資料2
(財)大阪府産業基盤整備協会の
解散に伴う府貸付金の回収について
平成24年7月
商工労働部 企業誘致推進課
H24.7.25戦略本部会議
1
Ⅰ 法人の概要等
法人概要
(1)設立目的
(2)設
立
(3)主要事業
(4)基本財産
(5)主要資産
中小企業等のための産業団地の造成・管理と大阪府商工会館の運営
昭和37年2月(平成7年7月に(財)大阪府商工会館と合併)
①土地賃貸事業(テクノステージ和泉37社、津田サイエンスヒルズ2社)
②商工会館運営事業(貸事務室18団体入居中、貸会議室14室)
③いずみテクノサポートセンター運営事業
17.2億円
【内訳】基本金3,000万円
商工会館土地・建物16.9億円(H16.2に府から無償譲渡)
①賃貸事業用土地(テクノステージ和泉18.6ha、津田サイエンスヒルズ3ha)
②いずみテクノサポートセンター建物(延床2,608㎡、重量鉄骨造2階建て)
(6)財政的関与 ①基本金の出捐等
②貸付金130.1億円(H24.4現在、年利0.5%単年度貸付)
※事業収益で年約5億円ずつ元金を回収中
2
Ⅱ 反復・継続的な府単年度貸付手法の解消に向けた取組み
これまでの取組み経過
◇平成20年12月
多額の財政負担が生じる対応は中長期的な課題とし、当面は(単年度)貸付の必要性、額の妥当性を 精査
し、必要最小限なものとしていくべきとの「大阪府庁財政研究会報告書」を取りまとめる。
◇平成22年2月
平成22年度当初予算知事記者レクで、出資法人への反復・継続的な単年度貸付手法は、違法ではないが不
適切な会計操作であり、府財政運営の一層の適正化のため見直しに取り組むことを表明。
◇平成22年10月
大阪府財政構造改革プラン(案)で、(財)大阪府産業基盤整備協会に関しては、公益法人改革の移行満了日
である平成25年11月末までに単年度貸付を解消し、法人を解散することを明記。
◆平成23年8月
大阪府戦略本部会議で、①法人は平成25年3月末で解散 ②府貸付金の回収方法は代物弁済によること
を決定。
◇平成24年3月
(財)大阪府産業基盤整備協会が、理事会で法人解散日を平成25年3月31日とする定款変更を決議。
3
Ⅲ 府貸付金の回収と債権放棄
府貸付金は、協会の自己資金及び所有不動産による代物弁済で回収し、差額は債権放棄。
協会
大阪府
元利返済の一部に充当
自己資金(賃貸事業等収益)
5.5億円
府貸付金
(協会の要返済額)
賃貸事業用土地(21.6ha)
代物弁済
元
金
130.1億円
利
息
0.65億円
合
計
130.75億円
110.78億円(※)
※大阪府財産評価審査会の答申による
債権放棄
返済不足額
△14.47億円
(注1)商工会館は閉館し大阪府に返還
法人解散までに閉館し、平成16年2月の無償譲渡契約に基づき大阪府に返還。その後は速やかに売却。
なお、現時点の鑑定評価額は約19億円。
(注2)いずみテクノサポートセンター
地元市の産業拠点振興の観点から、協会が和泉市に無償譲渡し、運営を継続。
(注3)土地賃貸事業
大阪府が事業承継し、中小企業との賃貸契約が満了する平成37年まで事業を継続。その後は時価で売却。
なお、事業運営に関しては、府商工労働部があたる他、地元市や地元支援機関等とも協力しながら、引き続き企業支援も継続。
4
Ⅳ 今後のスケジュール
7月
価●
) 7
/
18
財
産
評
価
審
査
会
(
代
物
弁
済
資
産
を
評
9月
8月
1●
)
7
/
25
戦
略
本
部
会
議
(
注
●
9
/
6
・
7
政
調
会
10月
2●
)
9
月
議
会
賃
貸
事
業
用
土
地
取
得
議
案
の
提
出
債
権
放
棄
等
議
案
の
提
出
11月
●
代
物
弁
済
・
返
還
手
続
き
開
始
12月
1月
2月
◆土地賃貸事業の定期借地権設定契約の変更
◆賃貸事業用土地の府への所有権移転手続き
◇商工会館入居団体の退去
◇商工会館土地・建物の所有権移転手続き
4月
3月
●
代
物
弁
済
・
返
還
手
続
き
完
了
●始 ● ●
3 3 4
/ / /
29 31 1
~
貸
付
金
返
済
期
日
法
人
解
散
・
清
算
開
大
阪
府
に
よ
る
土
地
賃
貸
事
業
開
始
(
注
(注1)代物弁済を受ける資産内容及び評価額を決定。
(注2)商工会館は、その規模から財産取得の議決事項に該当しない。
5
ダウンロード

(財)大阪府産業基盤整備協会の解散手続き