脳卒中の死亡率 1.3%⇒3.0%
• 同 精査・治療転院率 4.7%⇒3.3%
•骨折の死亡率 2.2%⇒2.0%
• 同 精査・治療転院率 1.1%⇒2.9%
全国回復期リハ病棟連絡協議会 第13回研究大会 in Ohsaka
2008/2/15
鶴巻温泉病院
脳卒中全体
年齢 発症後 入院時 入院時FIM
FIM効果
日数
FIM
18~41の割合
改定前
改定後
74
75
37
* 31
49
50
40.8%
41.2%
19
22
在院日数 自宅退院率 180日超入院割合
改定前
113
55%
15%
改定後
* 117
61%
17.5%
* Wilcoxonの符号付き順位和検定で p <0.05
全国回復期リハ病棟連絡協議会 第13回研究大会 in Ohsaka
2008/2/15
鶴巻温泉病院
骨折全体
年齢 発症後 入院時 入院時FIM
FIM効果
日数
FIM
18~41の割合
改定前 85.5
改定後 84
53
* 42
65.5
61
40.8%
41.2%
13
14
在院日数 自宅退院率 90日超入院割合
改定前
106.5
47%
64%
改定後
* 91
47%
50%
* Wilcoxonの符号付き順位和検定で p <0.05
全国回復期リハ病棟連絡協議会 第13回研究大会 in Ohsaka
2008/2/15
鶴巻温泉病院
脳卒中: 入院時FIMの階層 & 発症後日数
改定前
50
45
40
35
30
25
20
15
10
5
0
43
改定後
41.5
* 37
* 33
27
27
21
18
18-41
66-89
42-65
90-126
* p<0.05
全国回復期リハ病棟連絡協議会 第13回研究大会 in Ohsaka
2008/2/15
鶴巻温泉病院
脳卒中: 入院時FIMの階層 & FIM利得
改定前
改定後
35
*
30
24.5
25
20
15
31
24
25
17.5
13
11.5
12
10
5
0
18-41
66-89
42-65
90-126
* p<0.05
全国回復期リハ病棟連絡協議会 第13回研究大会 in Ohsaka
2008/2/15
鶴巻温泉病院
脳卒中: 入院時FIMの階層 & 自宅退院率(%)
改定前
100
90
80
70
60
50
40
30
20
10
0
改定後
92.2
94
85.4
78
*
70.3
50.6
34.1
32.1
18-41
66-89
42-65
90-126
* p<0.05
全国回復期リハ病棟連絡協議会 第13回研究大会 in Ohsaka
2008/2/15
鶴巻温泉病院
まとめ
60日以内の入院制限により、入院時発症後日数は有
意に短縮したが、「死亡または精査・治療転院」は5.5%
から7.5%に増加した。これは病状が不安定なままの入
院が増加したことを示唆する。
脳卒中患者の180日超入院が、リハビリ日数制限後に
増加した(15%⇒17.5%)。
骨折患者の90日超入院は改定前は64%で、改定後は
50%に減じた。
全国回復期リハ病棟連絡協議会 第13回研究大会 in Ohsaka
2008/2/15
鶴巻温泉病院
結
語
2006年度の診療報酬改定は当院のごとく重症
者の入院割合が高い回復期リハビリ病棟に大打
撃を与えていると推察される
入院までの日数制限にも、リハビリ日数制限に
も妥当性はなく、速やかに廃止されねばならない
全国回復期リハ病棟連絡協議会 第13回研究大会 in Ohsaka
2008/2/15
鶴巻温泉病院
ダウンロード

スライド 1