プレゼンテーション-技能が必要な理由- 神奈川大学経済学部 経済情報処理I 平成18年度 第4回
「社会」の情報化はどうなっているか
•組織とは、協働するための存在だからである
•わかり易く言えば、「1人では仕事ができない」からである
•PCはごく普通の会社、役所、あらゆる組織においてほぼ
「事務用品」として定着している
•コンピュータに関する知識・技能は社会人としての「常識
」となっている
•新入社員は、既にコンピュータ・スキル(ソフトを使う能力
と、ネットワークの基礎的な知識)を当然身に付けている
ものとして扱われる
•現代の職場では、「読み・書き・ソロバン」を「Word,
PowerPoint,Excel」で置き換えることもできる
経営者が大卒新人採用時に重視すること
80
75.0
コミュニケーション能力
70
60
40
30
チャレンジ精神
50.4
主体性
45.4
協調性
34.3 33.9
28.7
誠実性
23.4
責任感
20
10
0
ポテンシャル
職業観
•せっかく知識・技能があっても、相手がそのことを知らな
ければ「無い」の同じこと
•ビジネスにおいては「沈黙は金、ではない」
•自らの能力を相手に伝えることから全てがはじまる
な
ぜ
コ
ミ
ュ
ニ
ケ
ー
シ
ョ
ン
能
力
か
?
態度と能力
•コミュニケーション能力
•ポテンシャル
•チャレンジ精神
•主体性
•協調性
•誠実性
•責任感
•職業観
具体的な技能、訓練
によって獲得するもの
心の在り方、態度、精神
•「伝える」能力である
•経済情報処理では、その一部であるプレゼンテーション能力の基礎作りを目指す
•コンピュータを駆使したプレゼンテーションという考え方を身につけよう
PowerPoint
50
56.6
社会で能力を発揮するためには
の
位
置
づ
け
•メッセージを伝えるための道具
•道具が使えない→話にならない
•使えるようになるには、訓練が必要
•音楽→楽器、料理→包丁といった関係と
同じ
•道具は料理の味を決めない
•名人と同じ道具を使っても下手は下手
•基礎を知って初めて応用が可能になる
ダウンロード

プレゼンテーション技能が必要な理由