史学講義8
近代世界システム2
第8回
上田信(立教大学)
第2章 東ユーラシア史列伝②
王直
東ユーラシア史の画期
1253 フビライの雲南侵攻
銀大循環メカニズム
1371 明朝の海禁令
脱・銀メカニズム
1567 朝貢外の交易を容認
互市システムの開始
1684 清朝、展海令を施行
海域世界の消滅
1842 南京条約の締結
環球システムの開始
1945 太平洋・日中戦争終結
環球システムの完成
現代 (北京オリンピック)
華人ネットの可視化
東ユーラシア史の時期区分
• 1253~1371年:元朝の銀大循環メカニズム
(116年間) 日本での貨幣経済 王直
• 1371~1567年:明朝の朝貢メカニズム
(196年間) 武装海上勢力の成立
• 1567~1684年:互市システムの成立期
(117年間) 日本を除外した互市
• 1684~1842年:互市システムの成熟期
(158年間) 日本を含む互市
• 1842~1945年:国際関係の成立期
(103年間) 大日本帝国の成立と崩壊
リアクションペーパーから
(鄭和について)
コメント
• 私は今、史学科で日本史を専攻しているが、
そこに出てくる他国と日本の関係、たとえば
日本の鎖国と貿易について、オランダと中国
とも親交があったという教科書程度の知識で
満足してしまっていた。
• しかし、重要なのは、日本からの視点にとど
まらず、「中国からの視点」も必要であるとい
うことである。
疑問
• なぜ外交官僚ではなく、宦官の鄭和が遠征を
行ったのですか?宦官は公的な存在ではな
かったですし、雲南生まれの鄭和が航海に精
通していたとも考えにくいですし。
幾人かの人からの疑問
• ① なぜムスリムの家で育った鄭和に遠征さ
せたのか?
→航海と対外交渉に必要な人材を確保。
→東南アジアにムスリムの交易ネットワー
クが張り巡らされていた。
幾人かの人からの疑問
• ② なぜ鄭和の南海遠征に関する史料が残
されていないのか?
→鄭和の遠征は、戸メカニズムに支えられた。
造船に必要な労働力や資源(木材など)
朝貢することになった諸国にたいする贈り物
は、戸に割り当てられた。
→人民の負担を危惧した官僚によって記録が
消去される。宦官⇔官僚の対立も背景に。
1.新安商人から海賊へ
新安(徽州)
徽州
徽州の立地
• 山中=文化的な伝統が保たれる→学識
• 交通に接続
南下して浙江省に出る。
→東に向かうと、杭州(大運河の起点)
→南に向かうと、福建(東シナ海に出る)
西行して江西省に出る。
→北に向かうと、長江(華中の大動脈)
→南に向かうと、広州(南シナ海に出る)
新安商人と明朝①開中法
•
•
•
•
•
モンゴルとの緊張関係
防衛ライン(陝西・山西)に軍隊が駐留。
軍隊に軍事物資(特に食料)を運ぶ必要。
しかし、明代初期には、銀は使わない方針。
どうするのか?
→開中法というメカニズムを用いる
開中法メカニズム
モンゴル勢力
辺境防衛軍
塩の生産地
辺境の役所
塩産地の役所
商人
塩の消費地
食料生産地
塩引
• 商人が所定の役所に軍事物資を運ぶと、納付
先の役所が証明書を発給する。
• 証明書:商人の姓名・納入量
• 納入量に見合う塩の販売許可書の数
• 販売許可書(塩引)1通=塩200斤(約120㎏)
• 販売地は限定(行塩地)
塩商人として勃興
• 新安商人=塩商人として活躍。
• 理由①同郷の結束が強い(幇)
• 理由②学識
→視野が広い
→官僚(文人でもある)と付き合える
→職業倫理を有する→信頼を得る
銀経済の復興に対応
• 15世紀なかば 戸メカニズムの破綻
• 国家は「銀」を用いる財政運営
• 江南の手工業生産地に強固なネットワークを
築いていた新安商人は、この変化に対応。
• 中国国内外の銀
→生糸・絹織物・綿布・陶磁器の生産地に向かう
→生産地を掌握していた新安商人は財力を得る
しかし、成功者ばかりではない
•
•
•
•
王直はまたの名を、汪直という。
出身は、新安(徽州)。
青年期:塩商となろうと商業の道に入る。
国家の統制下に置かれていた塩の商いには
不正が生じやすく、王直も明朝の禁令を犯し
、塩商として成功する前途を閉ざされた。
海上私貿易商人となった王直
• 嘉靖一九年(1540)に広東に赴き、漳州の海
洋商人グループに参加し、大型外洋船を建
