ヤマセに関わるローカルな大気
海洋相互作用
児玉安正(弘前大院・理工)
ーヤマセ関連プロジェクトとの関係・および構想ー
生存基盤科学研究ユニット サイト型研究(滋賀サイト、青森サイト)
「青森における陸域・大気圏の物質交換・輸送・混合層の精密測定」
(代表者 京都大学津田教授(第1期) 橋口准教授(第2期))
ヤマセの高層観測(昨年),ウインドプロファイラー観測 (今秋から)
WPデータの同化、 物質輸送
新学術領域研究 縁辺海が大気の擾乱・雲形成・大規模循環に及ぼす影響
(代表者 立花義裕 三重大学教授)
大気
海洋
ヤマセが海洋に及ぼす影響 (海洋内部客観解析データ JCOPE)
本プログラム
マルチモデル内の大気海洋相互作用
温暖化後のヤマセ時の大気海洋相互作用
特に海洋の変化の影響
京都大学生存科学基盤科学研究ユニット サイト型研究
「青森における陸域・大気圏の物質交換・輸送・混合層の精密測定」
ウインドプロファイラー(1.3GHz)
ヤマセ ⇒ 海洋に影響?
海面水温平年偏差(℃)
←ヤマセ吹き始め
ヤマセ時→
背景2: 海洋の鉛直構造
冷
暖
2002年7月上旬の深さ100mの水温図と
東経144度線に沿った水温断面図
(気象庁ホームページより)
三陸沖のSST変化の例
海気温度差 負 → SST上昇率 小
気温、SST(℃)
1993年6~8月 気温、SSTと風向(40N,142.5E)
○:気温
風向
●:SST
2009年のヤマセ高層観測
(at 金木,五所川原)
放球風景
金木農場
観測期間,放球場所:
冬季:2009年1月31日~2月15日 (土・日のみ)
弘前大学藤崎農場
季節風の上流側に岩木山や白神山地があり地形の影響を
受けた季節風が観測される。
夏季:2009年7月25日~8月9日 (土・日のみ)
弘前大学金木農場
ヤマセの上流側に高い山が無く,ヤマセが陸奥湾を経由して
日本海側まで流入しやすい
ヤマセ時の特徴である,オホーツク海高気圧
東北地方の太平洋側に沿って伸びるリッジが観測された
8月1日18Z
8月1日06Z
8月1日12Z
(株)ウエザーニューズ
Labs Channel
津軽山地にかかるヤマセの出し雲
気象非静力学モデルを用いたダンスケーリング実験
(気象研究所 瀬古弘さんから データ提供)
謝辞: モデル計算実行:
気象庁気象研究所予報研究部
林修吾 様
モデルデータ提供:気象庁数値予報課
1km
20km
5km
県内の地区別のローカルな
気象予測,気象災害情報の提供
モデル内の地形表現の改善
5km(気象庁メソ予報)
1km
5km
1km
冬のケース
5km 分解能
1km 分解能
陸奥湾の風分布
原子力半島 下北
再処理工場から排出されるクリプトン85が風下へ輸送され
る過程が、地上のモニタリングで検出される
原子力施設環境放射線調査報告書 青森県(平成19年度第2四半期報)
平成19年9月
原子力施設環境放射線調査報告書 青森県(平成19年度報)
ウインドプロファイラー
観測地
(財)環境科学技術研究所
六ヶ所村の大気境界層観測
今後3~4年間やりたい
ウインドプロファイラー(WP)観測,
RASS(音波の伝播速度から気温プロファイル測定)??
ライダーによる気温プロファイル測定
ヤマセの鉛直構造のモニタリング
モデルで気体状放射性物質輸送をシミュレート
放射線モニタリングデータで検証
ヤマセの鉛直構造と海上の気団
変質の関係
児玉安正(弘前大院・理工)
遠宮善陽・浅野正二(東北大・CAOS)
Kodama et al. 2009 (JMSJ)
ヤマセとは
海洋フロントの存在とやませ
ヤマセ共同観測(2001-2007)
(東北大CAOS-函館海洋気象台)
高風丸
通常の海上気象観測,強化高層観測,
持込機器による観測(放射、雲底高度)
(2006年の例)
従来の関連研究
→海岸・陸域のデータ、衛星リモートセンシング
海上の観測が不足
• Ninomiya & Mizuno (1985,JMSJ) 熱収支解析
• Urano, Nakamura, Asai (1990,月刊海洋)数値実験:
ヤマセ雲の雲頂放射冷却
• Kodama(1997,JMSJ) 流跡線解析:海洋の気団変質の影響
• Takai, Kawamura, Isoguchi(2006, JMSJ) 衛星海上
風:海上のヤマセの挙動と東北地方の気温偏差
• Kojima(2006, SOLA)
衛星リモートセンシング:ヤマセ雲の光
学的・雲物理学的特性
• Nagasawa,Iwasaki, Asano,Saito, Okamoto
(2006,JMSJ) ヤマセ雲の数値実験
• 研究手法
•
•
•
•
海上の高層観測(高風丸)データの利用
後方流跡線解析
流跡線に沿った海面熱フラックス(顕熱+潜熱)
