情報通信ネットワーク
5章 WAN
1
情報通信ネットワーク
5.1 WANとその特徴とは
2
WAN
• WAN 【広域通信網】
• 読み方 : ワン
• フルスペル : Wide Area Network
•
「広域通信網」の略。電話回線や専用線を
使って、本社-支社間など地理的に離れた地
点にあるコンピュータ同士を接続し、データを
やり取りすることを言う。
5.1 WANとその特徴とは
(1) WANについて
3
専用線
• 専用線 【lease line】
• 読み方 : センヨウセン
•
ある特定の2地点間を結ぶデータ通信専用
の回線。専用線では電話回線のようにいろい
ろな所と通信することはできないが、料金は
接続時間や通信料によらず定額である。専用
線は企業内で支社間のネットワークを接続し
たり、インターネットに接続したりするのに使う。
最も安いものでも月に数万円の料金がかかる
ため、専用線を個人で契約する人はあまりい
ない。
5.1 WANとその特徴とは
(1)WANについて
4
LANとWANの大きな違い -地理的な広がり
LAN
WAN
• 建物やキャンパス内 • 国内または世界規
の通信を対象
模のネットワークを
対象
 行政ネットワーク
 企業通信ネットワーク
 インターネット など
5.1 WANとその特徴とは
(1) WANについて
5
LANとWANの大きな違い -伝送速度
1980年代 LANの方が高速
1990年代 ATM技術により、速度的な違いは小さくなる
LAN
• 伝送速度
10Mbps~1Gbps
5.1 WANとその特徴とは
WAN
• 伝送速度
64Kbps~数百Mbps
(1) WANについて
6
LANとWANの大きな違い-敷設
LAN
WAN
• 通信ケーブルを自分 • 他人の敷地や公共
の敷地内に敷設す
の土地を通過しなけ
る
ればならないが自分
の敷地でもない外部
に勝手にケーブルを
敷設することはでき
ない
NTTなどの通信事業者が提供する通信回線を使
用する。通信回線としては、電話回線、ISDN回線、
専用回線などがある。
5.1 WANとその特徴とは
(1) WANについて
7
通信回線
公衆回線
• 電話回線やISDN回線。
• 通信事業者に使用申請
をした者(加入者)が、必
要な時だけ、その接続
相手の番号(電話番号
など)を呼び出して接続
する。
5.1 WANとその特徴とは
専用回線(専用線)
• 通信事業者からリース
して自分専用に使用す
る回線。
• 2地点間を接続する回
線のうち、利用者が占
有して利用できる回線
のこと。
(1) WANについて
8
各種WANの特徴 -電話網
交換方式
回線交換方式
速度
~56kbps(モデムに依存する)
アナログ/ディジタル アナログ(局間はディジタル)
特徴
高い普及率
低料金
基本料金+従量制
料金
主なコンピュータ通
信の用途
5.1WANとその特徴とは
インターネットへの接続(個人)
(2)各種WANの特徴について
9
各種WANの特徴-ISDN(Integrated ServicesDigitalNetwork)
交換方式
速度
回線交換方式&パケット交換方式
基本インタフェース:2B+D
Bチャンネル:64kbps
Dチャンネル:16kbps
1次群インタフェース:23B+D又は24B
{ B/Dチャンネル共に64kbps
アナログ/ディジタル ディジタル
特徴
データ/音声/FAXの統合
複数端末の同時使用
各種付加サービス
{
料金
基本料金+従量制
主なコンピュー インターネットへの接続(個人)
タ通信の用途 企業内ネットワーク(特に端末接続用)
5.1WANとその特徴とは
(2)各種WANの特徴について
10
各種WANの特徴 -パケット交換
交換方式
パケット交換方式
速度
~48kbps
アナログ/ディジタル ディジタル
特徴
網内の誤り制御
料金
基本料金+従量制
主なコンピュータ通
信の用途
少量のデータ通信
5.1WANとその特徴とは
(2)各種WANの特徴について
11
各種WANの特徴 -フレームリレー方式
交換方式
フレームリレー方式
速度
契約速度:16kbps~1.5Mbps
回転速度:64kbps~1.5Mbps
アナログ/ディジタル ディジタル
特徴
網内遅延が少ない
料金
固定料金
主なコンピュータ通
信の用途
LAN間接続
5.1 WANとその特徴とは
(1) WANについて
12
各種WANの特徴 -専用線
交換方式
-
速度
アナログ回線:~33.6kbps(モデム
に依存する)
ディジタル回線:64kbps~155Mbps
アナログ/ディジタル アナログおよびディジタル
特徴
他社に影響されない
料金
固定料金
主なコンピュータ
通信の用途
企業内ネットワーク(特に基幹部分)
インターネットへの接続(企業)
5.1 WANとその特徴とは
(2)各種WANの特徴について
13
各種WANの特徴 -xDSL
交換方式
-
速度
ADSL:1.5Mbps~50Mbps
HDSL:1.5~2.0Mbps
VDSL:1.5~2.0Mbps
SDSL:160kbps~2.0Mbps
アナログ/ディジタル アナログ
特徴
1回線でDSLと電話との共用が可能
既存の電話回線でディジタル通信が可能
料金
固定料金
主なコンピュー インターネットへの接続(個人と企業)
タ通信の用途
5.1 WANとその特徴とは
(2)各種WANの特徴について
14
情報通信ネットワーク
5.1+ ADSL
15
ADSLの仕組み
5.1 WANとその特徴とは
(2)各種WANの特徴について
16
ISDNとADSLの兼ね合い
17
Annex CとAnnex A
Far End Cross Talk : FEXT
Near End Cross Talk : NEXT
18
情報通信ネットワーク
5.2 電話網とは
19
電話網について
• 電話網自体は、アナログ
• 網の内部(局の設備)はディジタル化
• 音声のディジタル化は、PCMという方式
5.2 電話網とは
20
PCMとは
• Pulse Code Modulationの略。
• 音声をディジタルデータに変換する方式の1
つ。
• 音を一定時間(125μ 秒)ごとに数値化(サンプ
リング)して記録する。
5.2 電話網とは
21
モデムについて
• 加入者は、データを通信するためにはモデム
が必要となる。
• モデムの種類としては、28.8kbps、33.6kbps、
56kbpsなどがある。
5.2 電話網とは
22
56kbpsのモデムについて
• 構造をうまく利用して、網内部は、ディジタル
化され、8kHz間隔で8ビット、2の8乗の256
個の値を区別することができる。
5.2 電話網とは
23
電話網→モデム
5.2 電話網とは
24
情報通信ネットワーク
5.3 ISDNとは
25
ISDNは世界共通の総合デジタル通信網!!
