アナログとディジタル
アナログとディジタルには、どのような
違いがあるのでしょうか?
教科書18~19ページ
1
アナログ
連続的に変化する量を
連続的な値で表現したもの
2
ディジタル
連続的に変化する量を、
一定の間隔で区切り、数値で表現したもの
3
ディジタル化
文字や音声などの情報
0と1の数字の組み合わせで表現(2進法)
2進数
電圧
磁気
ピット
1
高
あり
なし
0
低
なし
あり
4
ディジタル化の特徴
① 情報の正確な再生・再現
② 情報の圧縮
③ 情報の統合化
5
コンピュータでのアナログ情報の扱い
コンピュータはディジタル情報しか扱えない
アナログ情報
ADコンバータ
DAコンバータ
ディジタル情報
コンピュータ
6
アナログとディジタル(まとめ)
◎連続的に変化する量を
アナログ…連続的な値で表現
ディジタル…一定の間隔で区切り、数値で表現
◎ディジタル化の特徴
数値で表現するので
① 情報の正確な再生・再現
② 情報の圧縮
③ 情報の統合化
ができる
7
ダウンロード

アナログとディジタル