教育課程研究集会資料
新学習指導要領の手引(生活科)
徳島県立総合教育センター
手引の構成
Ⅰ 改訂の趣旨
1 改善の基本方針 2 改善の具体的事項
Ⅱ 改訂の要点
1 目標について 2 内容について
Ⅲ 具体的な改善事項
1 目標について 2 内容について
Ⅳ指導計画の作成と内容の取扱い
1 指導計画作成上の配慮事項
2 内容の取扱いについての配慮事項
Ⅴ 移行期間中の取扱い
Ⅵ Q&A
Ⅱ 改訂の要点
1 目標について
1. 教科の目標
具体的な活動や体験を通して,自分と身近
な人々,社会及び自然とのかかわりに関心
をもち,自分自身や自分の生活について考
えさせるとともに,その過程において生活上
必要な習慣や技能を身に付けさせ,自立へ
の基礎を養う。
これまでと基本的に変わらない
Ⅱ 改訂の要点
2 内容について
内容の構成
・8つの内容から9つの内容へ
現行
(1)学校と生活
(2)家庭と生活
(3)地域と生活
(4)公共物や公共施設の利用
(5)季節の変化と生活
(6)自然や物を使った遊び
(7)動植物の飼育・栽培
(8)自分の成長
新
(1)学校と生活
(2)家庭と生活
(3)地域と生活
(4)公共物や公共施設の利用
(5)季節の変化と生活
(6)自然や物を使った遊び
(7)動植物の飼育・栽培
(8)生活や出来事の交流
(新設)
(9)自分の成長
Ⅱ 改訂の要点
2 内容について
(1) 気付きの明確化と気付きの質を高める学習活動の
充実
(2) 伝え合い交流する活動の充実
・内容(8)「生活や出来事の交流」を新設
(3) 自然の不思議さや面白さを実感する指導の充実
・内容(6)「自然や物を使った遊び」において,身近な自然
や物を使って遊びや遊びに使う物を工夫してつくること,
自然の不思議さに気付くことを明示。
Ⅱ 改訂の要点
2 内容について
(4) 安全教育や生命に関する教育の充実
・内容(1)「学校と生活」に「その安全を守っている人々」を加える。
・内容(7)「動植物の飼育・栽培」は2学年にわたり取り扱う。
(現行と同じ)
内容の取扱いにおいて「継続的な飼育,栽培を行うようにする
こと」の文言を加えた。
(5) 幼児教育及び他教科との接続
・第1学年入学当初のカリキュラムをスタートカリキュラムとして
改善を図る。
・内容(3)「地域と生活」で,地域で働いている人を対象とすること,
内容(4) 「公共物や公共施設の利用」で,公共物や公共施設
を利用することを明確にした。
・内容(6)「自然や物を使った遊び」では,自然の不思議さに気付
くことを明示。
Ⅲ 具体的な改善事項
1 目標について
1. 教科の目標
具体的な活動や体験を通して,・・・
・直接働きかける活動:見る,聞く,触れる,作る など
・表現する活動:言葉,絵,動作,劇化 など
1. 教科の目標
・・・,自分と身近な人々,社会及び自然と
のかかわりに関心をもち・・・
・自分にとって価値があると実感し,身の回りにあるもの
を見直し,切実な問題意識をもって,新たな働きかけを
したり,表現したりすること
Ⅲ 具体的な改善事項
1 目標について
1. 教科の目標
・・・,その過程において生活上必要な習慣や技
能を身に付けさせ,・・・
・習慣:健康や安全にかかわること,きまり,言葉遣い
や身体の振る舞いにかかわること
・技能:手や体を使うこと,様々な道具を使うこと など
1. 教科の目標
・・・,自立への基礎を養う。
自立とは,学習上の自立,生活上の自立,精神的
な自立を意味する。
Ⅲ 具体的な改善事項
1 目標について
2. 学年の目標
目標(1):主に自分と人や社会とのかかわりに関する
もの
目標(2):主に自分と自然とのかかわりに関するもの
目標(3):自分自身に関するもの
目標(4):生活科特有の学び方に関するもの
・3つの目標から4つの目標へ変更。
・目標(3)が新設。
自分のよさや可能性に気付き,自らの成長について
の認識を深めることが重要であり,自分自身に関する
ことを一層重視するために目標(3)を新設。
Ⅲ 具体的な改善事項
1 目標について
2. 学年の目標
目標(1)
自分と身近な人々及び地域の様々な場所,公共物
などとのかかわりに関心をもち,地域のよさに気付き,
愛着をもつことができるようにするとともに,集団や社
会の一員として自分の役割や行動の仕方について
考え,安全で適切な行動ができるようにする。
・地域のよさに気付き
地域に生活する人々のくらしや特徴,地域の空間的な広がりや時間的な
変化,公共物や公共施設などの社会的な働きなどを,一人一人の子ども
が直接体験を通して地域のよさとしてとらえていくことが基盤
・安全で
安全については,自然災害,交通災害,人的災害などに十分気を付けた
適切な行動や危険を回避する行動などができることにも配慮
