2011年六ヶ所村ヤマセキャン
ペーン観測の概要紹介
児玉安正・黒瀧あゆみ・他(弘前大・理工)
橋口浩之・古本淳一・矢吹正教・津田敏隆(京都大
生存圏)
観測期間・観測項目
観測期間:
2011年 7月16日~8月7日
ゾンデ観測(3時間毎)は土曜・日曜
のみ(4週末)
ウインドプロファイラーは、昨秋より継
続(ただし冬季は休み)
観測項目:
GPSゾンデ、ソーダー、ラマンライダー
ウインドプロファイラー、RASS
ラマンライダー(雲と水蒸気分布の観測)
ラマンライダー観測
雲の層
水蒸気分布
夢はぐ館はもとは小学校
ウインドプロファイラー
@六ヶ所村
環境科学技術研究所
京都大学・弘前大学が
ヤマセの研究のため
共同で設置
地上約300m~3kmの風
の流れを観測
観測場所
ゾンデ・ライダー・ソーダー(六ヶ所村夢はぐ館)
ウインドプロファ
イラー・RASS
((財)・環境科
学技術研究所)
風車
六ヶ所村は年間を通して風
の強い地域
→風力発電を行える環境
合計77基の風車発電
ヤマセ時に見られる気圧配置
上層500hPaの天気図
ジェット気流:大きく蛇行
オホーツク海上
→ブロッキング高気圧
地上天気図
オホーツク海高気圧:停滞
北高型の気圧配置:持続
沿海州と北日本太平洋側にリッ
ジが延びる(N字型パターン)
→地形の影響を受けた寒気の
流出
工藤泰子(1984):典型的なヤマセ時のオホーツク海気団
の特性 1981年6月18~21日の事例解析 天気,31,411419
7月30~31日:ヤマセ型となった
1
21z29Jul 梅雨前線停滞時
2
06z31Julヤマセ持続
12z30Jul
ヤマセ吹き始め
3
対流圏中層:ブロッキング発生
500hPa面天気図
12z30Jul
ヤマセ吹き始め
リッジが東北地方太平洋側に延びる:ヤマセ開始
オホーツク海高気圧が移動性になる
東北地方は南風場に:ヤマセの終了
7月30日~8月2日に
かけて,ヤマセ型気圧配置
が持続した.観測期間は
ヤマセの吹き出し開始期
に相当する.
結果
1
風向・風速の時系列
2
3
①層が厚い(21z29Jul)
②ヤマセの吹き始め
(12z30Jul)
③ヤマセ持続中
(06z31Jul)
東風(ヤマセ)層
西風風速
MT-SAT画像
21z29Jul 梅雨前線停滞時 12z30Jul ヤマセ吹き始め
1
2
06z31Julヤマセ持続
3
温位と相当温位
結果
1
安定層が2層みられる.
相当温位
温位
上の安定層は,湿潤層の上端
下の安定層は,東風層の上端
2
3
乾燥
ヤマセ
乾燥
ヤマセ
温位
結果
安定層(上)
湿潤層の上端に一致
東風層の上端
安定層(下)
東風層の上端に
ほぼ一致
1
2
3
結果
相対湿度
安定層(上)
湿潤層(70%以上)と安
定層(上) ほぼ一致
東風(ヤマセ)層
霧や雲の層(90%以上)
霧や雲の層と東風層は
ある程度一致
気温
ヤマセ層の気温は時間
の経過と共に低下
東風(ヤマセ)層上端
霧・下層雲上端
後方流跡線解析(72時間前)
METEX使用(NIES-CGER) : NCEPーNACR再解析データ(6hourly を使用)
29日12z 高度250m
30日21z 高度250m
31日6z 高度250m
オホーツク海高気圧が発生して数日間経過すると
低SST海域由来の空気塊が流入して気温が低下する
後方流跡線解析(72時間前)
やませのダシ雲
ヤマセが八甲田山脈を吹き越
すときに観測されるダシ雲
弘前大学5階から撮影:
2011年8月1日18時頃
まとめ
• 3時間毎のゾンデ観測で,2011年7月30日~31日(JST)に,ヤマセの吹き
出し初期の状況を観測する事ができた.
• ヤマセ(東風)層は,およそ850hPa面以下にあり,湿潤な霧層で,上端に
安定層と伴っていた.
• ヤマセ層より上方700~750hPa面付近に強い安定層があり,湿潤層の上
端をなしていた.
• ヤマセ層の気温は吹き出し後,徐々に低下した.吹き出し初期には北海
道南方のSSTが比較的高い海域が起源の空気塊で,その後,千島付近
のSSTが低い海域起源の空気塊が流入したと考えられる.
• 様々な測器(ウインドプロファイラー,ラマンライダー,ソーダー)でヤマセ
事例を観測することが出来た.ダウンスケールリングモデルの検証に利
用して頂ければ幸い.
ダウンロード

Document