教育課程研究集会資料
新学習指導要領の手引(音楽科)
徳島県立総合教育センター
手引の構成
Ⅰ 改訂の趣旨
1 改善の基本方針 2 改善の具体的事項
Ⅱ 改訂の要点
1 目標について 2 内容について
Ⅲ 具体的な改善事項
1 目標について 2 内容について
Ⅳ指導計画の作成と内容の取扱い
1 指導計画作成上の留意点 2 第2の各学年の内容の
取扱い
Ⅴ 移行期間中の取扱い
Ⅵ Q&A
音楽科改訂のポイント
♪目標の改善
♪内容の構成
♪〔共通事項〕の新設
♪歌唱教材の提示
♪我が国の伝統的な歌唱の充実
♪和楽器を取り扱う趣旨の明確化
♪鑑賞領域の改善
♪創作の指導内容の焦点化・明確化
Ⅱ 改訂の要点
1 目標について
1. 教科の目標
表現及び鑑賞の幅広い活動を通して,音楽
を愛好する心情を育てるとともに,音楽に対
する感性を豊かにし,音楽活動の基礎的な
能力を伸ばし,音楽文化についての理解を
深め,豊かな情操を養う。
新しく加えられる
Ⅲ 具体的な改善事項
1 目標について
音楽文化についての理解を深め
国際化の今日
・我が国や郷土の伝統音楽に対する理解を深める
・諸外国の音楽文化を尊重する態度の育成
様々な音楽が持つ固有の価値を尊重し,その多様性を理解で
きるようにするとともに,音や音楽によって,人は自己の心情
をどのように表現してきたか,人と人とがどのように感情を伝
え合い,共有し合ってきたかなどについて,生徒が実感できる
ように指導
Ⅲ 具体的な改善事項
1 目標について
2,学年の目標
表現活動を通して、音楽表現の豊かさや美しさ
が多様であることを感じ取ること
試行錯誤しながら創意工夫して表現する過程
に,創造性を育む
具体的に示す
Ⅲ 具体的な改善事項
2,学年の目標
3項目で示されている
(1)情意面に関する目標
(2)表現に関する目標
(3)鑑賞に関する目標
1 目標について
Ⅲ 具体的な改善事項
1 目標について
【1学年】
【第2学年及び第3学年】
(1)音楽活動の楽しさを体験すること
を通して,音や音楽への興味・関
心を養い,音楽によって生活を
明るく豊かなものにする態度を育
てる。
(1)音楽活動の楽しさを体験すること
を通して,音や音楽への興味・関
心を高め,音楽によって生活を明
るく豊かなものにし,生涯にわたっ
て音楽に親しんでいく態度を育て
る。
(2)多様な音楽表現の豊かさや美し
さを感じ取り,基礎的な表現の技
能を身に付け,創意工夫して表
現する能力を育てる。
(2)多様な音楽表現の豊かさや美しさ
を感じ取り,基礎的な表現の技能
を伸ばし,創意工夫して表現する
能力を高める。
(3)多様な音楽のよさや美しさを味
わい,幅広く主体的に鑑賞する
能力を育てる。
(3)多様な音楽に対する理解を深め,
幅広く主体的に鑑賞する能力を高
める。
Ⅲ 具体的な改善事項
1 目標について
目標について <小学校から中学校へ>
低学年
中学年
(1)
楽しく音楽にかかわり,音楽
に対する興味・関心をもち,
音楽経験を生かして生活を
明るく潤いのあるものにする
態度と習慣を育てる。
(1)
進んで音楽にかかわり,音
楽活動への意欲を高め,音
楽経験を生かして生活を明
るく潤いのあるものにする態
度と習慣を育てる。
(2)
基礎的な表現の能力を育て,
音楽表現の楽しさに気付く
ようにする。
(2) 基礎的な表現の能力を伸ば
し,音楽表現の楽しさを感じ
取るようにする。
(3)
様々な音楽に親しむようにし,
基礎的な鑑賞の能力を育て,
音楽を味わって聴くようにす
る。
(3) 様々な音楽に親しむようにし,
基礎的な鑑賞の能力を伸ば
し,音楽を味わって聴くよう
にする。
Ⅲ 具体的な改善事項
1 目標について
目標について <小学校から中学校へ>
高学年
中学年第1学年
(1) 創造的に音楽にかかわり,
音楽活動への意欲を高め,
音楽経験を生かして生活を
明るく潤いのあるものにする
態度と習慣を育てる。
(1) 音楽活動の楽しさを体験す
ることを通して,音や音楽へ
の興味・関心を養い,音楽