造して密貿易に従事するようになった。
• 福建の海洋商人は、東南アジアとの交易で
活躍していたところから、王直も当初はアユタ
ヤやマラッカと中国とのあいだを往復してい
たものと推定される。
2.倭寇
明朝のメカニズム
• 明朝
=元朝「銀大循環メカニズム」崩壊後に
成立した王朝。
• 「銀」を使わないメカニズムを確立する必要が
あった。
• 戸メカニズム
• 朝貢メカニズム
• 朝貢メカニズムを維持するために、朝貢以外
の交易を禁止する。
海禁
• 1371年(洪武4年)
「沿海の民の私に海に出るを禁ず」
• 朝貢に依らない、
私人の海外との交易の厳禁。
• 明朝の「祖法」として、国家運営の基本原則。
海上私貿易商人
• 海上私貿易商人=国禁を犯す=犯罪者
→官憲に取り締まられる対象
→自衛のために武装する
→ときには略奪も行う
倭寇の歴史(初期倭寇)
• 初期倭寇:
• 史料上「倭寇」の初出『高麗史』1222年
「倭が寇(あだ)す」と状況の説明文として
13世紀
日本人の「悪党」が主
規模は小さい(2隻以下の小舟)
朝鮮半島沿海部を略奪
倭寇の歴史(前期倭寇)
•
•
•
•
•
•
前期倭寇
1350年に始まる。
日本人+朝鮮人(?)+中国私貿易商人
朝鮮半島~山東半島(華北沿海部)
規模が大きい(1380年倭寇は500隻の船団)
倭寇に対抗するために武人集団を率いた李
成桂が高麗から朝鮮国を立てる。
倭寇の歴史(後期倭寇)
• 15世紀後半~16世紀
• 主役は中国海上武装私貿易商人。
• 経済的背景=銀経済の復活。
日本における銀山開発。
中国
生糸・絹織物
日本
銀
後期倭寇の拠点
• 15世紀後半 福建省月港
東南アジアとの交易拠点
16世紀初期に土砂堆積で不振
• 1525年頃 浙江省双嶼港
日本と中国との直通ルート上
1548年 明朝の軍隊が襲撃
• 1553年頃 日本:五島列島・平戸に拠点
月港
双嶼港
日本
(五島・平戸)
お勧めの本
• メンデス=ピント(岡村多希子:訳)
• 『東洋遍歴記』全三巻
• 平凡社
• ほらふきピント ポルトガル人
ピントによる双嶼港(リャンポー)
• 航海して六日後に、リャンポーの門に到着し
た。それは、当時ポルトガル人が商売をして
いたところから三レグア(約一五キロメートル)
離れた二つの島であった。
双嶼港のポルトガル人
• リャンポーはポルトガル人たちが陸地に作っ
た千戸以上からなる集落で、市参事会員・陪
席判事・地方官、そのほか六、七人の共和国
の裁判官と役人によって統治されていた。
……
• この町には三千人がいて、うち千二百人がポ
ルトガル人、残りはさまざまな国のキリスト教
徒であった。
双嶼港と日本
• そして、事情をよく知っている多くの人たちの
言によれば、ポルトガル人の取引高は金三コ
ントを超え、取引の大部分は二年前に発見さ
れた日本の銀であり、どんな商品を日本に持
っていっても、三、四倍になって返ってきたと
いうことであった。
• (『東洋遍歴記』第六七章・第二二一章)。
双嶼港と新安ネットワーク
• 双嶼港は、生糸・絹織物の生産地である江南
の密貿易の拠点として繁栄。
• 江南の商圏にネットワークを持っていたのが
新安商人。
• 密貿易と新安商人ネットワークが結びつく。
双嶼港に現れた王直
• 1543年 王直は、双嶼港を差配していた許棟
の配下に入る。許棟のもとで「管庫」としての
役割を王直は果たし、海洋商人グループの
財務を総括した。
信頼された王直
• こうした重要な地位を確保できた背景には、
彼が徽州出身者として財務管理の技量を身
につけ、商人として信用するに足る資質を備
えていたからであろう。
鉄砲伝来と王直
• 種子島に鉄砲が伝来した。後世に書かれた『
鉄砲記』は、「大明の儒生の五峰」なる人物が
、ポルトガル人を載せた船舶の船主であり、
彼がポルトガル人と種子島領主とのあいだに
入って筆談による交渉を行ったと記す。
鉄砲伝来と王直
• この五峰は王直がのちに名乗る号であるとこ
ろから、この人物は王直であるという推定もな
されている。ポルトガル側の記載では、一五
四二年に三人のポルトガル人がアユタヤから
脱走して、リャンポー(双嶼港)へ向かう途中
嵐に遭い日本に漂着したとある。『鉄砲記』に
