平成24年度 大阪府教育委員会当初予算要求の概要(H24.1.20時点)
≪H24年度:当初予算5,673億円≫
建設事業費,
168
単位:億円
プランの目標等
区
分
主な事業
目標1 「学校力」を高める
事業概要
「知」・・・知事重点事業
(千円)
H23
H24
「9月」・・・9月補正事業
(
備考
)内は9月補正予算額
3.0%
その他, 192
【基本方針1】
小・中学校で、子どもたち
の学力を最大限に伸ばし
ます
3.4%
・学力向上プロジェクト支援事業
知
学力向上担当者を位置づけ中学校の組織的取組を推進
・大阪府学力・学習状況調査事業
知
府独自の学力・学習状況調査を実施(小:国・算、中:国・数・英)
・学力向上重点校支援プロジェクト事業
知
課題の大きな小中学校に対する重点支援
・習熟度別指導推進事業
小3以上(国・算)、中(国・数・英)で習熟度別指導を実施
1,017,031
1,020,271
119,526
115,045
32,866
32,880
1,647,528
2,042,803
80,988
91,964
判定テスト受検
対象者の増
・使える英語プロジェクト事業(小中)
知
実践研究、「英語をつかうなにわっ子」育成プログラムの作成
【基本方針2】
すべての府立高校が魅
力を高めあい「入ってよ
かった」と言われる学校を
めざします
・さらなる特色づくりの推進事業
知
進学指導特色校支援
372,042
122,500
設備整備の完了
・がんばった学校支援事業
知
顕著な実践・成果を示す学校を支援
200,000
300,000
部長復活
・使える英語プロジェクト事業(高校)
知
特設レッスンの開設、生徒の海外研修支援等
231,626
119,460
設備整備の完了
・実業教育充実事業費
9
月
工科高校等における実習設備等の充実
(170,245)
519,731
部長復活
【基本方針3】
障がいのある子ども一人
ひとりの自立をしっかりと
支援します
・府立知的障がい支援学校新校整備事業費
知
府内4地域における新校整備
525,889
4,564,538
工事着工
・府立支援学校教育環境整備事業
知
知的障がい支援学校の分校の運営等
58,692
58,034
・職業コース整備事業費
知
知的障がい支援学校職業コースのための物品購入(4校)
6,173
5,454
経費の縮減
・障がいのある生徒の高校生活支援事業
知
専門的な知識をもった臨床心理士等の配置 など
102,745
118,923
生徒数の増
1,200
1,200
(170,176)
1,108,000
5,752
5,752
93.6%
人件費,
5313
H23年度当初予算
H24年度当初予算
当初予算
5,725億円
(4,524)
当初予算要求
うち事業費
291億円
(192)
(うち事業費)
5,673億円
(4,449)
360億円
(223)
※( )は一般財源(内数:億円)
事業費予算の主な増減要因
H23当初→H24当初 69億円増
≪知事重点事業の増≫ 43億円
1.府立知的障がい支援学校新校整備事業費
・建設工事の着手等による増 (+40.0億円)
2.実業教育充実事業費
・整備対象の増
(+5.2億円)
3.がんばった学校支援事業
・私立高校分の要求による増 (+1.0億円)
4.さらなる特色づくりの推進事業
・設備整備の完了による減
(▲2.5億円)
5.使える英語プロジェクト事業(高校)
・設備整備の完了による減
(▲1.1億円)
≪その他の事業の増≫ 26億円
1.府立視覚支援学校整備事業費
・建設工事の本格化
(+18.3億円)
2.中学校給食導入促進事業費
・補助対象事業の増
(+11.1億円)
3.東淀川高等学校空気調節設備改修費
・事業の完了による減
(▲4.1億円)
※H24予算は現時点での査定及び復活要求額を反映したもの。
※今後、数値が変動する場合がある。
定数活用の増
【基本方針4】
子どもたちの健康と体力
づくりを進めます
・スポーツ指導・体力向上支援推進事業
・中学校給食導入促進事業費補助金
スポーツ大会を開催(ドッジボール、なわとび、駅伝)
9
月
中学校給食を新規に実施する市町村に対し支援
・体力向上サポート事業
小学校の体育授業に体育専攻学生等の派遣(100校)等
【基本方針5】
教員の力を高めるととも
に、指導が不適切な教員
を現場からはずします
・教職員採用選考費
受験説明会・広報活動の充実等、大阪教志セミナーの実施 など
18,163
18,186
・教職員の資質向上方策推進事業
「指導が不適切である」教諭等への具体的な対応の実施 など
5,209
5,209
・海外の先進的な学校への教職員派遣事業
知
教員等が海外の先進的な取組みを行う学校などを視察
51,720
38,317
【基本方針6】
学校の組織力と学校への
チーム支援を強化します
・校長マネジメント推進事業
知
校長のマネジメントに必要な経費の充実
233,500
233,500
24時間電話相談の実施、被害者救済システムの活用 など
48,318
39,108
ICTネットワークを統合し、わかる授業の実現等を図る
67,869
67,474
0
20,026
6,684,890
6,812,624
149,250
106,754
府立学校でのあいさつ運動を中心とした地域活動等を支援
4,980
5,000
専門学校や企業、外部人材と連携したキャリア教育を支援
138,000
138,000
350,664
350,664
27,281
27,281
・児童生徒支援総合対策事業
・府立学校における教育のICT化推進事業
【基本方針7】
子どもたちの安全で安心
な学びの場をつくります
知
・防災科学技術を活用した防災教育推進事業
緊急地震速報受信システム等を活用した防災教育推進事業
・府立学校耐震性能向上・大規模改造事業
府立学校の耐震補強工事・大規模改修工事を実施
補助対象の増
派遣人数の減
国庫採択額の減
新規の国庫事業
整備対象の増
目標2 学校・家庭・地域をつなぐ
【基本方針8】
家庭との役割分担、地域
との協力で子どもたちの
学びと育ちを支えます
学校・家庭・地域の連携協力による取組み(学校支援地域本部、
おおさか元気広場、家庭教育支援)を支援
・教育コミュニティづくり推進事業
目標3 子どもたちの志や夢をはぐくむ
【基本方針9】
子どもたちの豊かな心を
はぐくみます
・愛さつOSAKA展開事業
【基本方針10】
責任を持って行動できる
大人に育てます
・スクールカウンセラー配置事業
全中学校(政令市を除く)に配置
・スクールソーシャルワーカー等活用事業
学校と福祉をつなぐ専門家として、市町村(政令市・中核市を除
く)に派遣
※新規要求を検討中の事業
・「実践的キャリア教育・職業教育」支援事業
○広報強化推進事業
知
○高等学校支援教育力充実事業
実績の減
ダウンロード

平成22年度 主要施策(教育委員会:予算要求時点)