観測されたヤマセ鉛直構造と気団変質の履歴
• 解析対象
ヤマセ特別観測期間中でヤマセが観測された2期
間
• 2003年6月21日~25日
• 2006年7月4日~10日
データなど
• SSTデータ(NGSST,0.05°× 0.05°)
(Guan & Kawamura 2004)
高分解能で、海洋フロントが表現される
• 大気データ(気象庁領域モデルGPV)
( 0.2°× 0.25°)
以上はバルク法(Kondo 1975)に利用
• 流跡線解析 国立環境研 METEX
(Zeng et al. 2003) NCEP-NCAR再解析データを利
用
2003年6月のケース
2003年のケース
st1
st2
st3
高風丸でヤマセ雲の
ステップ状の上方への
発達が見られた
St1:浅い混合層
St2:混合層が上方へ発達
St3:雲底が上昇
St1,St2: 放射冷却
St3: +海洋の加熱
Kojima et al. 2006
St1,St2: SST>気温
St3:
SST<気温:気温上昇 海洋による加熱
気温は日変化も顕著
st1
st2
st3
後方流跡線解析(終点:高風丸、高度120~160m)
ヤマセの後方流跡線は,時間経過と共に東方にシフトした
北海道から(st1)→千島から(st2)→海洋フロント経由(st3)
Kondo(1975)
海洋フロントを通過する経路では,海面加熱が大きい)
st1
st2
st3
2003年まとめ
時間経過と共に,ヤマセの流跡線は東にシフト
• Stage1:北海道から
• Satge2:千島から
• Stage3:黒潮続流の海洋フロントを通過
2006年7月のケース
2006年のケース 接地安定型から対流混合層型に変化
接地安定層型
Stage1
Stage2
対流混合層型
高風丸の観測:
前半は視程が夜間に低下
Stage2
流跡線解析:Stage1:zonal
Stage2: 北風
Stage2
熱フラックス:後半は加熱が強まった
Stage2
Stage 2 では 加熱が強まる(海洋フロントを通過)
2006年まとめ
時間経過と共に,ヤマセの流跡線は向きが西
向きから、南西向きにシフト
• Stage1:黒潮続流フロントの南側を通過
強い加熱なし
親潮の前面のフロントで冷却
• Satge2:黒潮続流フロントの南側を通過
強い加熱、発達混合層
まとめ
• 海上のヤマセのプロファイルの詳細な観測が
初めてなされた。
• ヤマセのプロファイルの変化は,後方流跡線
の変化と密接に関係していた。
• 海洋フロントでの気団変質がヤマセのプロ
ファイルに大きな影響を及ぼすことが示唆さ
れた。
研究期間と使用データ
研究期間:1993~2005年、6~8月
使用データ
・NCEP/NCAR再解析データ(6時間毎)
→気温、風、海面気圧
・NOAA(週平均)
→海面水温(OI SST)
合わせて
週平均
ヤマセ ⇒ 海洋に影響?
海面水温平年偏差(℃)
←ヤマセ吹き始め
ヤマセ時→
三陸沖のSST変化の例
海気温度差 負 → SST上昇率 小
気温、SST(℃)
1993年6~8月 気温、SSTと風向(40N,142.5E)
○:気温
風向
●:SST
ヤマセと海洋の相互作用
海洋
ヤマセ
海面水温→三陸沿岸のヤマセの気温
(Kodama 1997; Kodama et al. 2009)
ヤマセ
海洋 ?
現在の多くのヤマセの数値実験では
海面水温を与えて、大気の変動を計算している
目的
研究例の少ない
影響?
ヤマセ
海洋
三陸沖だけでなく、より広範囲において
海面水温変化傾向を比較する
三陸沖との比較領域
三陸沖:40N,142.5E(C5)
黒潮域:35N,142.5E(C7)
SST上昇率と風速
1週間当たりのSST上昇率と風向
風速2m/s以下は
除外
三陸沖
東風 ⇒ SST上昇率 小
三陸沖
黒潮域
風向によるSST上昇率の変化 三陸沖>黒潮域
SST 上昇率と海気温度差
三陸沖
海気温度差 小 ⇒ SST上昇率 小
三陸沖
黒潮域
黒潮域 海気温度差 負 ⇒ SST上昇率 正 がある
まとめ
ヤマセ時
気温~SST or 気温<SST
SST下降、 または上昇率が低下
三陸沖:SST上昇率低下はヤマセとみられる東よりの風に集中
黒潮域:風向依存性は 三陸沖にくらべて不明瞭
三陸沖におけるSST ヤマセによる影響
まとめ
• CMIP3マルチモデル(大気海洋結合モデル)
の解析
地球温暖化に伴う
海洋のSST,亜表層構造の変化
それが温暖化後のヤマセに与える影響
北太平洋のSST上昇→
ヤマセが発生しても低温傾向は緩和される可能性も
遠藤さん(気象研)と情報交換しながら
ダウンロード

- 東北大学大学院理学研究科 流体地球物理学講座