史学講義8
近代世界システム2
第7回
上田信(立教大学)
第2章 東ユーラシア史列伝①
鄭和
東ユーラシア史の画期
1253 フビライの雲南侵攻
銀大循環メカニズム
1371 明朝の海禁令
脱・銀メカニズム
1567 朝貢外の交易を容認
互市システムの開始
1684 清朝、展海令を施行
海域世界の消滅
1842 南京条約の締結
環球システムの開始
1945 太平洋・日中戦争終結
環球システムの完成
現代 (北京オリンピック)
華人ネットの可視化
東ユーラシア史の時期区分
• 1253~1371年:元朝の銀大循環メカニズム
(116年間) 日本での貨幣経済 鄭和
• 1371~1567年:明朝の朝貢メカニズム
(196年間) 武装海上勢力の成立
• 1567~1684年:互市システムの成立期
(117年間) 日本を除外した互市
• 1684~1842年:互市システムの成熟期
(158年間) 日本を含む互市
• 1842~1945年:国際関係の成立期
(103年間) 大日本帝国の成立と崩壊
1.1つの碑文から
鄭和
• 1371年~1434年
明の武将で雲南出身のイスラム教徒。永楽
帝の宦官長官に任用された。前後7回、南海
遠征の指揮官として活躍した。(『世界史B用
語集』山川出版社)
晋寧「鄭和」公園
故馬公墓誌銘
碑文(前半)
• 公字哈只、姓馬公、世為雲南昆陽州人。
• 祖拝顔、妣馬氏、父哈只、母温氏。
• 公生而魁岸奇偉、風裁凛凛可畏、不肯枉己
附人、人有過、輒面斥無隠。性尤好善、遇
貧困及鰥寡無依者、恒保護賙給、未嘗有倦
容、以故郷党靡不称公為長者。
• 娶温氏、有婦徳。子男二人、長文銘、次和、
女四人。
碑文(後半)
• 和自幼有材志、事今天子、賜姓鄭、為内
官監太監。……
• 公生於甲申年十二年初九日、卒於洪武壬
戌七月初三日、享年三十九歳。
• 永楽三年端陽日、資善大夫礼部尚書兼左春
坊大学士李至剛撰
碑文の疑問
• 和の父親の本名が欠けているのはなぜ?
• 和の父親の役職名などが記されないのはな
ぜ?
• 和の生年に年号がないのは、なぜ?
• 和は、少年時代になんと呼ばれたのか?
ムハンマド(馬)=?
碑文の疑問
• 和は宦官になってもムスリムだったのか?
• なぜ、永楽三年五月五日の日付なのか?
• なぜ、撰者は礼部尚書なのか?
東ユーラシアの誕生(1)
• モンゴル高原でチンギス=ハーンが建てた
モンゴル帝国は、第四代ハーンのモンケ
の時期に、中国を望むまでに拡大する。モ
ンケは弟のフビライに、中国の攻略を託し
た。
東ユーラシアの誕生(2)
• 当時、中国の南部に命脈を保っていた南宋
政権は、長江を天然の防衛ラインとしていた
。騎馬による戦闘をもっぱらとするモンゴル軍
は、それを突破できない。モンケはフビライに
長江の中・下流部を迂回し、雲南を制圧し、
背後から南宋を脅かすことを命じる。
モンゴルの征服戦争
では、基本的に右翼
・左翼と中軍とに分
かれて進軍し、敵を
挟み撃ちにする戦術
が採られる。
1253年夏に臨洮で
フビライ軍は三方面
に分かれる。フビライ
の本隊は、四川の西
部を抜けて南下した
世界システムの起点
銀の大循環
銀の大循環(1)
• 東ユーラシア全域に俯瞰するならば、長
江下流部で織られた質の高い絹織物、
景徳鎮などの窯業地で焼かれた陶磁器
が、ユーラシア全域に輸出されるように
なった。
• 中国産品の流れとは逆方向に、大量の
銀が中国に流れ込む。
銀の大循環(2)
• 元朝は商業税や塩税などのかたちで銀
を市場から徴収すると、元朝の皇帝をモ
ンゴル帝国の盟主として承認してもらう
