2.7 EFFECT OF MODIFIED ASPHALTS
ON THE RUTTING BEHAVIOR OF MIXTURES
向後 憲一
Performance Grade
σ(応力)
【バインダの永久変形抵抗性】
現行PG:G*/sinδを指標
アスファルト
G*/sinδの測定:AASHTO T315-04
DSR(Dynamic Shear Reometer)
10rad/sec(載荷時間0.1sec,80km/hr相当)
γ(ひずみ)
図1 DSR測定法
バインダに周期的な外力が作用するとき,1周期当りに
散逸するエネルギーと永久ひずみが比例関係にあるものとして,
Wi=πσ02/ G*/sinδ
↓
G*/sinδをバインダの永久変形抵抗性の指標とし,バインダの使用可能
な最高温度を定める.
→RTFOT後のバインダが,G*/sinδ≧2.2kPaとなる最高温度(XX℃)
をそのバインダの使用可能最高温度としている.→ PG XX-22
Effect of binder type on permanent strain
【試験方法】
AASHTO T320-03
SSTによるアスファルト混合
物の永久せん断ひずみの測定
試験条件:
RSCH(Repeated Shear test
at Constant Height),
70℃,207kPa
【結果】
同じPGグレード(G*/sinδが同
レベル) であっても,改質方
法の異なるバインダを使用し
た混合物は,永久ひずみの増
加率に違いがある.
↓
改質バインダを含めて,バイ
ンダの永久変形抵抗性を評価
する場合,G*/sinδは信頼で
きる指標とはいえない.
Effect of binder type on permanent strain
↓
バインダのG*/sinδと混合物の永久ひずみの増加率の相関は低い.
Repeated Creep Test
DSRによるバインダの繰返しクリープ試験
70℃,300Pa,[1sec載荷+9sec非載荷]×100回
同じPGグレードでも,改質方法の異なるバインダは,
永久ひずみの増加率に差がある.
↑
弾性回復(遅延弾性)の程度が異なる.
Repeated Creep Test
バインダの永久ひずみの増加率(S)と混合物の永久ひず
みの増加率の相関は高い(G*/sinδと比べて).
↓
Sに関連する新たな指標を採用することが望ましい.
New Parameter for Rutting Resistance
バインダの永久変形抵抗性の新たな指標: Gv (Pa)
繰返しクリープ試験における,クリープコンプライ
アンスの粘性要素(Jv)の逆数
ダウンロード

アスファルト混合物1(向後)