記された五峰を王直とみなせる条件は、十分
に揃っている。
王直と日本ルート
• 銀を産出したことでにわかに重要性が増した
日本との交易ルートを開拓する役割を、王直
は許棟のもとで担った。
日本との接触
• この時期に寧波に、日本の使節が滞在して
いた。
• 寧波の乱以降、明朝の日本使節に対する制
限は厳しくなり、ついに北京に赴けずに帰途
につこうとしていた。王直はこの日本使節と接
触し、嘉靖二四年(1545)に日本に渡航した
とされる(『籌海図編』)。
日本=中国交易ルートの確立
• この年、日本の博多商人の日本人、名を「助
才門」というものを含む三人が、王直に案内さ
れて双嶼港を訪れる。これを契機に、中国と
日本とのあいだの交易は、急速に発展するこ
とになったのである。
3.嘉靖大倭寇
明朝による掃討
• 嘉靖二七年(1548)四月、浙江巡視都御史の
朱紈が軍隊を派遣し、双嶼港に拠る交易商
人を掃討する
• この軍事的な作戦は熾烈を極め、軍船で港
を包囲して島を孤立させ、夜の暗闇に乗じて
攻撃を仕掛けた。
壮絶な戦闘
• 戦闘のなかで惨殺されたり混乱のなかで溺
死したりしたものは数百人、海の男たちが信
仰していた媽祖を祀る天妃宮や多くの船舶が
焼かれた。
• 戦闘が終結したあと五月に、朱紈はみずから
港を臨む丘の上に立ち、四十余日が過ぎた
後も一草も生えず、かつての繁栄のあとを一
片も残さない廃墟をみたと自ら記している。
王直の運命
• この事件を契機に、海洋商人たちは明朝と敵
対せざるを得なくなる。
• 双嶼港を拠点としていた海洋商人は王直の
もとに結集し、舟山と大陸とのあいだに位置
する烈港に新たな拠点をつくり、日本とのあ
いだの交易を続けた。
追い詰められた海上史貿易商人
• 王直は他の海洋の勢力を吸収しながら勢力
を拡大し、東シナ海を制圧するにいたる。嘉
靖三二年(1553)官軍により拠点の烈港を再
び攻撃され、王直は中国沿海から退いた。
• この事件を契機に、「嘉靖大倭寇」と呼ばれる
事態に発展する。
嘉靖大倭寇(=後期倭寇)
• 中国沿海で海上勢力を統括するものが姿を
消す。
• →統制がきかなくなる。
• →一部のグループが暴走。
徐海
• 徐海は無頼的な性格の持ち主であり、たまた
ま叔父の徐銓が王直の古くからの仲間であっ
たために、その縁を頼って海の世界に入った
のであり、海洋商人であったわけではない。
倭寇の略奪
• 徐海などのグループ=略奪に専念した。
• 日本から連れて来られた武士は、都市を攻撃
したり官軍と対峙したりするときに隊伍を指揮
し、単なる盗賊ではなく組織的な軍事的集団
として、倭寇が内陸奥地まで略奪の範囲とす
ることを可能にした。
倭寇図
事件の読み方
• 事件:嘉靖×年のことである。浙江省のP海
岸でAとBとが遭遇したとき、Bの頭頂の髪が
薄かったであったので、 AがBを殺した。
標識としての髪型
拙著『海と帝国』講談社 より
北虜南倭
• 異形の髪型の人々に包囲された明朝
4.日本における王直
王直
• 王直は、海上活動の拠点を、中国の沿海部に
置くことが危険であることを知り、明朝の官憲
の手が届かない日本の沿海に居を定めた。
長崎県五島列島(五島市)
六角井の所在地
六角井
六角井の説明版
明人堂
明人堂説明版
王直の拠点
• 16世紀なかば: 平戸と五島
• 1541年 王直が平戸に来航したとき、領主の
松浦隆信は賓客を迎えるように応接し、自ら
屋敷を明け渡したという。
松浦家『大曲記』
• 平戸津へ大唐(中国)から五峰(王直の号)と
いうものが来て、印山寺屋敷に唐様に館を建
てて住み着いた。
松浦家『大曲記』
•
それを手がかりとして大唐の交易船が絶え
ず、さらに南蛮の黒船も初めて平戸津に来航
するようになり、南蛮の珍しい物産が毎年の
ように到着し、京や堺の商人をはじめ各地の
ものがみな集まり、西の都と人々が呼ぶよう
になった。
王直のヴィジョン
• 明朝に海禁を解かせ、海洋商人たちの交易
を公認させようとした。
• 嘉靖三一年(1552)以降、官軍を破るように
なると、明朝の側でも倭寇の被害を鎮めるた
めに、王直の要求を受け入れ、投降させよう
とする方策が出された。その立案者は、の胡
宗憲(号は梅林)であった。
胡宗憲
• 王直と同じく徽州出身
• 浙江・福建都御史