見返りに、ユーラシア各地のモンゴル政
権に送り届けた。
• この銀が再びウイグル族やムスリムが
経営する商社に投資され、中国物産の
買い付けに使われた。この交易は銀の
大循環と呼ばれる。
モンゴル帝国のなかの雲南
• =銀の供給地
• =中国~インド(アッサム)へのルート
• =チベット~東南アジアへのルート
それぞれの交差点
半径4000km
東ユーラシア最大域
半径3000km
東ユーラシア海域
半径2000km
東ユーラシア大陸部
半径1000km
雲南の外延部
半径500km
雲南のコア地域
雲南駅
茶馬古道~概略図~
徳欽
中甸
麗江
下関
雲南駅
普洱
易武
インドへ抜ける道
下関
雲南駅
尋州
雲南駅
東西と南北の道が交差するところ
雲南駅の面影
雲南駅のいま
• いま、すでに寂れてしまっているが、中国で茶
馬古道が観光の目玉として脚光を浴びると、
かろうじて残っていた隊商宿を修復し、町に
分散していた隊商に関わる文物を集めて、
2005年に博物館として一般開放している。
かつての隊商宿
茶葉の荷駄
塩の荷駄
野営しながら
雲南駅の歴史(1)
• この宿場町の歴史は古く、漢代の武帝が匈
奴と対抗するために派遣した張騫がもたらし
た情報に基づき、インド経由で交易路を拓く
ために、ここに拠点をおいたときにその起点
はさかのぼる。
漢代の雲南駅
雲南駅
雲南駅の歴史(2)
• それ以来、断絶する期間はあるものの、二千
年あまり交易の交差点として存続した。
鄭和の父と祖父のメッカ巡礼
• 陸路:雲南→大都→シルクロード→メッカ
(マルコ=ポーロの往路)
• 海路:雲南→泉州→(海路)→メッカ
(マルコ=ポーロの帰路)
• 東南アジア:雲南→ビルマ→インド→?
ベンガル湾→メッカ
マルコ=ポーロの経路
「和」に付された標識
• 馬和=本名に近いことは確か。
• 鄭和=皇帝から下賜された姓
• 内官監太監=役職名
• 「哈只」(ハッジ)の孫・息子
→これらの標識が同一であることを表明し
ているのは、礼部尚書(≠李至剛)。
標識をめぐる手がかり
• 「鄭和」の第1回南海遠征は、
永楽三年(1405年)六月に始まる。
その直前の、同年五月に碑文が書かれる。
書いた人物は、外交を司る礼部のトップ。
→礼部が鄭和を「哈只(ハッジ)の孫・息
子」と認定している。
遠征と碑文
• 海への遠征がなければ、この碑文は書
かれなかったのではないか?
• 鄭和を「哈只」(ハッジ)の孫・息子
であることを、認定するために必要
な儀式。
• 父の本名は必要がない。
• 父と雲南モンゴル・バサラワルミ
(梁王)政権との関係を抹消する意
図。
「鄭和」の遠征ではなかった
• 東南アジア・インド洋への遠征は、鄭和(明朝
皇帝が与えた名前)のもとで行われたのでは
なく、「哈只(ハッジ)の孫・息子」である
馬和の名前で行われたプロジェクトで
あった。
• 「鄭和」に「哈只(ハッジ)の孫・息子」
であるという標識を回復させるために必
要な手続きが、礼部による「和」の墓の
造営と碑文の作成であった。
標識のあいだの関連
• 海に出たとき
• 「ハッジの孫・息子の和」
≒馬和
≠ 鄭和
≠内督太監
「海」の力
• 「鄭和」にとって、「海」とは去勢される(身体
的標識の変化)の前の自我を回復しうる唯一
の場であった。
• 15世紀~17世紀の「海」をみると、王直・鄭
森(≠鄭成功)など、人格の標識を変更させる
力をもっていたことが明らかとなる。
• それでは、18世紀~現在の「海」には、その
ような「力」が残っていたのであろうか?
2.なぜ宦官か?