Ⅲ 具体的な改善事項
1 目標について
2. 学年の目標
目標(2)
自分と身近な動物や植物など自然とのかかわりに
関心をもち,自然のすばらしさに気付き,自然を大切
にしたり,自分たちの遊びや生活を工夫したりするこ
とができるようにする。
・自然のすばらしさに気付き
自然の美しさや巧みさ,不思議さや面白さ など
※ 身近な自然とかかわり合う楽しさを体全体で感じ取ることが
できるようにする。
Ⅲ 具体的な改善事項
1 目標について
2. 学年の目標
目標(3)
身近な人々,社会及び自然とのかかわりを深め
ることを通して,自分のよさや可能性に気付き,
意欲と自信をもって生活することができるよう
にする。【新設※】
目標(3)は,目標(1)(2)のどちらとも深くか
かわり合っており,従前から重視してい
た。
※身近な人々,社会及び自然と直接かかわり合う活動によっ
て,自分を見つめ,自分のよさや可能性に気付き ,自分の
成長についての一人一人の認識を深めることがさらに重視
されたことから,新たに目標(3)として掲げ,明確化。
Ⅲ 具体的な改善事項
1 目標について
2. 学年の目標
目標(4)
身近な人々,社会及び自然に関する活動の楽しさ
を味わうとともに,それらを通して気付いたことや楽し
かったことなどについて,言葉,絵,動作,劇化などの
方法により表現し,考えることができるようにする。
直接働きかける活動と表現する活動と
を関連させて取り扱うことが肝要。
・言葉や絵,動作,劇化などの多様な方法を使って表現するこ
とで,生み出した気付きを自覚する。
・考えること
思考と表現の一体化を図る。
Ⅲ 具体的な改善事項
2 内容について
内容(1) 「学校と生活」
・学校の施設の様子及び先生など学校生活を支えている人々や
友達のことが分かり,楽しく安心して遊びや生活ができるよう
にするとともに通学路の様子やその安全を守っている人々な
どに関心をもち,安全な登下校ができるようにする。
安全については,自然災害,交通災害,
人的災害に対する安全確保に配慮。
・施設の位置や特徴,役割,人の存在や働きなどに気付く。
(自分とのかかわりの中でその意味を見いだす)
・通学路に興味を示し,歩いたり,調べたり,観察したりする中で
通学路の自然,そこで出会う人々や暮らしの様子等に気付く。
・安全を守っている人々
子ども110番の家・登下校の安全を見守る地域ボランティア
Ⅲ 具体的な改善事項
2 内容について
内容(2) 「家庭と生活」
・家庭生活を支えている家族のことや自分でできることなどにつ
いて考え,自分の役割を積極的に果たすとともに,規則正しく
健康に気を付けて生活することができるようにする。
他の内容との関連を図る活動などを
工夫。
・家庭生活を支えている家族について,改めて見つめたり,尋ね
たり,実際に手伝いをしたりする。
(家庭での自分の生活を振り返る)
・自分でできることなどについては,考えるだけでなく,実際に行う。
※活動したことについて,家族の感想を聞く機会や友達と伝え合
い交流する活動を設ける。(充実感や自信)
Ⅲ 具体的な改善事項
2 内容について
内容(3) 「地域と生活」
・自分たちの生活は地域で生活したり働いたりしている人々や
様々な場所とかかわっていることが分かり,それらに親しみや
愛着をもち,人々と適切に接することや安全に生活することが
できるようにする。
・地域で生活したり働いたりしている人々
地域には様々な仕事があり,それらの仕事に携わっている人た
ちがいることに気付く。
(地域の人々に心を寄せ,夢や希望をもち意欲的に生活でき
るようにする)
※実際に繰り返し地域に出かけ,親しみや愛着をもつ人や場所
を増やし,地域が安心して生活できる場と感じられるようにする。
Ⅲ 具体的な改善事項
2 内容について
内容(4) 「公共物や公共施設の利用」
・公共物や公共施設を利用し,身の回りにはみんなで使うものが
あることやそれを支えている人々がいることなどが分かり,それ
らを大切にし,安全に気を付けて正しく利用することができるよ
うにする。
実際に公共物や公共施設を利用す
る。
・公共物や公共施設を利用し
実際に利用する中で,物や施設,人とかかわりながら,利用の
仕方等について考えさせる。
・みんなで使うもの
身の回りには様々な公共物や公共施設があること,
多くの人がそれらを利用していること,それを支えている人がい
ることに気付く。
Ⅲ 具体的な改善事項
2 内容について
内容(5) 「季節の変化と生活」
・身近な自然を観察したり,季節や地域の行事にかかわる活動
を行ったりなどして,四季の変化や季節によって生活の様子が
変わることに気付き,自分たちの生活を工夫したり楽しくしたり
できるようにする。
・身近な自然
繰り返しかかわることのできる自然
