基礎の生物学、今日のポイント・4章
4章
遺伝子で決まるもの、決まらないもの
1.遺伝と環境のかかわり
①
遺伝的要因+環境要因
②
遺伝子発現
→
→
表現型(一卵性双生児)、病気(がん、
動脈硬化、感染症、日焼け)の発症
環境要因
フィードバック制御
③
遺伝子発現制御による多様性の創出と環境による選択
2.DNAの変異によらない遺伝:エピゲノム
3.まとめ
基礎の生物学、今日のまとめ・4章
4章
遺伝子で決まるもの、決まらないもの
1.遺伝と環境のかかわり
①
遺伝的要因+環境要因
→
表現型(一卵性双生児)、病気(がん、
動脈硬化、感染症、日焼け)の発症
②
遺伝子発現
③
遺伝子発現制御による多様性の創出と環境による選択
→
環境要因 :大腸菌のラクトース代謝
赤血球の分化
インスリン
フィードバック制御
2.DNAの変異によらない遺伝:エピゲノム
3.まとめ
基礎の生物学、今日のまとめ・4章
4章
遺伝子で決まるもの、決まらないもの
1.遺伝と環境のかかわり
①
遺伝的要因+環境要因
②
遺伝子発現
→
表現型(一卵性双生児)、病気(がん、
動脈硬化、感染症、日焼け)の発症
→
環境要因 :大腸菌のラクトース代謝
赤血球の分化
インスリン
フィードバック制御
③ 遺伝子発現制御による多様性の創出と環境による選択
a.
選択的スプライシング :筋肉タンパク、抗体
b.
DNA組換え :抗体
2. DNAの変異によらない遺伝:エピゲノム
基礎の生物学、今日のまとめ・4章
4章
遺伝子で決まるもの、決まらないもの
1.遺伝と環境のかかわり
①
遺伝的要因+環境要因
②
遺伝子発現
→
→
表現型(一卵性双生児)、病気(がん、
動脈硬化、感染症、日焼け)の発症
環境要因
フィードバック制御
③ 遺伝子発現制御による多様性の創出と環境による選択
a.
選択的スプライシング :筋肉タンパク、抗体
b.
DNA組換え :抗体
2. DNAの変異によらない遺伝・エピゲノム :シトシンのメチル化
ヒストンのアセチル化・メチル化
クロマチンの凝縮と弛緩
ダウンロード

matome4 へのリンク