事例研究の進め方
事例研究の目的
研究会本来の目的であるテーマ研究
を行うための予備研究(演習)
テーマ研究をまとめるために必要な
データやツールが何かを検討する
検討したツールやデータの有用性を
検証する
視覚化
事例研究のテーマ
 鳥インフルエンザ
 人獣共通感染症である
 国、自治体で取り組みが行われており、関係
機関の連携の試みも見られる
 マニュアルなども比較的多く出ている
 発生事例又は疑われた事例などの実例があ
る
 情報収集の方法も検証できる
本日、検討する内容
 全体像の把握
 モデルの作成
 作業の進め方
 シミュレーションの作成方法
 比較検討の方法
 吉川先生の宿題
 神奈川モデルの構築
全体像の把握
 保全医学的なアプローチは視野が広がりすぎ
て、ひとつひとつの作業が関連づけられなくな
る可能性がある
 検討している事項が問題全体のどの部分なのか
常に把握しておく必要がある
 自分たちがどの作業をしているかが確認でき
る地図(座標)のようなものが必要
全体像把握のためのツール
 マトリクスで考えてみる
 E型肝炎調査で使用したマトリクス図
 重層のマトリクス
HEV調査で作成したマトリクスの例
野生動
物
診断
監視
調査
管理
教育
データ
の収集
ネット
ワーク
家畜
人
3層のマトリクス
国レベル
自治体レベル
民間・研究機関レベル
3層マトリクス×3種類
実態
マニュアル
目標
国レベル
国レベル
国レベル
自治体
レベル
自治体
レベル
自治体
レベル
研究機関
レベル
研究機関
レベル
研究機関
レベル
3層のマトリクスによる比較
(垂直レベルの比較)
国
自治体
研究機関
3層のマトリクスによる比較
(水平レベルの比較)
実態
マニュアル
目標
発生例と項目の関係(イメージ)
国
レベル
a
b
ア
イ
自治体
レベル
c
●
▲
■
ウ
a
b
ア
イ
●
■
ウ
枠の緑、黄色の塗りつぶしはマニュアルあり
●、■は実際に発生した事象
▲は発生が想定される事象
c
▲
野鳥の不審死に係る県鳥獣行政担当部局の対応マニュアルの例
野生動物
診断
簡易検査
確認検査
監視
不審死に関する通報
調査
現地調査方法
管理
教育
データ
の収集
情報の整理
ネット
ワーク
死亡原因による県機
関の役割分担
他機関への情報提供
家畜
人
検討課題
 全体像を把握するツールとしてマトリクス
は有効か?
 マトリクスが有効とした場合、縦軸、横軸に
入る適当な項目は何か?
 重層マトリクスを使用する場合の各層は、
国、自治体、民間という区分が適当か?
モデルの作成
作業の進め方
1. 実態の把握
 データの収集と分析
 事例の精査
2. 課題の発見
3. 対策の検討(複数の改善モデルの作成)
4. モデルの比較検討
 現状⇔モデル、モデル⇔モデルの比較検討
5. 最終モデルの決定
検討方法
 マトリクスの項目ごとに検討する
 項目ごとに収集できるデータの把握
 収集すべきデータの把握
 収集したデータの精度、有用性についての検証
 マトリクス全体の中で検討する
 リスク論
 リスクトレードオフ
モデルの視覚化
シミュレーションの作成方法
 モデルの視覚化
 シミュレーション作成のための数理化
モデルの作成
 コンピューターシミュレーションの作成
 現状モデルと改善モデルのパラメーター
を変化させ比較検討を行う
 改善モデルは複数案を検討する
モデルの視覚化のための検討
 数理化モデルを作成するのに必要なものは何か?
 コンピュータシミュレーションを作成するのに必要な
ものは何か?
 必要なデータを収集するための方法は?
 専門家による課題別研修の実施
 技術者を研究会に招聘
比較検討の方法
モデルの比較検討
 どのような視点で検討するか




リスクの大きさ ⇒ 何に対するリスクか…
リスクトレードオフ ⇒ 一番守るべきものは…
リスクベネフィット ⇒ 施策の妥協点は…
経済的視点 ⇒ いくらかけても良いのか…
 検証方法
 施策の効き目をどうやって測定するか
 検証を行うためのツールの検討
 リスク論にヒントがあるかも…?
施策提案するための視点
 施策目標をどこに置くか
 担当部局はどこになるか
 全体(環境、農政、衛生)の役割分担
 各分野が協力できるだけの説得力が必要
 ワークシェアリングの明確化
 人とお金
 人手と予算がかかればかかるほど実現性が遠のく
吉川先生の宿題(神奈川モデルの構築)
野生動物疾病監視システムの構築
 研究会としての認識
 県内の発生状況は把握すべき課題
 全体の中のひとつの分野として検討すべき課題
 構築の課題
 システムの主体
 ネットワーク化
 情報源の把握
野生
動物
診断
監視
調査
管理
教育
データ
の収集
ネット
ワーク
家畜
人
ダウンロード

事例研究の進め方 - かながわ保全医学研究会