四季の変化を実感するのにふさわしい自然
・自然と一体になりながらその特徴や性質をとらえ,四季の変化
や季節によって生活の様子が変わることに気付く。
※活動から生まれた気付きを大切にし,振り返ったり,交流したり
する場を設け,それらの意味や価値を自覚できるようにする。
Ⅲ 具体的な改善事項
2 内容について
内容(6) 「自然や物を使った遊び」
・身近な自然を利用したり,身近にある物を使ったりなどして,遊
びや遊びに使う物を工夫してつくり,その面白さや自然の不思
議さに気付き,みんなで遊びを楽しむことができるようにする。
動くおもちゃを工夫して作って遊ぶ,
ものを水に溶かして遊ぶ,風を
使って遊ぶ活動 など
※遊びの面白さ,自然の不思議さに気付くことができるよう強調。
・遊びの面白さや自然の不思議さを実感するような単元構成や
学習環境の工夫。
・一人一人の思いや願いを生かした多様な遊びを行い,それを互
いに響かせ合うような学習活動の工夫。
(児童相互の学び合い)
・「比べる」「繰り返す」「試す」などの活動を大切にする。
Ⅲ 具体的な改善事項
2 内容について
内容(7) 「動植物の飼育・栽培」
・動物を飼ったり植物を育てたりして,それらの育つ場所,変化や
成長の様子に関心をもち,また,それらは生命をもっていること
や成長していることに気付き,生き物への親しみをもち,大切に
することができるようにする。
継続的な飼育・栽培活動を行う。
・2年間の見通しをもちながら,両方を確実に行っていく。
※経験を生かし,新たなめあてをもって,繰り返したり,長期にわ
たって活動する。
(一時的・単発的なかかわりで終わるのではない)
・管理や繁殖,施設や環境についての配慮
専門家や獣医師などとの連携
外来生物等の扱いに十分配慮
・活動の前後には手洗いの習慣。アレルギーへの対応。
Ⅲ 具体的な改善事項
2 内容について
内容(8) 「生活や出来事の交流」
・自分たちの生活や地域の出来事を身近な人々と伝え合う活動
を行い,身近な人々とかかわることの楽しさが分かり,進んで交
流することができるようにする。【新設】
内容(8)は他のすべての内容との関
連を図り単元を構成していくことも考
えられる。
・ 自分たちの生活や地域の出来事
学校や家庭,地域における児童の生活の様子と,そこで起きた
児童一人一人の心に残る出来事のこと。
・自分自身で体験したり活動したりして,感じたことや気付いたり
分かったりしたこと,考えたことなどを伝え合い,交流する活動
が大切。
Ⅲ 具体的な改善事項
2 内容について
内容(9) 「自分の成長」
・自分自身の成長を振り返り,多くの人々の支えにより自分が大
きくなったこと,自分でできるようになったこと,役割が増えたこ
となどが分かり,これまでの生活や成長を支えてくれた人々に
感謝の気持ちをもつとともに,これからの成長への願いをもって
意欲的に生活することができるようにする。
全内容の中でとらえていくことがで
きる。
年間を見通した計画的な学習活動
の構想が大切である。
・自分自身の成長を振り返る学習活動を,実際に行う。
・振り返りの時点については,児童の実態などに応じて適切な時
期を取り上げる。
・児童がこれからの自分の成長に希望をもち意欲的に生活する
ことは,自立への基礎を養う上で大きな意義をもっている。
Ⅳ 指導計画の作成と内容の取扱い
1 指導計画作成上の配慮事項
(2)第2の内容(7)については,2学年にわたって取り扱うものと
し,動物や植物へのかかわり方が深まるよう継続的な飼育・
栽培を行うようにすること。
※長期にわたる飼育・栽培を行うことで,成長や変化,生命
の尊さや育て方など様々なことに気付き,親身になって世
話ができる。
(5)国語科,音楽科,図画工作科など他教科等との関連を積
極的に図り,指導の効果を高めるようにすること。特に第1
学年入学当初においては 生活科を中心とした合科的な
指導を行うなどの工夫をすること。
※これまで以上に他教科等との関連を図る。
Ⅳ 指導計画の作成と内容の取扱い
2 内容の取扱いについての配慮事項
(2)具体的な活動や体験を通して気付いたことを基に考えさ
せるため,見付ける,比べる,たとえるなどの多様な学習
活動を工夫すること。 (新設)
※見付ける,比べる,たとえるなどの多様な学習活動を行
いながら,気付きを比較したり,分類したり,関連付けた
り して考え,より質の高い気付きを生みだしていく。
※児童自らが気付きを振り返ったり,互いの気付きを交流
したりする活動を工夫する。
移行期間中の留意事項
Ⅴ 移行期間中の取扱い
・全部又は一部について,新小学校学習指導要領によることが
できる。
新学習指導要領の手引(生活科)
ダウンロード

Ⅲ 具体的な改善事項 - 徳島県立総合教育センター