内廷と外朝
• 「朝廷」=外朝+内廷
• 外朝=皇帝の公的な場。官僚の世界。
• 内廷=皇帝の私的な場。皇族と宦官の世界
紫禁城の場合
内廷
乾清門
対立する内廷と外朝
• 内廷と外朝は、予算は別。
• 内廷=収入:皇室直轄領などから
支出:皇室関係(宮殿の修繕維持・
皇室関連行事など)
• 外朝=税収→国庫→国政
3.海に浮かぶ帝国
天妃霊応之記
•
•
•
•
福建省長楽県南山寺(三峰塔寺)
31行1177文字の碑文
天妃=黄海を守護する女神、媽祖
石碑は宣徳六年(一四三一)仲冬(旧暦一一
月)の吉日に、鄭和が航海の安全を祈願して
たてたもので、それまでの六回にわたる航海
の概要が記載されている。
天妃霊応之記
•
大明皇朝が天下を統一した。その功業は夏
・商・周の三代や漢・唐の両朝を凌駕し、遠く
天辺地際に及び、臣下として我が王朝に帰順
しないものはなかった。
• ……海外のいくつかの蕃国(中華の文明が
及ばない国)は、遠い僻地ではあるが、その
使者は珍宝を捧げ礼物を携え、通訳を通して
来訪して朝貢してきた。
• 皇帝陛下はその忠誠心を喜び、〔鄭〕和に命
じて数万の官吏・軍官・兵卒を統率させ、百余
艘の巨艦に乗り、財宝を携帯させて〔蕃国に〕
下賜させ、朝廷の恩徳を宣揚して教化し、遠
方の人民を安んじようとした。
• 永楽三年に命を奉じて西洋に使いすること、
いまに至るまで七回を数える。
• 歴訪した蕃国は占城国(チャンパ)・爪哇国(
ジャワ)・三仏斉国(パレンバン)・暹羅(アユタ
ヤ)から、
• 南天竺(インド南部)・錫藍山国(スリランカ)・
古里国(カリカット)・柯枝国(コーチン)に直行
して、
• さらに西域の忽魯謨斯国(ホルムズ)・木骨都
束国(モガディシュ)など大小三十余国になり
、遠く海洋を重ねて航行すること、一○万余
里に及んだ。
4.遠征の目的
目的の説
•
•
•
•
第2代皇帝の行方を捜すため。
モンゴルの海からの攻撃に備えるため。
南洋の物産を手に入れるため。
朝貢メカニズムを海域世界に広げるため。
リアクションペーパーから
ジャワの華人虐殺
• 1741年にジャワで起きた華人大虐殺につい
て、オランダ人が移住民として増加する華人
に対して抱いた不安は何だったのでしょうか。
アヘン戦争後のイギリスと中国
• 1842年の南京条約締結移行、イギリスに中
国は支配された形になっていたと思っていた
が、股また幇というネットワークを用いて、経
済活動自体は、支配されていなかったことに
驚いた。しかし、その中国人商人の動きを止
める効果的方法をイギリスは考えられなかっ
たのだろうか?
17世紀の世界商品
• 東ユーラシアの世界商品の変化で、13世紀
~16世紀は生糸と銀、18世紀~19世紀は砂
糖・アヘン・茶とあったが、17世紀の世界商品
は存在しないと考えてよいのでしょうか?
• 新しいシステムに向けた交易システムの模索
の時期であったとする17世紀だけに、気にな
る。
サイバーラーニング
•
•
•
•
http://cl.rikkyo.ac.jp/cl/2007
インターネット側
文学部
史学講義8
テキスト
海と帝国
• 上田信
• 『海と帝国』
• 講談社
• 2005年
テキスト
• 上田信『海と帝国』講談社、2005年、\2,600。
• 事業部に取り寄せ済み。
欠席された方
• 欠席者は、欠席した授業に相当すると担当教
員(上田)が指定したテキストの部分を読み、
その要旨を整理し、疑問点やコメントを記した
ものを提出した場合、そのレポートの評価をリ
アクションペーパーへの評価と読み替える。
• ただし、3回分まで(それ以上は欠席扱い)。
• 形式:A4 横書き(ワープロ可) 各1枚。
欠席回と課題
•
•
•
•
•
•
第1回(9月21日)=『海と帝国』はじめに
第2回(9月28日)=『海と帝国』第1章
第3回(10月5日)=『海と帝国』第5章
第4回(10月12日)=『海と帝国』第8章
第5回(10月19日)=『海と帝国』第10章
第6回(10月24日)
=サイバーラーニングの第6回
最終レポート:課題
• 13世紀から20世紀の東ユーラシアについて、
物産ないし人物を取り上げ、交易との関連を論
じなさい。
• (注意)授業内容の整理ではなく、独自に文献を
調べること。利用した文献名を必ず挙げること。
• インターネットからペーストした箇所は、字数に
カウントしません。また、出典を明記せずに流用
したことが発覚した場合、レポートの評価が0点
となる場合があります。
最終レポート:体裁と提出方法
• レポート試験
教務事務センターに提出
提出期間 2008年1月11日(金)
~17日(木)17:00まで
提出場所 タッカーホール
書式:ワープロまたはレポート用紙
A4判 横書き 2,000字以上
所定の表紙を付け、期日を守ること。
ダウンロード

アジア社会論 後期