によって生活を明るく豊かな
ものにする態度を育てる。
(2) 基礎的な表現の能力を高め,
音楽表現の喜びを味わうよ
う にする。
(2)
多様な音楽表現の豊かさや
美しさを感じ取り,基礎的な
表現の技能を身に付け,創
意工夫して表現する能力を
育てる。
(3)
多様な音楽のよさや美しさ
を味わい,幅広く主体的に
鑑賞する能力を育てる。
(3) 様々な音楽に親しむように
し,基礎的な鑑賞の能力を
高め,音楽を味わって聴くよ
うにする。
Ⅱ 改訂の要点
2 内容について
(1) 内容構成の改善
A 表 現
(1) 歌唱
(2) 器楽
(3) 創作(小学校:音楽づくり)
B 鑑 賞
〔共通事項〕
※ 新設
♪小学校と同じ構成にし,義務教育の連続性を図っている。
Ⅱ 改訂の要点
2 内容について
♪各領域及び〔共通事項〕の内容
表現の領域の内容の観点
①音楽の素材としての音
②音楽の構造
③音楽によって喚起されるイメージや感情
④音楽の表現における技能
⑤音楽の背景と風土文化・歴史
具 体 化
歌唱
器楽
創作
ア 歌詞の内容や曲想
ア 曲想
イ 曲種に応じた発声
と言葉の特性
イ 楽器の特徴と奏法
ア 言葉や音階などの特徴と
旋律
ウ 声部の役割や全体
の響き
ウ 声部の役割や全体
の響き
イ 音素材の特徴と反復,変
化,対照などの構成やま
とまり
Ⅱ 改訂の要点
2 内容について
♪各領域及び〔共通事項〕の内容
鑑賞の領域の内容の観点
①音楽の素材としての音
②音楽の構造
③音楽によって喚起されるイメージや感情
④音楽の鑑賞における批評
⑤音楽の背景と風土文化・歴史
具 体 化
ア 音楽を形作っている要素や構造と曲想とのかかわり,説明や批評,音
楽のよさや美しさを味わう
イ 音楽の特徴と文化・歴史や他の芸術との関連
ウ 音楽の多様性
Ⅱ 改訂の要点
2 内容について
・音楽を形づくっている要素や要素
同士の関連を知覚し,それらの働
きが生み出す特質や雰囲気を感
受すること。
〔共通事項〕の内容の観点
①音楽の構造の原理
②音楽的な感受
③音楽を共有する方法
具
体
化
・音楽に関する用語や記号などに
ついて音楽活動を通して理解する
こと。
Ⅱ 改訂の要点
2 内容について
(2)〔共通事項〕の新設
音楽を形づくっている要素や要素同士の関連を知覚
し,それらの働きが生み出す特質や雰囲気を感受す
ること,音楽に関する用語や記号などについて,音楽
活動を通して理解することを〔共通事項〕として新たに
示した。
♪〔共通事項〕は,表現及び鑑賞に関する能力を育成する上
で共通に必要となるものであり,表現鑑賞の各活動におい
て十分な指導が行われるよう工夫する。
Ⅱ 改訂の要点
2 内容について
A 表 現
歌唱
器楽
創作
(音楽づくり)
B 鑑 賞
〔共 通 事 項〕
各活動の支えとなるもの
単独で指導するもの
ではない
各活動において内容を十分に
指導することが重要
Ⅱ 改訂の要点
2 内容について
(1)「A表現」及び「B鑑賞」の指導を通して,次の事項
を指導する。
ア 音色,リズム,速度,旋律,テクスチュア,強弱,形
式,構成などの音楽を形づくっている要素や要素
同士の関連を知覚し,それらの働きが生み出す特
質や雰囲気を感受すること。
イ
音楽を形づくっている要素とそれらの働きを表す用
語や記号などについて,音楽活動を通して理解す
ること。
Ⅱ 改訂の要点
2 内容について
〔共通事項〕アについて
<小学校から中学校への発展>
小学校
ア 音楽を形づくっている要素のうち
次の(ア)及び(イ)を聴き取り,それ
らの働きが生み出すよさや面白
さ,美しさを感じ取ること
(ア) 音楽を特徴付けている要素
音色,リズム,速度,旋律,
強弱,拍の流れ,フレーズ,
音の重なり,音階,調,
和声の響き
(イ)音楽の仕組み
反復,問いと答え,変化,
音楽の縦と横の関係
中学校
ア 音楽を形づくっている要素や要素同
士の関連を知覚し,それらの働きが
生み出す特質や雰囲気を感受する
こと
(ア) 音楽を形づくっている要素