• 嘉靖三四年(1555)胡が使節を福江に派遣
王直の対応
• 王直は使節に「日本は生糸と綿布が乏しく、
交易を開くべきである。そうすれば海患もおさ
まる」と述べる。
• 嘉靖三六年(一五五七)、王直は舟山列島に
戻り、胡宗憲に対して通商の要求を出す。
海禁解除の動き
• 胡宗憲は海禁を解除しようとプランを練る。
• 王直を投獄はするものの丁重にもてなした。
唐枢「復胡梅林議処王直書」
• 「華と夷とは同体であり、互いに有るものと無
いものとを融通するのは、まさに理の勢いが
必ずそうさせるものである。
• 中国と夷とは、それぞれ特産物があり、貿易
を途絶することは難しい。利のあるところに、
人は必ず向かうものである」
(『皇明経世文編』)
唐枢の視点
• 明朝の建前=朝貢メカニズム
朝貢に付随して交易が展開する
• 唐の視点=「華夷同体」
交易とはそれぞれの欠けたところを補い合う。
王直の死
• 官僚の大半は、海禁を解くことに消極的
• 日本が明朝の朝貢メカニズムのなかで常に
問題を引き起こしてきた
• 胡はついに王直を杭州において斬首せざる
を得なくなった。嘉靖三八年(1559)一二月の
ことである。
互市システム
• 王直の死→倭寇が終息
• 明朝=海禁の緩和に向けて動き始める。
• 隆慶元年(一五六七)に「東西二洋」、すなわ
ち華南からヴェトナム・マラッカ方面に向かう
西洋航路と、中国から台湾・フィリピンを経て
ブルネイ方面に向かう東洋航路について、対
外交易を行うことが認められた。
互市システムから除外された日本
• 日本との交易は厳禁
• 日本からの密輸品であった火薬の原料であ
る硫黄・銅などの輸入も禁止されていた。
5.王直の「墓」
王直の「墓」
• 日本人(長崎県五島・福江のひとなど)が安
徽省に王直の墓(「王氏祖墓」)を建てる。
「反日」感情
• 2005年1月末に、王直を売国奴とする中国の
教員によりその名などが削られるという事件
が発生した。
人物評価の難しさ
• この事件は、中国と日本とあいだで「倭寇」に
関する共同で研究を進め、対話を通して人物
評価を行わなければならないという、一つの
教訓であろう。
• 中国の歴史学界においても、王直の海洋商
人としての側面を肯定的に評価する見解が
ある。
サイバーラーニング
• http://cl.rikkyo.ac.jp/cl/2007
• インターネット側
• 文学部
• 史学講義8
テキスト
海と帝国
• 上田信
• 『海と帝国』
• 講談社
• 2005年
テキスト
• 上田信『海と帝国』講談社、2005年、\2,600。
• 事業部に取り寄せ済み。
欠席された方
• 欠席者は、欠席した授業に相当すると担当教
員(上田)が指定したテキストの部分を読み、
その要旨を整理し、疑問点やコメントを記した
ものを提出した場合、そのレポートの評価をリ
アクションペーパーへの評価と読み替える。
• ただし、3回分まで(それ以上は欠席扱い)。
• 形式:A4 横書き(ワープロ可) 各1枚。
欠席回と課題(前半)
•
•
•
•
•
•
第1回(9月21日)=『海と帝国』はじめに
第2回(9月28日)=『海と帝国』第1章
第3回(10月5日)=『海と帝国』第5章
第4回(10月12日)=『海と帝国』第8章
第5回(10月19日)=『海と帝国』第10章
第6回(10月24日)
=サイバーラーニングの第6回
欠席回と課題(後半)
• 第7回(11月16日)=『海と帝国』第4章
最終レポート:課題
• 13世紀から20世紀の東ユーラシアについて、
物産ないし人物を取り上げ、交易との関連を論
じなさい。
• (注意)授業内容の整理ではなく、独自に文献を
調べること。利用した文献名を必ず挙げること。
• インターネットからペーストした箇所は、字数に
カウントしません。また、出典を明記せずに流用
したことが発覚した場合、レポートの評価が0点
となる場合があります。
最終レポート:体裁と提出方法
• レポート試験
教務事務センターに提出
提出期間 2008年1月11日(金)
~17日(木)17:00まで
提出場所 タッカーホール
書式:ワープロまたはレポート用紙
A4判 横書き 2,000字以上
所定の表紙を付け、期日を守ること。
ダウンロード

アジア社会論 後期