問題解決技能トレーニング
オリエンテーション資料
1.問題解決技能トレーニングとは
現実的な問題解決策を選べ
るようにするトレーニング
・ 困っていること
・ 苦労していること
・ よりよくしていきたいこと
・問題点を明確にする
!
・原因をつかむ
・解決策案を考える
・自分に合う方法を選ぶ
◇問題解決の方法
②の様子
① 個別相談(1対1)
② 皆さんの間で意見交換を行う(複数)
※ ほかの人が工夫しているところ、成功したことを知ることができます。
‐1‐
2 問題解決技能トレーニングの流れ①
①「問題の明確化」とは?
・ 困っていること
・ 苦労していること
・ よりよくしていきたいこと 等
次のような項目を手がかりに整理します。
・
・
・
・
いつ
どこで
だれ
なに
いつ
どこで
関係する人
何をしたか(しなかったか)
なぜ
どのように
※ 冷静にふり返ると、整理しやすくなります。
気持ちが高まってきたときには、無理に続けません。
‐2‐
2 問題解決技能トレーニングの流れ②
②「ブレインストーミング」とは?
できるだけ多くの解決策案を出す。
・ できるだけ多く出す。
・ ばかばかしく思えるものも、とりあえず出す。
・ ほかの人の案に、判断や批判は行わない。
・ 「今日からできる」解決策の案を考える
※ 問題解決に役立ちそうな案かどうかは、問題を提起した人が
決めます。
‐3‐
2 問題解決技能トレーニングの流れ③
③「解決策の決定」とは?
結果予測、選択判断、段取り、事前試行からなりま
す。
このトレーニングでは、結果予測と選択判断まで行
います。
◇結果予測
目標を達成できる???(効果)
○・△・×
自分の力でできる???(現実性)
○・△・×
◇選択判断
一番いいと思う解決策案を選びます。
(例)
○
効果(○)・現実性(○)
効果(○)・現実性(△)
‐4‐
実施にあたって
・ 困ったこと、失敗したことを思い出すことになるため、ストレス
を感じる場合もあります。
※ 発言はパスできます。
※ 途中で、見学席や○○に移動できます。
その際には、スタッフに伝えて下さい。
・ 問題解決技能トレーニングが合う人、合わない人がいます。
このやり方が合わない場合は、別の方法で、解決策を考え
ていきます。
‐5‐
ダウンロード

問題解決技能トレーニング オリエンテーション資料