• ISDN・・・・Integrated Services Digital Network
• 今までのアナログ通信を「1」と「0」のデジタル
信号に変えて伝送することをISDNという。
• 日本語では「サービス総合ティジタル網」とも呼
ばれている。
• 静止画や動画、音声、コンピュータ間の通信と
いったさまざまなディジタルサービスを提供する。
• 一般の電話回線の通話機能と比べても、高度
なサービスの提供や接続や応答時間の短縮に
よる利便性の向上など、多くのメリットがある。
5.3 ISDNとは
26
デジタルだから高速で高品質1
従来の電話サービ
スとISDNの違いは、
アナログ伝送方式か
ディジタル伝送方式か
という点にある。
5.3 ISDNとは
アナログとデジタルに
はどのような違いが
ありどのようなメリッ
トがあるのだろうか。
27
デジタルだから高速で高品質2
アナログ伝送方式の場合
送信にはディジタル信号をアナログ信号にして回線
に流し、受信時にはアナログ信号をディジタル信号に
交換してパソコンに取り込むという通信手段を行う。
ディジタル伝送方式の場合
ディジタル信号のままデータを送受信できるため、通
信効率が飛躍的に高くなる。外部からのノイズの影
響を受けにくいこともあってエラーの少ない安定した
通信環境が得られる。
5.3 ISDNとは
28
ISDNは画期的!!1
• ISDNによってネットにつなぎながら電話なども
使用できるようになった!
• Bチャンネル→通信用
• Dチャンネル→ユーザ情報の転送(制御通信
用)
5.3 ISDNとは
29
ISDNは画期的!!2
• 通信モード(電話)や、デジタル通信モード(イ
ンターネット)では一度回線を接続すするとそ
のチャンネルは占有して使用されるが、パケッ
ト通信モードは、ひとつのDチャンネルやBチャ
ンネルを使って小刻みにパケット通信をする
ので、既存のDDXパケット交換サービスを利
用している通信機器との間でも通信できる。こ
の通信モードを利用するためには、パケット通
信用ターミナルアダプターが必要となる。
5.3 ISDNとは
30
情報通信ネットワーク
5.4 パケット網と公衆フレームリレーとは
31
パケット交換とは?
• パケット交換はコンピューター専用のネット
ワーク回線、回線の空き状況に応じパケット
が自動的に送信される方式である。パケット
の伝送が発生したときのみネットワーク回線
を利用し、回線を占拠することなく効率的。
5.4 パケット交換と公衆フレームリレーとは
32
フレームリレーとは?
• データをパケットと呼ばれる小さな単位に分割
して送受信する。従来パケット通信に使われ
ていたX.25という規格の誤り訂正手順を簡略
化し、高速化を図ったもの。フレームリレーを
利用した1.5Mbps以上のデータ通信サービス
が各社により提供されている。
5.4 パケット交換と公衆フレームリレーとは
33
パケット交換を使用する場合
• 比較的小さなパケット単位で交換するため、コ
ンピューター間で少量の通信
• 接続動作がいらない
• 料金は従量金制
5.4 パケット交換と公衆フレームリレーとは
34
フレームリレーの場合
•
•
•
•
LAN間接続のように多量のデータを送る場合。
指定した地点間を契約速度で接続
契約速度と距離に応じた固定料金
距離に依存する部分が少ないので長距離の
接続に使われる
5.4 パケット交換と公衆フレームリレーとは
35
情報通信ネットワーク
5.5 専用線とは
36
専用線とは?
• WANの種類の一種
2地点を接続する回線のうち利用者が(交換機
などを介さずに)占有して利用できる回線のこ
と
5.5 専用線とは
37
専用線の種類
• アナログ専用線
33.6kbps
モデムを使用、通信速度はモデム依存
• ディジタル専用線
64k~6Mbps
インターフェイスはISDNのものとほぼ同じで
ある
5.5 専用線とは
38
専用線のメリットとは?
• 信頼性と秘密保持
• 高速で安定した通信が可能
• 電話回線をつなぎっぱなしにするよりコストが
安い
5.5 専用線とは
39
イーサネット専用線
• 100base-TX,1000Base-LXといった光ファイ
バイーサーネットのプロトコルが基本となって
いる
• ユーザーは10base-T,100Base-TXといった
LANで一般的なインターフェースをそのまま接
続することができる
→ディジタル専用線に比べてLANの安価な機器
をベースとした設備を構成することが可能。
コストを圧縮しやすく価格を下げる余地がつく
りやすい
5.5 専用線とは
40
fin.
41
ダウンロード

5章 WAN