音色,リズム,速度,旋律,
強弱,テクスチェア,形式,構成,
Ⅱ 改訂の要点
2 内容について
(3) 歌唱教材の提示
我が国の良き音楽文化を世代を超えて受け継がれるように
※ 新設
歌唱共通教材
「赤とんぼ」
「荒城の月」
「早春賦」
「夏の思い出」
「花」
「花の街」
「浜辺の歌」
♪ 各学年ごとに1曲以上含めること
Ⅱ 改訂の要点
2 内容について
(4) 我が国の伝統的な歌唱の充実
歌唱教材の観点
(ア)
我が国で長く歌われ親しまれている歌曲のう
ち,我が 国の自然や四季の美しさを感じ取れる
もの又は我が国の文化や日本語のもつ美しさを
味わえるもの
(イ)
民謡,長唄などの我が国の伝統的な歌唱のう
ち,地域や学校,生徒の実態を考慮して,伝統
的な声の特徴を感じ取れるもの
Ⅱ 改訂の要点
2 内容について
我が国の伝統的な歌唱
我が国の各地域で歌い継がれている仕事
歌や盆踊りなどの民謡,歌舞伎における長
唄,能楽における謡曲,文楽における義太
夫節,三味線や箏など楽器を伴う地歌・箏曲
など,我が国や郷土の伝統音楽における歌
唱
例示
Ⅱ 改訂の要点
2 内容について
(5)和楽器を取扱う趣旨の明確化
箏
三味線
尺八
篠笛
太鼓
雅楽
等
和楽器の指導については,3年間を
通じて1種類以上の楽器の表現活
動を通して,生徒が我が国や郷土
の伝統音楽のよさを味わうことがで
きるよう工夫すること
実際に演奏する活動を通して,
音色や響き, 奏法の特徴,
表現力の豊かさや繊細さなどを感じ取る
現
行
と
変
わ
ら
ず
Ⅱ 改訂の要点
2 内容について
(6)鑑賞領域の改善
【第1学年】
ア
音楽を形づくっている要素や構造とかかわりを感じ
取って聴き,言葉で説明するなどして,音楽のよさや
美しさを味わうこと。
音楽を形づくっている要素や構造な
どを理由としてあげながら音楽のよ
さや美しさなどについて述べること
Ⅱ 改訂の要点
2 内容について
【第2学年及び第3学年】
ア
音楽を形づくっている要素や構造と曲想とのかか
わりを理解して聴き,根拠をもって批評するなどして,
音楽のよさや美しさを味わうこと。
音楽のよさや美しさなどについて,音
楽を形づくっている要素や構造など
の客観的な理由をあげながら言葉で
表現すること
単なる感想を書いたりすることとは
異なる活動
Ⅱ 改訂の要点
2 内容について
(7)創作の指導内容の焦点化・明確化
A 表現 (3)創作の活動を通して,次の事項を指導する
【第1学年】
ア
言葉や音階などの特徴
を感じ取り,表現を工夫し
て簡単な旋律をつくること。
イ 表現したいイメージをも
ち,音素材の特徴を感じ
取り,反復,変化,対照な
どの構成を工夫しながら
音楽をつくること。
【第2学年及び第3学年】
ア 言葉や音階などの特徴
を生かし,表現を工夫して
旋律をつくること。
イ 表現したいイメージをも
ち,音素材の特徴を生か
しながら,反復,変化,対
照などの構成や全体のま
とまりを工夫しながら音楽
をつくること。
♪ 指導内容の焦点化
Ⅳ 指導計画の作成と内容の取扱い
1 指導計画作成上の留意点
指導計画作成上の配慮事項
♪ 各学年の内容「A表現」「B鑑賞」の指導
について,それぞれ特定の活動のみに偏
らないようにする。
♪ 道徳の時間などと関連を考慮しながら,
道徳の内容について,音楽科の特質に応
じて適切な指導をすること。
Ⅳ 指導計画の作成と内容の取扱い
1 指導計画作成上の留意点
内容の取扱い
♪ 相対的な音程感覚などを育てるために,
適宜移動ド唱法を用いる。
♪ 知的財産権について,必要に応じて触れ
る。
Ⅴ 移行期間中の取扱い
移行期間中の留意事項
指導移行期間中の配慮事項
♪ 学校の判断により,平成21年度より新学
習指導要領によることも可能である。
ただし,
重要
歌唱共通教材の扱いは,平成21年度より
新学習指導要領によるものとする。
新学習指導要領の手引(音楽科)
終わり
ダウンロード

1 目標について - 徳島県立総合教育センター