特別支援での
情報機器活用
鵜川研究室
情報・ものづくりコース
E1226 佐竹 史
研究背景
特別支援教育では一人一人のニ
ーズに応じた支援が重要
➡情報機器を活用することで
指導の効果を高めることができる
研究背景
障害の種類や程度には個人差があり
1つの機器を全員に同じように
使うことは難しい
児童と情報機器の相性が大切
研究目的
多くの情報機器の中から
対象ニーズに合った情報機器の選択
及び活用方法を調べる
障害者が生活をより楽しめる
情報機器の活用や学習教材の作成
研究内容
聴覚障害者もできる
スイカ割りの計画
自閉症児や発達障害児が
使えるICT教材の作成
スイカ割り
聴覚による指示で動くことができ
ない
ヘッドマウントディスプレイ
サングラスやヘルメットのような形
パソコンの映像を映し出す
ヘッドマウントディスプレイ
VGAケーブル
ヘッドマウントディスプレイ
VUZIX iWear Wrap310
USBケーブル
実際に使ってみる
ヘッドマウントディスプレイの
電源はUSBケーブル経由で
パソコンから供給される
→屋外での使用可能
情報を伝える(グループチャット)
聴覚障害者側
QuickTimeý Dz
H.264 êLí£ÉvÉçÉOÉâÉÄ
ǙDZÇÃÉsÉNÉ`ÉÉǾ å©ÇÈǞǽ Ç…ÇÕïKóvÇ­Ç•
ÅB
情報を伝える(グループチャット)
メリット
自由に言葉を選択でき
る
デメリット
文字を打つのに時間が
かかってしまう
情報を伝える(ボタン型インターフェイス
)
QuickTimeý Dz
êLí£ÉvÉçÉOÉâÉÄ
ǙDZÇÃÉsÉNÉ`ÉÉǾå©ÇÈǞǽDžÇÕïKóvÇ­ Ç•
ÅB
聴覚障害者側
情報を送る側
研究内容
聴覚障害者もできる
スイカ割りの計画
自閉症児や発達障害児が
使えるICT教材の作成
研究内容
聴覚障害者もできる
スイカ割りの計画
自閉症児や発達障害児が
使えるICT教材の作成
ICT教材の作成にあたって
自閉症児や発達障害児を対象にする
実際に小学生と関わりながら
ニーズを把握する
特別支援学級でスクールサポーターとし
て一緒に勉強をする
対象児について
小学4年生の自閉症児
生活の学習の時間にPCを使って学
習
市販の学習ソフトを使用
算数が得意
国語が苦手
がくげい社のソフト
作成した教材
漢字の読み教材
音声を挿入
絵や写真をつける
視覚的な理解ができる
漢字の意味を
イメージしやすくなる
反対の意味のことば教材
学習ソフトの問題は難しい
•
自作の教材で意味を
学習して、学習ソフト
でどれくらい理解した
かを確認する
ICT教材作成結果
児童の関心は得られなかった
ICT教材の魅力
• アニメーション
• 音声
• 遊び感覚
• ゲーム性
ICT教材作成結果
•
PowerPointで満たせるもの
•
•
アニメーション
音声
ICT教材作成結果
QuickTimeý Dz
H.264 êLí£ÉvÉçÉOÉâÉÄ
ǙDZÇÃÉsÉNÉ`ÉÉǾ å©ÇÈǞǽ Ç…ÇÕïKóvÇ­Ç•
ÅB
遊び感覚・ゲーム性を
持たせることはできない
ICT教材作成結果
ICT教材に必要なもの
アニメーション
音声
遊び感覚・ゲーム性
PowerPoint以外でのICT教材作成
今後の予定
ヘッドマウントディスプレイを使
ってスイカ割りを実践し
問題点の確認・対策を検討する
スクールサポーターを行いながら
ICT教材の作成を行う
ダウンロード

卒研中間1